トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 飴村行

飴村行

飴村行さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飴村 行(あめむら こう、1969年1月21日 -)は、日本の小説家。福島県出身。東京歯科大学中退。暴力的でグロテスクな作風の作家である。
2008年、『粘膜人間』(応募時のタイトルは『粘膜人間の見る夢』)で第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞しデビュー。続く『粘膜蜥蜴』が「このミステリーがすごい!」などで高い評価を受け、2010年同作で第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した

飴村行新刊

  • 発売日
    2019年7月12日
  • 書名
    本格王2019 (講談社文庫)

受賞歴

飴村行関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

飴村行関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

risa8osaka8#読書の秋なのでオススメの本10選虚ろまんてぃっく 吉村萬壱人喰観音 篠たまき緋い猫 浦賀和宏粘膜人間 飴村行玩具修理者 小林泰三独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明かにみそ 倉狩聡隣の家の少… https://t.co/bjJFm5rhWk
kisholibraryホラーでバイオレンスでギャグ|『粘膜人間』飴村行 角川ホラー文庫 https://t.co/8e4fmaqYAq
tri_eyed粘膜蜥蜴 飴村行@kindle、読了粘膜シリーズにはまりつつある。やばい。粘膜人間よりかエロもグロも控えめだった。しかし後味は悪い罪を犯したら償わなければならないただそれだけのこと
3driver_正攻法で描くと辛気臭くなるテーマをエンタメに昇華させてる話にグッと来る。日本だと飴村行の粘膜シリーズ。日本の軍国主義×食えないクリーチャーの不謹慎なユーモアが楽しすぎる。
yuyushinkrmisa飴村乱数→飴村行夢野幻太郎→夢野久作有栖川帝統→有栖川有栖ってポッセ全員作家の名前が入ってるのは絶対意味があると思うんだよね。どういう意味なのかは分からんのやけど………
hit4boy飴村行『粘膜人間』なんといってもタイトルがすごい。読む前から想像を逞しくさせてくれます。粘膜人間なるものは登場しませんがエロチックさを伴った痛々しさを象徴しているようです。執拗に繰り返される残虐描写に痛感を刺激されてしまうでしょう。 https://t.co/wqrZ85zrB6
kuredakinenbi牛女のコンビ名の由来、飴村行「糜爛性の楽園」(『厠の怪 便所怪談競作集』)やっと読んだ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
飴村行さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)