トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山城むつみ

山城むつみ

山城むつみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山城 むつみ(やましろ-、男性、1960年9月24日-)は日本の文芸評論家。本名は山城康治。筆名のむつみは妻の名。東海大学文学部文芸創作学科教授。
大阪府生まれ。
奈良県立郡山高等学校卒業。
大阪外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。大阪外国語大学の学生時代には法橋和彦から教えを受けた。
1992年に「小林批評のクリティカル・ポイント」(『群像』1992年12月号)で第35回群像新人文学賞評論部門受賞。第1回瞠目反・文学賞(選考委員は島田雅彦、筒井康隆、渡部直己)候補に選ばれるが受賞を逃す。受賞作は奥泉光『ノヴァーリスの引用』。
1995年3月、太田出版より『文学のプログラム』刊行。同年5月に第8回三島由紀夫賞候補となるも落選。受賞作は山本昌代『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道』。同年の第23回平林たい子文学賞にも選出されるが落選。同賞は川村湊『南洋・樺太の日本文学』が受賞。
『群像』1996年10月号の企画「私の選ぶ戦後文学ベスト3」で椎名麟三『重き流れのなかに』、野間宏『暗い絵』、森有正『経験と思想』を選出。
2001年下期、布施英利とともに『文學界』にて「新人小説合評」を担当。
『文學界』2004年2月号より不定期連載「ドストエフスキー」を開始。以後、「ドストエフスキー〔2〕」(2004年7月号)、「ドストエフスキー〔3〕」(2005年12月号)、「ドストエフスキー〔4〕」(2007年3月号)、「ドストエフスキー〔4〕承前」(2007年4月号)と続ける。2008年より掲載誌を『群像』に変更し2010年7月号で完結(「ドストエフスキー『白痴』について」(2008年8月号)、「ドストエフスキー『未成年』の切り返し」(2009年4月号)、「カラマーゾフのこどもたち」(2010年7月号))。7年以上に及んだ連載は同年11月に単行本化され、翌年11月に第65回毎日出版文化賞を受賞した。
2015年、「小林秀雄とその戦争の時」で第6回鮎川信夫賞候補になるも落選。受賞作は岸田将幸『亀裂のオントロギー』、阿部嘉昭『換喩詩学』。

受賞歴

山城むつみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山城むつみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

AinuHateCounter山城むつみ×岡和田晃「歴史の声に動かされ、テクストを掘り下げるということ」書評SNSシミルボンで、充実の対談が無料で読めます。https://t.co/QVrCcG4OuY #アイヌ #Ainu
Namimagazine山城むつみ著『小林秀雄とその戦争の時 『ドストエフスキイの文学』の空白』の評者は富岡幸一郎さん!/歴史という怪物との格闘(波2014年8月号)https://t.co/1S4qQNmkGT
liondo_ev本屋発の文芸誌『しししし2』執筆者一覧創作(新作)尼崎武/文月悠光/横田創翻訳(新訳)シャーウッド・アンダスン(翻訳 鴻巣友季子)対談 山城むつみ×横田創https://t.co/Ofd2gJhi9L
akiman55山城むつみさんもマルクスとがっぷり四つなのか。しかもグレタとからめて。幻戯書房刊の「連続する問題」は既読で、どちらかというと、中野重治、小林秀雄、ドストエフスキーを巡る論考だったけど、マルクスまで連続するのか。ちょっと読みたくなり… https://t.co/mO3TwgeD3P
koheisaito0131すばる12月号の山城むつみ「グレタとマルクス」、『大洪水の前に』だけでなく、ゾーンレーテルなども登場し、想像以上にがっつりマルクス。これから丁寧に読みます! https://t.co/3uLBdtZh6c
sakumiraga山城むつみ『文学のプログラム』を読みました。山城の主張自体はかなり明快なのに論じられる対象である小林秀雄がやっていることはとても奇妙に思えてしまう不思議な体験をしました。ここで小林がやっていることは後藤明生の裏面のような印象がありました。(灰沢)
Kritik_bot「日本は国内の「近代化」とほぼ時を同じくして朝鮮を植民地化していたため、同じ東アジアに対する加害の認識でも、朝鮮に対する場合、たとえば中国に対するのとは微妙に違った不透明な認識になる」山城むつみ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)