トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 恒川光太郎

恒川光太郎

恒川光太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。
東京都武蔵野市出身。大東文化大学経済学部卒業。
29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の講師をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。
「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世界観や一部の登場人物を引き継いだ作品として「まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜」と改題し、単行本全6巻が刊行された。漫画版「風の古道」は「まつろはぬもの」単行本第5巻に収録されている。
「夜市」は奈々巻かなこにより漫画化され、『ミステリーボニータ』(秋田書店)2018年7月号から連載された。単行本は2018年11月16日に刊行された。
2014年、『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。
幻想的で精妙な作風を得意としている。

恒川光太郎新刊

  • 発売日
    2020年4月24日
  • 書名
    無貌の神 (角川文庫)

受賞歴

恒川光太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

恒川光太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cloud9_se #読書記録 ヘブンメイカー/恒川光太郎/最近会う人会う人に「衣食住の次に何でも叶うなら何を望む?」と聞いてしまうくらいハマったスタープレイヤーの続編。復讐か、恋愛か、性欲か、権力か…私は多分物語…。専門家集団の漂流モノが好きなんだ… https://t.co/dtm4hwtNyK
oOuzuOo恒川光太郎さんの新作まだかな
d8VA9vxF58o0iIC金色機械/恒川光太郎短編が多い著者の中ではかなりの長編。物語は時間や場所を不思議な金色の機械人形と共に自由に行き来し、あっという間に読了。遊廓や山の鬼御殿に住むという山賊の暮らしは、それもまた悪くないかなと思える江戸ファンタジー… https://t.co/Kp9ODSx3Qu
kuro_am26恒川光太郎さんの本ちまちま読んでるけど面白い〜 すぐそこにあるのに気づけないような、見えない壁一枚を隔てた非日常とか怪異、いいな
CUBE77463968数年前にブックオフで買った恒川光太郎の「秋の牢獄」がお気に入りで、これまで20回くらい読み返した。題名のとおり、11月7日を主人公が何度も繰り返してしまうようになり、その1日から出られなくなるストーリー。 https://t.co/4I7H0xxdXj
nozakichi41恒川光太郎さんの「風の古道」思い出した https://t.co/0rVOEfwwSu
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恒川光太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)