トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 和田竜

和田竜

和田竜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

和田 竜(わだ りょう、1969年12月 - )は、日本の脚本家、小説家。大阪府生まれ、広島県広島市育ち
オリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞し、同作の小説化作品『のぼうの城』が第139回直木賞候補。時代劇・時代小説を専門とする。
大阪で生まれ、生後3ヶ月から広島県広島市安佐南区川内で育つ。綾瀬はるかは小中学の後輩。
「竜」という名前は、坂本竜馬が好きだった母が付けた。歴史に興味を持ったのは大学時代、「自分の名前の元ネタの人の小説でも読むか」と司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を手にしたのが切っ掛け。 
当初は脚本家を志し、2003年(平成15年)12月、業界紙記者のかたわら執筆したオリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞する。
2007年(平成19年)11月、『忍ぶの城』を自ら小説化、『のぼうの城』として出版。明瞭で痛快にテンポよく進む時代物で、従来とはテイストが異なる"ニューウェーブ時代小説"の旗手として脚光を浴びる。同作は、翌2008年7月、第139回直木賞候補作に選ばれた。
2009年(平成21年)、『忍びの国』で第30回吉川英治文学新人賞候補。
2012年(平成24年)和田自ら脚本を担当した『のぼうの城』が映画化され公開。
2014年(平成26年)、小学生のころ家族で訪れた因島で知った村上水軍を題材にした『村上海賊の娘』で第35回吉川英治文学新人賞と2014年本屋大賞、第8回親鸞賞を受賞、第27回山本周五郎賞の候補作となる。
2017年夏に、『忍びの国』が大野智(嵐)主演で映画化予定。

受賞歴

和田竜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

和田竜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

RocktheWorld_SS■TBSラジオエンタメExpress6/26 21:00-21:307月1日公開の映画「忍びの国」を特集。原作・脚本を手がけた作家・和田竜を迎えて、忍者とはどんな集団だったのかについて聞く。さらに、映画の出演者からのメッ… https://t.co/vlCEiicikn
noboreu1今日は『忍びの国』原作者の和田竜さんと中村監督のトークショー付き試写会ですどんなトークが繰り広げられるのでしょうか#忍びの国 #7月1日公開 #和田竜#中村義洋 #大野智 #無門https://t.co/muNgtGKAht
kachihou【鈴木亮平のパーフェクトな役作りの裏側 役の突きつめ方が凄すぎる!】 https://t.co/G3K6FvhOFX 和田竜の同名歴史小説を実写映画化した『忍びの国』(7月1日公開)に出演している鈴木亮平が、「忍者って意外に地味で驚いた」と語った。「雇われるとどこかに忍び入…
0805masakazu@0805masakazu 朝から和田竜の馬券❤で頑張れ馬券と三連複で午前中から勝ち
yamakageRS和田竜原作、坂ノ睦作画「忍びの国」2巻読了。ついに伊賀の国と織田信雄軍との戦いが始まろうとしている。戦を止めようと動く伊賀最強の忍者無門。その動きとは裏腹に戦いが前に進む。どう転がって行くのだろうか…。 https://t.co/6pVd7SMekW
sifu_suiko和田竜の「忍びの国」が痛快歴史アクションみたいな体裁で映画のCMしてるけど、あれはホントに映画はそうなの?原作はすげぇ沈痛な、なぜ日本はブラック社会になったのかっていうのを描いた寓話みたいな名作で、別にラストも全然逆転もしなければカタルシスもない大傑作だけど、台無し?
chijyomoturu忍びの国もみたいな〜!のぼうの城、原作も映画も面白かったから期待大
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)