トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 井上荒野

井上荒野

井上荒野さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

井上 荒野(いのうえ あれの、1961年2月4日 - )は、日本の小説家。本名同じ。東京都出身。
小説家井上光晴の長女に生まれる。調布市立第三中学校、玉川学園高等部を経て、成蹊大学文学部英米文学科卒。卒業後は小学館の近代文学全集編集部に3年間勤めていた。
1989年、「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞(学習研究社『季刊フェミナ』による)を受賞するが、その後体調不良などで小説を書けなくなる。絵本の翻訳などをしていたが、2001年に『もう切るわ』で再起。2004年、『潤一』で第11回島清恋愛文学賞、2008年、『切羽へ』で第139回直木賞受賞。2011年、『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞受賞。2016年、『赤へ』で第29回柴田錬三郎賞受賞。2018年、『その話は今日はやめておきましょう』で第35回織田作之助賞受賞。

井上荒野新刊

  • 発売日
    2019年1月4日
  • 書名
    ママがやった (文春文庫)
  • 発売日
    2018年12月14日
  • 書名
    100万分の1回のねこ (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年10月19日
  • 書名
    短編アンソロジー 味覚の冒険 (集英社文庫)

受賞歴

井上荒野関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

井上荒野関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rintaromomo井上荒野さんは「静子の日常」や今回織田作之助賞を受賞した「その話は今日はやめておきましょう」で、著者の年齢より上の70歳代の老人を主人公にしている。これからやってくるであろう長い老後の暮らしを想像して書かれたのだろうが、手が届きつつある私はまさに日々悶々と考えるテーマである。
kawaeisatoハーフの方が小さな頃はガイジンって言われていじめられたって言ってたし江國香織さんと井上荒野さんの対談(映画の話をする本)でも出てきたけど、子どもって異質を排除するきらいがある。そこを考えて作らなあかんやろ。そもそも親が命綱なんてシステムが既に欠陥だろ。親なんて運だよ運。
kasama_klib【図書紹介】 第35回 #織田作之助賞 が発表されました。この賞は新鋭・気鋭の作家の単行本を対象にしているものです。受賞は『#その話は今日はやめておきましょう』(井上荒野/著 毎日新聞出版)です。貸出中の際には予約ができます。 笠間図書館
maiogakugei第35回織田作之助賞に決まった「その話は今日はやめておきましょう」(井上荒野著、毎日新聞出版)です。装丁も美しいですね。読みやすく、楽しめる小説ですが、「奥が深い」と評価されました。 https://t.co/dXe4b7XFew
raisen_bot_qmaNo.555 島清恋愛文学賞を受賞した次の小説と、その著者の正しい組み合わせを選びなさい⇒海猫―谷村志穂、潤一―井上荒野、ダブル・ファンタジー―村上由佳
bara50ブログを更新しました。#読書好きと繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい #読了「その話は今日はやめておきましょう」井上荒野 https://t.co/06yxUszv1l #amebaownd
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
井上荒野さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)