トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高村薫

高村薫

高村薫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高村 薫(たかむら かおる、1953年2月6日 - )は、日本の小説家。女性。独身。
大阪府大阪市東住吉区生まれ。大阪府吹田市在住。1971年、同志社高等学校卒業。1975年、国際基督教大学教養学部人文学科卒業(専攻はフランス文学)、卒業後は外資系商社勤務。現在、高村の「高」は、「髙」(はしご高)に統一されている。
1989年、『リヴィエラ』で第2回日本推理サスペンス大賞最終候補。
1990年、『黄金を抱いて翔べ』で第3回日本推理サスペンス大賞受賞。
1992年
**『神の火』で第5回山本周五郎賞候補。
**『リヴィエラを撃て』で第11回日本冒険小説協会大賞受賞。
**「アルコホリック・ホテル」で第45回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門候補。
**咲くやこの花賞受賞。
1993年
**『リヴィエラを撃て』で第6回山本周五郎賞候補、第46回日本推理作家協会賞長編部門受賞。
**「ステーション・パーラー」で第46回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門候補。
**『わが手に拳銃を』で第14回吉川英治文学新人賞候補。
**『マークスの山』で第109回直木賞受賞、第12回日本冒険小説協会大賞受賞、『このミステリーがすごい!』1994年版国内第1位。
1997年、『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞受賞。
1998年、『レディ・ジョーカー』で『このミステリーがすごい!』1999年版国内第1位。
2006年、『新リア王』で第4回親鸞賞受賞。
2010年、『太陽を曳く馬』で第61回読売文学賞受賞。
2014年、織田作之助賞選考委員(第31回より)
2017年、『土の記』で第70回野間文芸賞受賞。
*2018年、『土の記』で第44回大佛次郎賞受賞。
2018年、『土の記』で第59回毎日芸術賞受賞。

受賞歴

高村薫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高村薫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

passage_botちょっと見たことのない整った目鼻立ちをしており、中でもその目は、今もまたあらためて一彰の目を引きつけた。男の目は、黒曜石のような光沢を放つ黒目と白磁の白目が、鮮やかな切れ長の枠の中に納まっており、ゆったりと落ちていく瞼の下でその黒曜石の黒目がすうっと動くのだ。―「李歐」高村薫
htoymおはようございます。今日のブログです。高村薫の合田刑事作品『冷血』です。上巻は、事件の発生と犯人の逮捕。これはすぐれた犯罪小説になっています。やまもも書斎記 『冷血』高村薫https://t.co/PR8ZPV9xJy https://t.co/CclStzxRpX
tkskk高村薫「マークスの山」と「レディージョーカー」は原作を読んだ。WOWOWドラマに関係ないけど「黄金を抱いて翔べ」も読んだ。映画は観てない。
tomotomozlk図書館で高村薫の神の火を借りた。初期の本を読んでみたくて。図書館のカウンターで「これ貸して下さーい」って意識しないまま言っちゃってて、自分で可笑しくなった。だんだんこうなるんだよね。 https://t.co/K710L2HyeC
breakthrough_jp「信じる」のが一番難しいのに、そこを出発点にされてしまうと、一般の人間はなかなか仏教に近づくことはできません。(高村薫)
emily52012北村薫 男性 作風が女性高村薫 女性 作風が男性
kkhrise叡智の炎 神の火 みなさん高村薫『神の火』読んでくれたかな?!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高村薫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)