トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中沢新一

中沢新一

中沢新一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中沢 新一(なかざわ しんいち、1950年5月28日 - )は、日本の人類学者、思想家、宗教学者。元中央大学総合政策学部教授。明治大学特任教授/野生の科学研究所所長。多摩美術大学美術学部芸術学科客員教授。
「宗教から経済、科学から芸術にいたるまでの広大な領域でおこっている心の活動」をみずからの研究主題として、超域的観点から人文諸科学の知を再編成することを目指す人類学者。クロード・レヴィ=ストロース、フィリップ・デスコーラ、ジャック・ラカン、ジル・ドゥルーズ等の影響を受けた現代人類学と、南方熊楠、折口信夫、田邊元、網野善彦等による日本列島の民俗学・思想・歴史研究、さらに自身の長期的な修行体験に基づくチベット仏教の思想研究などを総合し、「対称性人類学」という独自の視点に基づく人類学を提唱する。
若き日にもっとも親近感を覚えたのはキリスト教であり聖書の熱心な読者であった。しかし、マルクス主義やキリスト教と自身の育った風土との違和感を同時に感じる。聖書の中では十字架に付く前のガリラヤ時代のイエスに親近感を覚え、この時期のイエスは仏教にも通じるほどに思想を美しい言葉で語っていたと評しているが、愚かな大衆の期待で十字架に付くイエスの痛ましさと、その体験から発生した外傷性神経症から発生する宗教である点に特に違和感を覚える。当初はサル学をやりたい思いを抱き、サル学者がサルに囲まれている写真に異様な感動を受ける。人間と動物との間隔の開きの少なさは中沢に涅槃に入った際のブッダが弟子たちよりも多くの動物に囲まれている姿に「対称的な関係」を見出し、ユダヤ教やキリスト教に見るような神と人との気の遠くなるような非対称性を前提とした神の前での人間の平等とは対照的な仏教の対象的な距離感に惹かれる。また、学生時代より井筒俊彦に強い影響を受ける。河合隼雄との対談では、中沢は井筒がイスラム教から入り仏教やユダヤ教、キリスト教にも何でも深い理解を持ち、宗教の枠組みを超えたメタ宗教の可能性を構想し、その後円熟してしだいにイスラム教と仏教を同等に捉え「アッラー」は普通言われている「神」ではなく、イスラム教が最も深いところで理解している「アッラー」というのは仏教が言う「真如」と同じだと発言したと述べている。その後は著書『大乗起信論』で、仏教、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教などありとあらゆる宗教が井筒の思考内で合流し、どの宗教も単独では歴史上実現できなかった宗教の夢のようなものを現出させて見せた。仏教は単なる宗教の一つではなく、諸宗教が宗教であることの限界を超えてメタ宗教を目指す過程で必ず仏教のような思想形態があらわれるというのが井筒の思想であった。こうした思想に大変共感し井筒がイスラム世界に沈潜したことを踏まえ、自分自身も1つの宗教にとことん沈潜するべきと考え、それが仏教であり、チベット仏教の僧侶の世界であったと述べた。また、中沢自身は同時に自分は仏教徒ではあるが宗教学者ではないとも述べている。
2011年の東日本大震災以降は、エネルギー問題、現代における政治参加の問題についても思考しており、実践的な活動として2013年には「グリーンアクティブ」を設立した。|date=2016年1月

受賞歴

中沢新一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中沢新一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ariakedo地図おじさんのわりにはというかだからこそというか、中沢新一は読まずにきたんですけど、自分に胡散臭いところと面白いところを腑分けしながら読む技術がないまま読んでもヤバイだろうと思って避けたというところがあって、今ならまあそこそこ鼻はきくようになったし、読んでみようかなのきもち
bibun_n_botNo.196 (タイ)1983年にベストセラーとなった哲学者「構造と力」の著者は浅田彰ですが「チベットのモーツァルト」の著者は○○○○?⇒なかざわしんいち(中沢新一)
r_ranking_news(8/19) 人文・地歴・哲学・社会 > 地理ランキング9位:アースダイバー [ 中沢新一 ]https://t.co/n4MGnaDKIp
HarukiEssay資本主義のおこなう価値増殖は、「笑い」の生理作用ととてもよく似ている。(中沢新一『愛と経済のロゴス』)
fukinya真言立川流の厄い所を抜いてマイルドにしたのが石門心学と富士講で松下幸之助が思想的継承者とか読んだことがあるが…中沢新一と夢枕獏と宮崎信也の対談みたいな本だったので鵜呑みにできない(´・ω・`)
history_theory岸田秀『ものぐさ精神分析』KSa 1992栗本慎一郎,阿部謹也,樺山紘一,河上倫逸『殺し合いが市民を生んだ』KS2a 1994栗本慎一郎,中沢新一,山内昌之,山口昌男『野蛮が文明を生んだ』KS2b 1994栗本慎一郎,今福龍… https://t.co/9C5D9ng9kn
another_mirume“これは中沢新一君の分析でもありますが、西田哲学の根本には哀しみがある”
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)