トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 恒川光太郎

恒川光太郎

恒川光太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。
東京都武蔵野市出身。大東文化大学経済学部卒業。
29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の先生をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。
「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世界観や一部の登場人物を引き継いだ作品として「まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜」と改題し、単行本全6巻が刊行された。漫画版「風の古道」は「まつろはぬもの」単行本第5巻に収録されている。
2014年、『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。
幻想的で精妙な作風を得意としている。

恒川光太郎新刊

  • 発売日
    2018年5月25日
  • 書名
    異神千夜 (角川文庫)

受賞歴

恒川光太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

恒川光太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bot_9836「古道の死者は古道のものです。いたずらに自然に逆らわずそのままにしておきなさい。彼には彼の道がある。夜に誘われ、しかるべき深淵へと導かれるでしょう」風の小道/恒川光太郎
bowwow_3wwそういえば、恒川光太郎さんの「滅びの園」は、おもしろかったんだけどSF色が強いっていうか私が期待してたのとは違った。「夜市」とか「雷の季節の終わりに」とか「草祭」とか、ああいう感じのを読みたいなぁぁ。
kork_death@tos怖くはないですが美しいのはやはり恒川光太郎先生だと思います、「夜市」が代表ですが角川ホラーから出てるの全部いいです!そしてミステリーも好きなのでおススメありがとうございます!!
y_keiko_恒川光太郎「異神千夜」読了。元寇の時代に日本に流れこんで来た鼬の様な妖怪が、短編集ながら形を変えて生き続けていたのかなと思わせられた。ここはどこの世界?現実なのか幻なのか?恒川さんの世界観が相変わらず面白いが、ちょっと不気味でもあった。
ses_cyaa【本棚登録】『夜市: ボニータ・コミックス』奈々巻かなこ 恒川光太郎 https://t.co/hVMZmRkdis Booklog登録
kuroneko_chaos3.好きな作品:ホジスン「幽霊狩人カーナッキ」「異次元を覗く家」ポー「アッシャー家の崩壊」マッケン「怪奇クラブ」べリスフォード「のど斬り農場」城昌幸「人花」岡本綺堂「木曾の旅人」川端康成「慰霊歌」恒川光太郎「夜市」… https://t.co/JsYXgPM5fd
kimyonasekaiレオ・ペルッツ、ステファン・グラビンスキ、ディーノ・ブッツァーティ、ジェームズ・ハーバート、フレドリック・ブラウン、日本では、江戸川乱歩、岡本綺堂、稲垣足穂、城昌幸、氷川瓏、恒川光太郎、三津田信三、小林泰三など。最近の日本作家では、木犀あこ、矢部嵩、堀井拓馬、岩城裕明などが好き。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恒川光太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)