トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 雀野日名子

雀野日名子

雀野日名子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

雀野 日名子(すずめの ひなこ、1975年 - )は、日本のホラー作家、怪談作家。
石川県生まれ。大阪府・福井県育ち。福井県立高志高等学校、大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)卒業。東京都在住。
2006年、「機械じかけのアン・シャーリィ」でジャイブ小説大賞入選(すずめの日名子名義)。2007年に「あちん」で『幽』怪談文学賞短編部門大賞を受賞し、08年に同作でデビュー。2008年、「トンコ」で第15回日本ホラー小説大賞短編賞受賞。2009年、第10回げんでん芸術新人賞受賞。2013年、福井県文化奨励賞受賞。
「報道されない(できない)現実を目にすることが増えるばかり。諸規制のある小説では書けない、でも知ってほしい」との思いから、別名義でのネット執筆活動へと移行した(別名義は共同作業者の意向により非公表)

趣味はクロスバイク。
日本テディベア協会会員。ジャパンテディベア会員。
新旧ミニシアター系作品、B級Z級作品を中心に年間300本程度を鑑賞する映画好きでもある。
「あちん」が福井県を舞台とした作品であったため、2008年に福井ブランド大使に任命された。
「トンコ」は2009年度1月号の「ダ・ヴィンチ」で絶対はずさないプラチナ本に選ばれた。
小説家になった時、男親に「物書き稼業なんかで、親を食わせていけるつもりか!」と、一晩中罵られて殴られた。
怪談、ホラー作家であるが怖いものが苦手。その点を意識しながら怪談やホラーの苦手な読み手にこそ読んでもらいたいと執筆活動を行ってきた。
福井県を題材にした作品も多いが、「表向きユートピアを装っているディストピア」として批判的な視点から描くことも多かった。
デビュー以来、ずっと「不安」についての物語を書き継いでいる。我々の生活をとりまく不安や葛藤といったものの核にあるものを大きなモチーフとして追求してきた。

受賞歴

雀野日名子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.10.19 きらら著者インタビュー 雀野日名子さん『終末の鳥人間』

    雀野日名子さんの長編小説『終末の鳥人間』がとにかく面白い。さまざまなテイストのホラーを発表してきた著者が今回描くのは近未来、近隣諸国と一触即発状態の日本。しかし主人公は北陸の田舎町で人力飛行機の製作に励む高校生だ。一見噛み合わない舞台設定と人物配置が、とてつもない展開を見せる怪作である。

雀野日名子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

miichann003今日届いた3冊「神様を待っている」畑野智美なんとなく抵抗ありそうと思いながら、でも気になり買っちゃいました「笑う赤鬼」雀野日名子ネットで見かけ面白そうと気になったので「号泣」松田志乃ぶ今、お気に入りのオレン… https://t.co/VOLzIPux6S
eri_hanuru雀野日名子さんの【太陽おばば】読了。親が子にかえることもある。私はそんな両親の姿を見てきました。親子が大人同士でいられる時間は、長いようで短い。悟りの笑顔なんていらない。大好きな人に悔いを残させないよう、十の悲しみや苦しみを百の喜… https://t.co/dddVwQDZ0Q
lethal_shark雀野日名子さんの『ぞんび団地』みんな読んでよ
FUSHITUanゾンビ物の復権が叫ばれる昨今、雀野日名子の『ソンビ団地』も評価されるべきではないか。#ゾンビ#小説
BavariyaHonpo11雀野日名子の短編「トンコ」、好きだけど、読み返す度に、トンコ…(´;ω;`)と、なりながら、トンカツが食べたくなる自分がいる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
雀野日名子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)