トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > コン

コン

コンさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

コン
ラテン語の接頭辞 com-およびその変化形con-(コンとは音訳しないがcol-、cor-とも変化する)。意味は「共に」「完全に」など。
com-、con-を接頭辞に持つ単語の省略形。他の単語と組み合わせた略語に用いられる。
*コンクリート。生コンなど。
*コンクール。Nコン、チャイコンなど。
*コンディショナー、コンディショニング。エアコンなど。
*コンテスト。ミスコンなど。
*コントロール、コントローラ。リモコン、ラジコンなど。
*コンピュータ。パソコン、マイコンなど。
*コンプレックス。マザコン、ロリコンなど。
*コンベンション。ワールドコン、ダイコンなど。
狐の鳴き声の擬声語。
コン (BLEACH) - 漫画『BLEACH』の登場人物。
プノイ族の別称。
コン (インカ神話) - インカ神話における雨と南風の神。
*紺色

受賞歴

コン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.2.13 【今週はこれを読め! エンタメ編】アラフィフ世代に直球を投げ込む朝倉かすみ『平場の月』

    特定の年齢層にとりわけ訴えかける名作というものがある。『かいけつゾロリ』シリーズはやはり小学生が読んでこそという気がするし(大人が読んでもおもしろいけど)、ライトノベルの類は中高生あたりの読者がボリュームゾーンであろう(10代だけに読ませておくのはもったいないと思うものも多くあるが)。そこで『平場の月』である。若い人が読んでも「大人っていろいろあるんだなあ」と感じ入るだろうし、もっと年配の人が読んでも「このくらいの歳の頃いろいろあったなあ」としみじみすると思うが、いわゆるアラフィフ(自分含む)が読んだらもうダイレクト。直球かつ剛速球が心の真ん中に投げ込まれた感じ。

  • 2019.2.12 【今週はこれを読め! SF編】幻想への航海、宙づりのままに残る謎

    カール・エドワード・ワグナーが「LSDでぶっとんだメルヴィルが書いた『宝島』」と評した奇書である。ただし、表面的な筋を追うぶんには、ストレートな海洋幻想譚にすぎない。重要なのは、物語の向こう側にある何かだ。

  • 2019.2.9 独占インタビュー「ラノベの素」 渋谷瑞也先生『つるぎのかなた』

    独占インタビュー「ラノベの素」。今回は2019年2月9日に電撃文庫より『つるぎのかなた』が発売された渋谷瑞也先生です。第25回電撃小説大賞にて《金賞》を同作で受賞し、満を持してデビューされます。剣道を知らなくてもいい、読み終えた後に剣道がわからなくても構わない。ただこの物語を面白いと感じてもらえればそれでいい。剣道という舞台から降りた"元最強"と、孤独に頂点で君臨し続ける"現最強"が激突する時、少年少女たちの心情にどんな変化が訪れることになるのか、物語の内容や見どころについてお聞きしました。

コン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
コンさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)