トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 恒川光太郎

恒川光太郎

恒川光太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。
東京都武蔵野市出身。大東文化大学経済学部卒業。
29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の講師をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。
「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世界観や一部の登場人物を引き継いだ作品として「まつろはぬもの〜鬼の渡る古道〜」と改題し、単行本全6巻が刊行された。漫画版「風の古道」は「まつろはぬもの」単行本第5巻に収録されている。
「夜市」は奈々巻かなこにより漫画化され、『ミステリーボニータ』(秋田書店)2018年7月号から連載された。単行本は2018年11月16日に刊行された。
2014年、『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。
幻想的で精妙な作風を得意としている。

恒川光太郎新刊

  • 発売日
    2018年12月18日
  • 書名
    怪談専門誌 幽 VOL.30 (カドカワムック 763)

受賞歴

恒川光太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

恒川光太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

from_paraiso@niihao_ 残穢の怖さは、だんだん視界が暗くなって見えなくなっていくようなじわじわした怖さがあるので
bot_9836「古道の死者は古道のものです。いたずらに自然に逆らわずそのままにしておきなさい。彼には彼の道がある。夜に誘われ、しかるべき深淵へと導かれるでしょう」風の小道/恒川光太郎
rokuhana6987私、恒川光太郎さんの「神家没落」(「秋の牢獄」に収録)が大好きなんですけど、なんでこんなに好きなのかまだ分からない。感覚としてはドラえもん的SF感があって良いの。
gakkyubunko恒川光太郎著「金色機械」読了。こういう時代もののファンタジーというか推理小説?ホラー?が結構好きだったということを思い出した。世界観も構成も文句なし。映画観てるみたいだよ、ほんとに。
Metal_Rappy4.読書:これもあまり以前ほどは読まなくなりましたが、本や書店さんは今でも好きです。あと神保町とか。好きなジャンルは字が書いてあれば割と好きかもしれません。新作を必ずチェックしている作家は京極夏彦、恒川光太郎など(敬称略)。一時期実話怪談をやたら集めていた時期もありました
renrin_joy4#名刺代わりの小説10選狐笛のかなた/上橋菜穂子人間椅子/江戸川乱歩夜市/恒川光太郎燦/あさのあつこ伊豆の踊子/川端康成モモ/ミヒャエル=エンデそして五人がいなくなる/はやみねかおる十二国記/小野不由美黒ねこサンゴロウ/竹下文子月神の統べる森で/たつみや章
shin_links0331友人に薦められて読んだ恒川光太郎の夜市に併録されてる『風の古道』の世界観スゴい良かった https://t.co/nPRHfrNjOc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恒川光太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)