トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 飴村行

飴村行

飴村行さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飴村 行(あめむら こう、1969年1月21日 -)は、日本の小説家。福島県出身。東京歯科大学中退。暴力的でグロテスクな作風の作家である。
2008年、『粘膜人間』(応募時のタイトルは『粘膜人間の見る夢』)で第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞しデビュー。続く『粘膜蜥蜴』が「このミステリーがすごい!」などで高い評価を受け、2010年同作で第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した

飴村行新刊

  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー

受賞歴

飴村行関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

飴村行関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Saitok_oP総特集森見登美彦の飴村行の寄稿エッセイが最高。そうか……太陽の塔はパクス・モリミーナだったのか
shion_monoシブヤディビジョンのメンバーの名前の共通点なんやろと思ってたら小説家の名前かー飴村行さんの小説周りに読んでる人おらへんけど気持ち悪さが最高でいいぜそれより粘膜シリーズをもっと本屋に置いてくれ
nobooknolifeso【過去記事】『粘膜蜥蜴 』は、ただのホラー小説ではない『粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫) / 飴村 行』https://t.co/Qopqn0Oh7e
hit4boy飴村行『粘膜人間』なんといってもタイトルがすごい。読む前から想像を逞しくさせてくれます。粘膜人間なるものは登場しませんがエロチックさを伴った痛々しさを象徴しているようです。執拗に繰り返される残虐描写に痛感を刺激されてしまうでしょう。 https://t.co/wqrZ85zrB6
a_ranking_news(2/13) honto 電子書籍ストアランキング > 文庫 > SF・ミステリー・ホラーランキング16位:飴村 行『【期間限定価格】粘膜人間』https://t.co/a7GM8fUgd4
KomaoKomaru『美女と竹林のアンソロジー』に飴村行も参加しとるやーん!気になるやーん!
yamadamodern飴村行のこの言葉好き。読者をうまく欺すコツは、細部までこってりと描写することです。たとえば「トラックが走ってきた」とは書かずに、「何年式の何型軍用トラックが何キロで何通りを走ってきた」と書く。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
飴村行さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)