トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 井上荒野

井上荒野

井上荒野さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

井上 荒野(いのうえ あれの、1961年2月4日 - )は、日本の小説家。本名同じ。東京都出身。
小説家井上光晴の長女に生まれる。調布市立第三中学校、玉川学園高等部を経て、成蹊大学文学部英米文学科卒。卒業後は小学館の近代文学全集編集部に3年間勤めていた。
1989年、「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞(学習研究社『季刊フェミナ』による)を受賞するが、その後体調不良などで小説を書けなくなる。絵本の翻訳などをしていたが、2001年に『もう切るわ』で再起。2004年、『潤一』で第11回島清恋愛文学賞、2008年、『切羽へ』で第139回直木賞受賞。2011年、『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞受賞。2016年、『赤へ』で柴田錬三郎賞受賞。

井上荒野新刊

  • 発売日
    2018年10月19日
  • 書名
    短編アンソロジー 味覚の冒険 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年7月6日
  • 書名
    悪い恋人 (朝日文庫)
  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    あの映画みた?

受賞歴

井上荒野関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

井上荒野関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hikamoreう~ん( ̄~ ̄;)違うなぁ。ホラー系の短編集をペラペラ。着眼点は面白いんだけど怖くはないなぁ。こっち系なら井上荒野「だれかの木琴」がゾワッとするなぁ。1話目も題材は面白いけどちょっと表面的かなぁ。見える人が書くとやはり面白いんだよなぁ。
shosetsusubaru【小説すばる11月号 新連載】井上荒野さんの新連載「百合中毒」がスタート。女を作って家を出ていった父親が二十五年ぶりに突然帰ってきた。母にはすでに新しい恋人がいるのに……。家族のあり方を改めて問い直す、著者渾身の問題作!… https://t.co/Hc7A2r4mp4
MnLEAxTOsivLSP8ベーコン / 井上荒野今回これ!っていう好きな話はなかったけど、荒野さんの本もっと読みたいな、と思った。文体が好きなのかも。ほうとうをお醤油味にして、焼きおにぎりのほうを味噌にしようかという会話に一番ごくっときた。せつなかったのは「父の水餃子」。
ottocoto井上荒野さんの『その話は今日はやめておきましょう』を読んでいる。読みやすいし不穏さがほどほどで好みだし先が気になるしで夜更かし。眠る。
kurotuki_2詩小説- 阿久悠がらくた- 江國香織潤一- 井上荒野 https://t.co/NxuTVGHBaw
maoxx82チーズと塩と豆と角田光代 井上荒野 森絵都 江國香織スペイン、イタリア、フランス、ポルトガル、それぞれの国と人と食のお話。どこの国も舞台は小さな片田舎。黒麦の塩っぱいクレープ、鞄の中で溢したミネストローネ。食事とは生活を豊か… https://t.co/v1eJ4jV17T
103atomi井上荒野さん「その話は今日はやめておきましょう」毎日新聞出版読了。70前後の夫婦、悠々自適ではないが昔からみれば若い。しかし20代若者からするとおじいちゃんおばあちゃんだ。ひとりの青年の出現で大きく揺らぎはじめる。人は誤算の繰り返しで生きている。さあ扉を開きましょう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
井上荒野さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)