トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 恒川光太郎

恒川光太郎

恒川光太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。
東京都武蔵野市出身。大東文化大学経済学部卒業。
29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の講師をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。
「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世界観や一部の登場人物を引き継いだ作品として「まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜」と改題し、単行本全6巻が刊行された。漫画版「風の古道」は「まつろはぬもの」単行本第5巻に収録されている。
「夜市」は奈々巻かなこにより漫画化され、『ミステリーボニータ』(秋田書店)2018年7月号から連載された。単行本は2018年11月16日に刊行された。
2014年、『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。
幻想的で精妙な作風を得意としている。

恒川光太郎新刊

  • 発売日
    2019年4月24日
  • 書名
    怪と幽 vol.001 2019年5月
  • 発売日
    2018年12月18日
  • 書名
    怪談専門誌 幽 VOL.30 (カドカワムック 763)

受賞歴

恒川光太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

恒川光太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1linefrom1bookこれは成長の物語ではない。何も終わりはしないし、変化も、克服もしない。道は交差し、分岐し続ける。一つを選べば他の風景を見ることは叶わない。私は永遠の迷子のごとく独り歩いている。私だけではない。誰もが際限のない迷路のただなかにいるのだ。『夜市』 恒川光太郎
aki_cdefgabc古道と言えば、恒川光太郎さんの「風の古道」も好き。熊野古道古道は歩いてみたいが、風の古道は入り込んだら帰れないかも。でも風の古道も歩いてみたい。#ブラタモリ#恒川光太郎#風の古道
S_aran_juken@e7BB2Wuc45VOu5u @kotonoha_yakata 『秋の牢獄』大好きです。あれは3作で1冊の完成形になっていて、1冊を貫く世界の設定を感じながら読むものだと思っています。恒川光太郎作品はなぜあんなに色と匂いを感じるのか不思議です。
risa8osaka8@booksss_xx 「夜市」恒川光太郎「独白するユニバーサル横メルカトル」平山夢明「玩具修理者」小林泰三がオススメです!もう読まれてたらすみません
Harutama115617☺二十の悪夢/読了☺ホラーの名手達による全て"20"に纏わる恐怖の連鎖…恒川光太郎「銀の船」20歳未満しか乗れない空飛ぶ船
kimyonasekai#日本怪奇幻想読者クラブサマンタ・シュウェブリン『口のなかの小鳥たち』、岩城裕明『牛家』、恒川光太郎『スタープレイヤー』、ジェイムズ・レナー『プリムローズ・レーンの男』、平岡敦編『最初の舞踏会』、小中千昭 『恐怖の作法』 などを… https://t.co/b9dQxctIes
minaninani35恒川光太郎さんの 新刊がでる!!!!!嬉しい・・・。・゚(´□`)゚・。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恒川光太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)