トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 酒見賢一 > 後宮小説

後宮小説(酒見賢一)

後宮小説(著者:酒見賢一)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:後宮小説 (新潮文庫)
  • 著者:酒見 賢一
  • ページ数:303
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101281114
  • ISBN-13:9784101281117

後宮小説関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.12.26 【記者ノート】休止の「ファンタジーノベル大賞」

    「第1回から色んな作品を選んできた。他の人に『わからん』と言われても推そうと思ったこともあった。選ぶ方も命がけ」

  • 2004.10.1 作家の読書道:第36回 恩田 陸さん

    ホラーからミステリ、コメディまで、テイストのまったく異なる作品を"矢継早に"発表し続けているエンターテインナー、恩田陸さん。たいていの作品は過去の小説へのオマージュとなっているというだけに、やっぱり幼少の頃からジャンルと問わず、相当数読んでおられる様子です。とにかく出てくる出てくる、いろんな本のタイトルが。絶版本もあるので追体験ができないのが残念! しかし読書の楽しみを、改めて思い出させてくれるのでありました。

酒見賢一のその他受賞歴(候補含む)

後宮小説関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Chan_Nene222酒見賢一の後宮小説もおもろいよな基本本は二度目は読まないのだが、後宮小説は二度読みした思い出
offtrap作品の結構は酒見賢一『後宮小説』も思わせるけれど、こちらの舞台は旧ソ連邦中央アジア、半世紀前はアラル海の海底だった土地に建国された架空の新興国が舞台の現代もの。政治情勢や環境問題も巧みに織り交ぜながら一大エンターテインメントに仕立て上げた作者の力量に脱帽。
wakataro_fああっそうだこれを言わねば #十二国記 #白銀の墟玄の月 4巻の解説に名前が出ていた、酒見賢一「後宮小説」。十二国記民には刺さる人が多いと思うので、ぜひ読んでほしいー! 中学生のころ、あの本が刊行されたときの衝撃は忘れられない。新しい時代を拓いた一冊であると思う。
simonmoulin@magick4girls 『後宮小説』ももちろん好きなんですが、酒見賢一で一冊と言われたらあれかもしれないってくらいに印象深い作品です。大学のときに読んで、「そう、小説ってのはこれなんだよ!」と大興奮したのを思い出しました。
cass_azs#名刺がわりの小説10選魚の李太白/谷崎潤一郎ビームしておくれ、ふるさとへ/JティプトリーJr.楽園の泉/ACクラーク後宮小説/酒見賢一鳥姫伝/Bヒューガートななつさがり/塚本邦雄墨/有吉佐和子ロシュワールド/RL… https://t.co/wsXA1QuNdH
otowa38古いけど「雲のように風のように」「後宮小説」酒見賢一著の小説が原作です。 #Peing #質問箱 https://t.co/bA8sN6wncz
gamou4179【後宮小説 (新潮文庫)/酒見 賢一】を読んだ本に追加 → https://t.co/Bryi3VEdNb #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)