トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > カミツキレイニー

カミツキレイニー

カミツキレイニーさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

カミツキレイニー(kamitsuki rainy)とは、日本の小説家である。
沖縄県生まれ。アマチュア時代の2009年、「スーツケースの君の声」が第143回Cobalt短編小説新人賞に入選(「入選」が第一席)、同作が『コバルト』2010年1月号に掲載。また「ファーザータイム」が2009年の第13回フェリシモ文学賞で佳作となり、『第13回フェリシモ文学賞作品集 冷と温』(フェリシモ出版、2010年6月発行)に収録された。
2011年、『こうして彼は屋上を燃やすことにした』で小学館ライトノベル大賞で大賞を受賞し、小学館より作家デビューした。

カミツキレイニー新刊

  • 発売日
    2018年5月1日
  • 書名
    それでも異能兵器はラブコメがしたい (角川スニーカー文庫)
  • イラストレーター
    切符
  • 発売日
    2018年4月1日
  • 書名
    それでも異能兵器はラブコメがしたい (角川スニーカー文庫)
  • イラストレーター
    切符

受賞歴

カミツキレイニー関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.8.31 『初版グリム童話』より怖い『憂鬱なヴィランズ』のエグすぎる中身

    以前紹介した『大人もぞっとする初版『グリム童話』―ずっと隠されてきた残酷、性愛、狂気、戦慄の世界』(由良弥生/三笠書房)。みんなが慣れ親しんだ童話とは違い、残虐なストーリーや描写で人々を震え上がらせたが、そんな初版『グリム童話』よりもずっと怖い作品があった!?

  • 2012.5.18 第6回小学館ライトノベル大賞 優秀賞作家がデビュー

    萌え全盛のラノベ界にあって、独自路線を突っ走るガガガ文庫。他レーベルでは扱わないようなユニークな作品も積極的にリリースしている。個性的でクセのある作品が多いせいか、「このライトノベルがすごい!」などメジャーなランキングにはなかなか入ってこないが、根強いファンも少なくない。

カミツキレイニー関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sasami_momo『こうして彼は屋上を燃やすことにした』 カミツキレイニー #読了 1/3くらい読んだあたりから急に面白い https://t.co/jt8mIkWw7o
nyapoonaカミツキレイニーではないのか・・・
kokumurakカミツキレイニーさんの『黒豚姫の神隠し』のイラストを担当して頂いた(そして自分の担当ではないですが『紙の魔術師』も)、イラストレーターのMinoru (@minoru200 )さんに、鳩を頂きました! ありがとうございます! https://t.co/iyZHSr1QMD
haneya_turezureカミツキレイニーの黒豚姫よかった。ロマンスさえあれば生きていけるのだ。「屋上」からタイトル(と名前)だけでも気になってたんだけど、「タイムマシンを燃やした」の書き出しを思わせて躊躇ってたのよね。この清涼感は予想外だったな。ひさ… https://t.co/rEewwZPwXK
oga_keisu#好きな作家を5人あげるとその人の趣味がわかる宮沢賢治田中ロミオオキシタケヒコ遍柳一カミツキレイニー宮沢賢治だけ異質やな…
toresebu八重野 統摩乙野 四方字カミツキレイニー松山 剛マサト真希#好きな作家を5人あげるとその人の趣味がわかる最近は、こういう感じ。ライト文芸寄り
kafunsugi@yorutuki1111 @30orz カミツキレイニーのデビュー作はガガガの新人賞だったから、同一人物だったとして、少なくとも業界とのつながりは絶えていることになるんだよな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
カミツキレイニーさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)