トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 和田竜

和田竜

和田竜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

和田 竜(わだ りょう、1969年12月 - )は、日本の脚本家、小説家。大阪府生まれ、広島県広島市育ち。
オリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞し、同作の小説化作品『のぼうの城』が第139回直木賞候補。時代劇・時代小説を専門とする。
大阪で生まれ、生後3ヶ月から広島県広島市安佐南区川内で育つ。広島市立川内小学校を経て広島市立城南中学校2年の時に東京に引越す。綾瀬はるかは小中学の後輩。歴史に興味を持ったのは大学時代、「自分の名前の元ネタの人の小説でも読むか」と司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を手にしたのが切っ掛け。
大学卒業後、番組制作会社泉放送制作に就職。『愛していると言ってくれ』、『理想の結婚』など様々なドラマのADを経験したが、現場のスピード感に馴染めず3年で退職。その後は繊維・ファッション業界専門の新聞社に転職。
2003年(平成15年)12月、業界紙記者のかたわら執筆したオリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞する。
2007年(平成19年)11月、『忍ぶの城』を自ら小説化、『のぼうの城』として出版。明瞭で痛快にテンポよく進む時代物で、従来とはテイストが異なる"ニューウェーブ時代小説"の旗手として脚光を浴びる。同作は、翌2008年7月、第139回直木賞候補作に選ばれた。
2009年(平成21年)、『忍びの国』で第30回吉川英治文学新人賞候補。
2012年(平成24年)和田自ら脚本を担当した『のぼうの城』が映画化され公開。
2014年(平成26年)、小学生のころ家族で訪れた因島で知った村上水軍を題材にした『村上海賊の娘』で第35回吉川英治文学新人賞と2014年本屋大賞、第8回親鸞賞を受賞、第27回山本周五郎賞の候補作となる。
2017年夏に、『忍びの国』が大野智(嵐)主演で映画化。

受賞歴

和田竜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

和田竜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

oshihaharuna和田竜人は北澤ひさしだった!父親とDNA鑑定で判明!やはりやらせ?https://t.co/H8XyMBM5tj #和田竜人 #公開大捜索
pr0seranti【画像】TBS『緊急!公開大捜索’2018春』出演の「和田竜人」が行方不明事件の「松岡伸矢くん」に似ていると話題に https://t.co/Hr3BgeYTLr
rain_maker0416@REIJISKYWALKER 和田竜著「村上海賊の娘」で一躍有名になったね。愛知県今治市に村上水軍博物館もある。地元に村上姓の人多くて、みんな自分の先祖は海賊って言うみたい。瀬戸内海いいなぁ。鞆の浦とかも綺麗だから行ってほしい。
nyanyanharuna公開大捜査の和田竜人は松岡伸矢!?20年前の誘拐神隠し事件と関係?https://t.co/4aYbwTjZVi #和田竜人 #松岡伸矢 #公開大捜索
AwardAuthor時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、誰も及ばぬ「人気」があったー。本屋大賞2位受賞作『のぼうの城』和田竜
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)