トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高村薫 > 太陽を曳く馬

太陽を曳く馬(高村薫)

太陽を曳く馬(著者:高村薫)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:太陽を曳く馬〈上〉
  • 著者:高村 薫
  • ページ数:403
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103784067
  • ISBN-13:9784103784067

高村薫新刊

  • 発売日
    2019年5月16日
  • 書名
    生死の覚悟(新潮新書)

太陽を曳く馬関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高村薫のその他受賞歴(候補含む)

太陽を曳く馬関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_lsjnat_bot作家・高村薫の福澤一族を巡る三部作を古い順⇒晴子情歌→新リア王→太陽を曳く馬 こちらは「福澤一族」。合田雄一郎刑事とは別問。3つ固定
snow1173自分へのごほうびに合田雄一郎シリーズをブックオフってきた(3度目)。「我らが少女A」の前にやはり合田の軌跡をたどりたいの…!! しかし太陽を曳く馬の前に晴子情歌と新リア王を読むか読まないか問題もある。すると新作読むのだいぶ先になりそう。いやもういっそ第3回高村薫祭り開催するか…。
meminisseiuvabtそうです。解くことができない限りにおいて、どんなふうにでも開かれうる可能性を孕んで、なにがしかのかたちが生まれてゆく動力そのものであるような問いです。解くものではなく、問いであることが唯一、私が生きていることの証であるような問いです。『太陽を曳く馬』高村 薫
QMA_Mys_Bot1[順当て]次の作家・高村薫の福澤一族を巡る三部作を古い順に選びなさい → 『晴子情歌』→『新リア王』→『太陽を曳く馬』
Senmusamit00001#美しいと思える小説のタイトル北重人『超高層に架かる月と、骨と』夢枕獏『上弦の月を喰べる獅子』いしいしんじ『プラネタリウムのふたご』シュテファン・ツヴァイク『昨日の世界』開高健『玉、砕ける』高村薫『太陽を曳く馬』古… https://t.co/EOkcJzMr3m
blacklily2本屋さんで新潮社新書「生死の覚悟」作家 高村薫さんと 禅僧の南直哉さんが語る死生感等。対談スタイルの文章を読むのが苦手なのですが、興味深い内容。高村さん小説「太陽を曳く馬」という作品、ちょっと読んでみたい。表紙にマーク・ロスコ作品が使用されているのも気になる。
sub_bibliomania高村薫の合田雄一郎シリーズ最新作『我らが少女A』が7月に刊行されるが、合田雄一郎シリーズは文庫で読むことにしているので、何年も待つことになるのだろう。その前に、『太陽を曳く馬』の文庫化を…。新潮社さん…よろしく頼む…。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)