トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 麻生俊平

麻生俊平

麻生俊平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

麻生 俊平|あそう しゅんぺいは、日本の小説家。早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。ライトノベル系のファンタジー・SF作品を主に執筆している。
ハードボイルド調の文体で、時代を敏感に感じ取り社会批判などを織り交ぜつつも、若年層を対象にしたライトノベルとして重くなりすぎないバランス感覚のある小説が特徴。
編集者として働く傍ら、第2回ファンタジア長編小説大賞に応募し、SF風の世界観を持った『ポートタウン・ブルース』で小林めぐみの『ねこたま』とともに準入選を果たし、同作品により富士見ファンタジア文庫より小説家としてデビューする。このコンテストでは第4回まで大賞受賞者はなく準入選が最高であり、第1回には『スレイヤーズ』シリーズの神坂一、第3回には『魔術士オーフェン』の秋田禎信などのメンバーが準入選を果たしている。
2作目となる『ザンヤルマの剣士』は、まず短編として『月刊ドラゴンマガジン』の1992年8月号で短編が発表され、後に長編が発売された。

受賞歴

麻生俊平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2007.7.27 作家の読書道:第69回 乙一さん

    17歳の若さでデビュー、残酷さと切なさの混在するテイスト、あっといわせるプロットで一気に多くのファンを獲得した乙一さん。本名で映像作家としても活動している彼が、幼い頃から現在に至るまで、影響を受けたものとは? 物語を創造するヒントを受けた作品が続々登場する読書道、乙一さんの原点が垣間見えます。

  • 2006.5.26 作家の読書道:第55回 豊島 ミホ

    1982年生まれ、と、まだまだお若い豊島ミホさん。早稲田に在学中に作家デビューした新鋭の素顔に迫りました。自身のことを「底辺女子高生」というほど地味だった彼女が、高校時代にとった大胆な行動とは? 在学中、大学名を明かさなかった理由は? また、漫画家を目指していた彼女が、小説の面白さに気づいたきっかけとは。あまりのお話の面白さに、思わず引き込まれてしまいます。

麻生俊平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_LN_bot【並べ替え】超古代文明の遺産である剣を手にした矢神遼の戦いを描く麻生俊平の小説は? →ザンヤルマの剣士
sginga1麻生俊平氏の小説「ザンヤルマの剣士」は、ネットというものがまだまだ一般社会からは遠いものだった時代に、今のネット社会にありがちな問題点の多くが描写されたよい小説だったなあ今こそアニメ化されんかな
Atsushi_Ishig麻生俊平「オーキスの救世主」読了富士見ファンタジア文庫、ザンヤルマの剣士3巻目ラノベ成分補充マインドコントロールの怖さがちゃんと描写されてて面白かった
SagamiNoriaki同時期の小林めぐみ先生、麻生俊平先生…多分、当時はほどほど以上に売れてた、はず…なんだが、データがないし、90年代以降の活躍が少ないので、なんというか…いや、小林めぐみ先生も麻生俊平先生も、普通にゼロ年代も書かれているのであるが…
wkkazuya麻生俊平「ザンヤルマの剣士」シリーズ現代を舞台にした伝奇風物語で、バトル要素もあり読みやすく面白い作品。ただ社会問題要素多めのせいで、話はひたすら重くて暗い展開が多い。...だがそこがいい(断言)後、弘司さんの挿絵… https://t.co/T3B6HsDttP
chaika_Be12カウボーイスタイル…麻生俊平氏のラノベで読んだことがある奴…!! https://t.co/preIjzkOX1
sf_meimonkuありゃな、科学の勝利、ついでに言えば科学者の敗北だ / 麻生俊平「VS -ヴァーサス-」https://t.co/iXbKd0SEF7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    麻生俊平さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)