トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡部えつ

岡部えつ

岡部えつさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡部 えつ(おかべ えつ、女性、1964年12月 - )は、日本の小説家。
大阪府豊中市生まれの群馬県前橋市育ち。「きらら携帯メール小説」で月間賞を受賞。『てのひら怪談』にも作品が収録されている。2008年に「枯骨の恋」で第三回『幽』怪談文学賞短編部門大賞を受賞し、翌2009年に同作を表題とした短編集『枯骨の恋』でデビュー。
=
*枯骨の恋 (幽ブックス、2009年6月3日)
*新宿遊女奇譚 (MF文庫ダ・ヴィンチ、2011年4月25日)
*生き直し (双葉社、2013年9月20日)
**文庫版(2017年4月13日、双葉文庫)
*残花繚乱 (双葉社、2014年7月18日)
**文庫版(2014年12月24日、双葉文庫)
**電子書籍版(2014年12月26日)
*パパ (双葉社、2016年1月22日)
**電子書籍版(2016年1月22日)
*フリー!(双葉社、2016年5月20日)
*嘘を愛する女 (徳間文庫 、2017年12月1日)
**電子書籍版(2017年12月1日)
*夢に抱かれて見る闇は (角川ホラー文庫、2018年6月25日)※単行本『枯骨の恋』に短編『縁切り厠』を付加

受賞歴

岡部えつ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

岡部えつ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sallychan00長澤まさみと高橋一生、どっちも好き。「嘘を愛する女」岡部えつ キャストから入る作品もある - 自意識過剰な生活 https://t.co/MAS9UDnEy9
yumehina_net今日に合わせたかのように雪が降りました。大寒の《ひねもす》公演は『ひとり語り人形芝居 六花(ろっか)』岡部えつさん原作の雪女の物語をやります。それにしてもお料理凄いです!※画像は一部です一度はもちろん、二度三度きてくださ… https://t.co/7sRebdGDJC
iesA_adamt「嘘を愛する女」岡部えつさん嘘が何か分かったとき、ゆるされないことだとしても責める気にはなれなかったなあ。役のお二人の声を想像して読むのが楽しかった。#読了 https://t.co/RtKwnAeBQF
MdiTafuナイス 【嘘を愛する女 (徳間文庫)/岡部えつ】「嘘つきは悪者か」 同棲していた恋人の小出桔平が意識不明の重体に陥ったことを機に、身元不明人である事実が浮き彫りになり、彼の正体に迫る物語。 … → https://t.co/h9gRQGVJgl #bookmeter
atsushiyano嘘を愛する女/岡部えつコンビニ人間/村田沙耶香去年の冬、きみと別れ/中村文則イノセント・デイズ/早見和真
KMKR1a3l2b1n1a【嘘を愛する女 (徳間文庫)/岡部えつ】「嘘つきは悪者か」 同棲していた恋人の小出桔平が意識不明の重体に陥ったことを機に、身元不明人である事実が浮き彫りになり、彼の正体に迫る物語。 桔平が抱… → https://t.co/LVUdQtLqEo #bookmeter
yukako7780岡部えつ『夢に抱かれて見る闇は』確かに解説者の言うとおり、厭な感じの怪談。暴かれていく利己的な主人公の性根。その連続。厭だなあ、なんか厭だなあ。自分の中のそういう性根が反応して、厭だなあと、本当に思う。再読したくない。ただ怪談ってこういうものも範疇なのかという驚きはあった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡部えつさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)