トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 服部まゆみ

服部まゆみ

服部まゆみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

服部 まゆみ(はっとり まゆみ、1948年10月14日 - 2007年8月16日)は日本の小説家、推理作家、恋愛小説家、銅版画家。東京都出身。
現代思潮社美学校卒業後、銅版画家を目指し加納光於に弟子入りする。1987年に『時のアラベスク』が第7回横溝正史賞大賞を受賞、デビューする。澁澤龍彦世界(ドラコニア)に影響を受け、作品中には澁澤龍彦をモデルとした登場人物もある。1998年、『この闇と光』が直木賞候補になる。2007年に肺癌のため死去。1948|10|14|2007|8|16。
=
時のアラベスク(角川書店、1987年5月)ISBN 4-04-872464-9
*【文庫版】時のアラベスク(角川書店、1990年11月)ISBN 4-04-178501-4
罪深き緑の夏(角川書店、1988年12月)ISBN 4-04-872515-7
*【文庫版】罪深き緑の夏(角川書店、1991年3月)ISBN 4-04-178502-2
*【河出文庫版】罪深き緑の夏(河出書房新社、2018年8月)ISBN 978-4-309-41627-4
時のかたち(東京創元社、1992年1月)ISBN 4-488-02330-4 - 「「怪奇クラブの殺人」」、「葡萄酒の色」、「時のかたち」、「桜」、「へるめす」掲載のエッセイ、インタビュー
黒猫遁走曲(角川書店、1993年12月)ISBN 4-04-178503-0
一八八八 切り裂きジャック(東京創元社、1996年5月)ISBN 4-488-01219-1
*【文庫版】一八八八 切り裂きジャック(角川書店、2002年3月)ISBN 4-04-178505-7
*【文庫改版】一八八八 切り裂きジャック(角川書店、2015年9月)ISBN 978-4-04-103619-8
ハムレット狂詩曲(光文社、1997年09月)ISBN 4-334-92288-0
*【文庫版】ハムレット狂詩曲(光文社、2000年11月)ISBN 4-334-73081-7
この闇と光(角川書店、1998年11月)ISBN 4-04-873137-8
*【文庫版】この闇と光(角川書店、2001年8月)ISBN 4-04-178504-9
*【文庫改版】この闇と光(角川書店、2014年11月)ISBN 978-4-04-102381-5
シメール(文藝春秋、2000年5月)ISBN 4-16-319180-1
レオナルドのユダ(角川書店、2003年10月)ISBN 4-04-873488-1
*【文庫版】レオナルドのユダ(角川書店、2006年2月)ISBN 4-04-178506-5
ラ・ロンド 恋愛小説(文藝春秋、2007年5月)ISBN 978-4-16-325950-5

服部まゆみ新刊

  • 発売日
    2018年8月4日
  • 書名
    罪深き緑の夏 (河出文庫)

受賞歴

服部まゆみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

服部まゆみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

milk_and_wine服部まゆみ「この闇と光」、めっちゃ耽美でしかもどんでん返しがすっごいから皆読むべきである…
lies_54服部まゆみ『この闇と光』は病んでた時に読んだ想いの深い作品なので、中川多理さんの人形世界で相見えることができるとは感無量です。
kostnice「レイア」(服部まゆみ『この闇と光』より)大好きな物語で、作品集『物語の中の少女』制作時にここに収めようかどうか迷いつつ…外した意味は既読の方には解って頂けると思いますが。ようやく手がける事ができました。人形好きにはマ… https://t.co/L2N77Slk8V
gentenkaiki414服部まゆみさんの『この闇と光』読了盲目のお姫様レイアに優しいお父様。教養と知識は完璧なのに何かがおかしいあれ?あれ?とグイグイ引き込まれていく作品でした。え??嘘??こう来るの?て話、ほんと大好物。面白かったです。 https://t.co/SPvHIRMrn6
in_the_vanilla――光に包まれた闇の顔は笑ったようだった。 「君が何を言おうと、私は君が気に入りました。君もそうでしょう? レイア」 そこに居るのはアブラクサス…… 闇と光の神だった。 (この闇と光/服部まゆみ)
rin11211年内に「テルマ」「メアリーの総て」を観たいのだが観られるだろうか。あと服部まゆみの「シメール」とジョーン・リンジーの「ピクニックatハンギングロック」は猛烈な気になるるるる。
ParolesLes『罪深き緑の夏』服部まゆみ著読了です。鬱蒼した森を抜けた先にあるお屋敷の、美しい少女。たった1日、たった数時間のその重み。それに囚われている淳に、苛立つこともあったけど、きっと誰も彼も抜け出すことなんか望んでいないのでしょう。 https://t.co/pvXJZ03Lsw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)