トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 飴村行

飴村行

飴村行さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飴村 行(あめむら こう、1969年1月21日 -)は、日本の小説家。福島県出身。東京歯科大学中退。暴力的でグロテスクな作風の作家である。
2008年、『粘膜人間』(応募時のタイトルは『粘膜人間の見る夢』)で第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞しデビュー。続く『粘膜蜥蜴』が「このミステリーがすごい!」などで高い評価を受け、2010年同作で第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した

飴村行新刊

  • 発売日
    2018年5月25日
  • 書名
    粘膜探偵 (角川ホラー文庫)

受賞歴

飴村行関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

飴村行関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tshkatze小説だけど、飴村行の『粘膜シリーズ』オススメできない理由はエログロスプラッターで倫理道徳が全くないから。好きな理由は、一般的な倫理道徳を嘲笑うことで私たち人間社会の根底を問いかけてくる極めて道徳的な作品だから。ブラックユーモアってやつです。
takaseal【粘膜人間 (角川ホラー文庫)/飴村 行】ホラーというよりファンタジーっぽいと感じた。ダーク・ファンタジーとでも言うのだろうか。エログロ、スプラッターではあるがやはりファンタジーという感じがした… → https://t.co/YPkr2Y0AN4 #bookmeter
kyouinoheya84.これから読んでみたいと思っている作家・作品三島由紀夫、ファウスト、飴村行、ミネハハ、少女ヴァレリエと不思議な1週間5.怪奇幻想ジャンルについて何か一言例えば子供の頃白線の上を歩くゲームをしたでしょう。白線ばかり見る私… https://t.co/3r9n43OURV
QMA_Mys_Bot2[エフェ]2008年に小説『粘膜人間』でデビューしたホラー作家です「飴村行」 → あめむらこう ※『粘膜人間』→『粘膜蜥蜴』→『粘膜兄弟』→『粘膜戦士』。順当てに実装されているかどうかは不明ですが、一応。
kineorama飴村行さん『粘膜人間』、合唱曲『時の旅人』の歌詞「幼い日の手のぬくもりが帰ってくる」のように、幼心にも抱えていた鬱屈した熱い感情を思い起こさせる。
hauyne330じゃあ実際そうやって、マジかよマジかよやべーよやべーよ!と思わされた作品の具体例はなにかって言われると、京極夏彦の『魍魎の匣』とか飴村行の『爛れた闇』とかなんだよね 何回呟くんだよってくらいすき
nobooknolifeso【過去記事】『粘膜蜥蜴 』は、ただのホラー小説ではない『粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫) / 飴村 行』https://t.co/Qopqn0Oh7e
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
飴村行さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)