トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北村薫 > 鷺と雪

鷺と雪(北村薫)

鷺と雪(著者:北村薫)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:鷺と雪
  • 著者:北村 薫
  • ページ数:261
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163280804
  • ISBN-13:9784163280806

北村薫新刊

  • 発売日
    2020年2月5日
  • 書名
    水に眠る (文春文庫)

鷺と雪関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.10.12 ミステリーファン必見! 北村 薫が語る 映画『推理作家ポー 最期の5日間』

    ミステリーの始祖と呼ばれるエドガー・アラン・ポー。映画『推理作家ポー 最期の5日間』は、その偉大な作家の謎の死を題材とした意欲作であると同時に、彼自身が探偵役を務める奇想溢れる作品だ。ミステリーをこよなく愛する作家・北村薫に、ポーという作家と映画の魅力を語り尽くしてもらった。

  • 2009.9.10 著者インタビュー 北村薫さん『鷺と雪』

    候補にあがること6度目。2009年、ようやく『鷺と雪』で待望の直木賞を受賞した北村薫さん。ブッポウソウや鷺、雪などが符牒のように絡み合い、激動の歴史の渦を予感させる作品は、静かな怖さを感じさせます。一方で、人々が日常を営む姿には温かみとユーモアがあふれていて、思わずくすりとさせられたり。そんな北村ワールドが凝縮した今回の作品で、もっとも伝えたかったこととは? ずばり核心に迫ります。

北村薫のその他受賞歴(候補含む)

鷺と雪関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_Mys_Bot1[○×]宮部みゆきの『蒲生邸事件』、北村薫の『鷺と雪』などの作品で、背景として描かれている事件は「二・二六事件」である → ○
raisen_bot_qmaNo.275 次の北村薫の短編集とその作品で探偵役を演じる人物の正しい組み合わせを選びなさい⇒鷺と雪―花村英子 、覆面作家は二人いる―新妻千秋 、空飛ぶ馬―春桜亭円紫
kurotuki_2BACベッキーさんシリーズ (北村薫)街の灯→玻璃(はり)の天→鷺(さぎ)と雪 https://t.co/ce211ayGOV
raisen_bot2_qmaNo.334 次の北村薫の短編集とその作品で探偵役を演じる人物の正しい組み合わせを選びなさい⇒覆面作家は二人いる―新妻千秋、空飛ぶ馬―春桜亭円紫、鷺と雪―花村英子
boredusachan北村薫については一番好きな作品が多すぎて(変な言い方なんだけど)、季節によりメインの展示を入れ替える美術館のようにわたしの気分でナンバーワンがかわるのよ…月の砂漠をさばさばととかリセットとか秋の花とか謎物語とか鷺と雪とか朝霧とかひとがた流しとか冬のオペラとかくらげとか語り女文字数
shikibu「鷺と雪」再読し終えて、昨晩からはこちらを開く。本から本へと縦横無尽に跳梁する文学探究の自由さを教えて下さった北村薫さん。ずっとひそかに心の中で揺るぎない師のひとり。#北村薫 #ユーカリの木の蔭で #読書記録 https://t.co/jyXSxzYeqn
le7juilletDay1「シリーズ本の中のお気に入り」北村薫のベッキーさんシリーズ。『鷺と雪』収録の「鷺と雪」#30DaysBooksChallenge
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)