トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 門井慶喜

門井慶喜

門井慶喜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

門井 慶喜(かどい よしのぶ、1971年11月2日 - )は、日本の小説家、推理作家。
群馬県桐生市生まれ。同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現・文学部文化史学科)卒業。
出生は群馬県だが、3歳のときに転居した栃木県宇都宮市で育つ、宇都宮市立国本中学校、栃木県立宇都宮東高等学校、同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現・文学部文化史学科)卒業。
大学卒業後、1994年から2001年まで宇都宮市にキャンパスのある帝京大学理工学部で職員として勤務。初めて文学賞に応募したのは2000年の創元推理短編賞。
2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。2006年『天才たちの値段』で単行本デビューする。2018年、『銀河鉄道の父』で第158回直木三十五賞受賞。

門井慶喜新刊

  • 発売日
    2018年6月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版20号 (文春e-book)
  • 発売日
    2018年5月17日
  • 書名
    新選組の料理人
  • 発売日
    2018年4月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版19号 (文春e-book)

受賞歴

門井慶喜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.3.21 作家の読書道 第192回:門井慶喜さん

    今年1月、『銀河鉄道の父』で第158回直木賞を受賞した門井慶喜さん。受賞作は宮沢賢治の父親にスポットを当てた物語。他にも、美術や建築などを含め歴史が絡む作品を多く発表している門井さん。その礎を築いたのはどんな読書体験だったのだろう。

  • 2018.1.16 芥川賞に石井氏と若竹氏 直木賞に門井氏

    第158回芥川賞と直木賞の選考会が16日夜、東京で開かれ、芥川賞には石井遊佳さんと若竹千佐子さん、直木賞には門井慶喜さんの作品が選ばれました。

  • 2017.12.20 第156回芥川賞・直木賞の候補作決まる

    日本文学振興会が12月20日、発表した。芥川賞候補には第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子氏の初小説「おらおらでひとりいぐも」、直木賞候補には人気バンド「SEKAI NO OWARI」で、ピアノやライブの演出などを担当している藤崎彩織氏の『ふたご』が入った。選考会は来年1月16日、東京・中央区の料亭「新喜楽」で行い、同日受賞者の記者会見が開かれる。候補作は次の通り。

門井慶喜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shodensha_news門井慶喜著『家康、江戸を建てる』低湿地の広がる土地を見た彼は、何を考えていたのか?家臣団の猛反対を抑え、日本史上最大のプロジェクトが始まった!気鋭の著者が、新たな視点から家康像に迫る! https://t.co/99yBFMKJOe
gPCDMmr18y0ZS1Cそしてそして、門井慶喜さんのプロフィールを見てたら、ななんと「家康、江戸を建てる」の作者でもありました
goodchanf銀河鉄道の父、門井慶喜は直木賞受賞が決まった。海外のひとが車にも抵当権をかける。おれは菊池雄星は大リーグへストレートで渡米たと思った。
tonami_citylib7月の「読んで語る会」は、門井慶喜・著「銀河鉄道の父」がテキストでした。「賢治へのイメージが変わった。身近に感じた」「政次郎から賢治への愛に共感した」「政次郎なりに賢治の死を乗り越える方法が印象的だった」…など、感想を語り合い… https://t.co/6eUnmww8ZU
37cyam門井慶喜『新選組の料理人』ほんとおもしろい。新選組の有名どころじゃなくて、賄方が主人公っていうのが良い。わたし歴史苦手だけど、苦手だからこそ、こういうちょっとずれた視点が良いと感じる。
BtoBooks #日経新聞 #書評 2018年7月1日(日曜日)★文化(作家:門井慶喜 七夕をナナユウ、誤り?) ●東京帝大叡古教授 (小学館文庫)  門井 慶喜 ●家康、江戸を建てる  門井 慶喜 ●ゆけ、おりょう  門井 慶喜… https://t.co/ICjiQjr2Xg
mccolnekoぼくらの近代建築散歩 in韓国[釜山・群山・木浦篇]――万城目学×門井慶喜 #2 #門井慶喜 #万城目学 #近代建築 https://t.co/ha3uW3VN6G
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)