トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 恒川光太郎

恒川光太郎

恒川光太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。
東京都武蔵野市出身。大東文化大学経済学部卒業。
29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の講師をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。
「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世界観や一部の登場人物を引き継いだ作品として「まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜」と改題し、単行本全6巻が刊行された。漫画版「風の古道」は「まつろはぬもの」単行本第5巻に収録されている。
「夜市」は奈々巻かなこにより漫画化され、『ミステリーボニータ』(秋田書店)2018年7月号から連載された。単行本は2018年11月16日に刊行された。
2014年、『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。
幻想的で精妙な作風を得意としている。

受賞歴

恒川光太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

恒川光太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

3dxIBowBY69HpXR「講談社文庫」さんから出版されている「恒川光太郎」さんの↓「竜が最後に帰る場所」を読んだわ
BOC_chuko恒川光太郎さんの連載「兎神の島」第二回が更新されました。意気投合した魔右衛門と吉六。吉六の家についていくと、近くには無人島があった。その島が気に入った魔右衛門は……?https://t.co/olgJgj09fW
jun_pen1恒川光太郎さんの無謀の神が読みたいなー、でもKindleより本がほしい
NG22jxl2VRmpZaa金色の獣、彼方に向かう (双葉文庫)https://t.co/irJLCdmf4M恒川光太郎,金色の獣、彼方に向かう (双葉文庫),双葉社 https://t.co/tBt4tteUJ4
graveofkiyo『蟲師』っぽいな、と思った。『夜市 (角川ホラー文庫)』恒川 光太郎 ☆2 https://t.co/S3WWgKrHBf #booklog
Duni3hXomfk8O3H@kaichin0301 恒川光太郎さんの『夜市』に掲載されている『風の古道』をオスススススメします\(^o^)/
tokku2113恒川光太郎さんの『秋の牢獄』めちゃくちゃ面白いなあ...。手元に残しておくべき一冊だ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恒川光太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)