トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高村薫 > 太陽を曳く馬

太陽を曳く馬(高村薫)

太陽を曳く馬(著者:高村薫)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:太陽を曳く馬〈上〉
  • 著者:高村 薫
  • ページ数:403
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103784067
  • ISBN-13:9784103784067

太陽を曳く馬関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高村薫のその他受賞歴(候補含む)

太陽を曳く馬関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_lsjnat_bot合田雄一郎刑事を主人公とした高村薫の小説を刊行順⇒マークスの山→照柿(てりがき)→レディ・ジョーカー→太陽を曳く馬→冷血
inuchikuschou読みたい仏教系思弁百合SFに一番近いもの、やっぱり高村薫先生の『太陽を曳く馬』に落ち着いてしまう……
muginadeshiko高村薫「太陽を曳く馬」、2週間ほどかけて一応「読了」、「」の意味は殆ど理解できないままに最後まで頁を繰ったということ。途中で投げ出せなかった。サンガに興味があって図書館から借りたのだが……。明日からはもっと易しい本を読もう。 https://t.co/EMAMFHzXgu
QMA_Mys_Bot1[順当て]次の作家・高村薫の福澤一族を巡る三部作を古い順に選びなさい → 『晴子情歌』→『新リア王』→『太陽を曳く馬』
mikmac『太陽を曳く馬』を読んだ後で久々の再読。老齢となった代議士・福澤栄が筒木坂の寺を訪ねて、息子・彰之と会い...『新リア王 上』高村 薫 ☆4 https://t.co/pDPpTuFIjX #booklog
meminisseiuvabtそうです。解くことができない限りにおいて、どんなふうにでも開かれうる可能性を孕んで、なにがしかのかたちが生まれてゆく動力そのものであるような問いです。解くものではなく、問いであることが唯一、私が生きていることの証であるような問いです。『太陽を曳く馬』高村 薫
nicalcanicalyle高村薫トリビュート nicalアート太陽を曳く馬より TOKYOPOP From 吉祥寺#高村薫 #太陽を曳く馬 #吉祥寺 #福澤サーガ https://t.co/R9vFAtikvQ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)