トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大森望

大森望

大森望さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大森 望(おおもり のぞみ、本名:英保 未来(あぼ みくる)、1961年2月2日 - )は、SFを中心として活動する、日本の翻訳家・書評家・評論家・アンソロジスト。
ペンネームは、少女マンガ家・清原なつのの作品『私の保健室へおいで…』の登場人物からで、元来は京都大学SF研究会時代の共同ペンネームだった。別ペンネームとしては森のぞみ、亀井甲介、矢沢翔等。ニックネームはワルモノ。日本推理作家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員、日本SF作家クラブ会員。
高知県高知市出身。母も元高知新聞の記者であり、共働き期間は両親の知人だった宮尾登美子に子守をしてもらったことがある。小学生時代から読書少年であり「つけ」で本を買い放題という家庭環境であった。小学4年生の夏休みは大阪万博少年となり、大阪の親戚の家に泊まりパビリオンを制覇。
高知市立追手前小学校、土佐中学校・高等学校、1983年京都大学文学部英文科卒業。
高校時代からSFファン活動を開始し、SF同人誌を制作。当時の同人誌仲間に後のデザイナー岩郷重力、後の翻訳家細美遥子がいた。ジュディス・メリルの影響を受け、ニュー・ウェーブSF少年となり、原書を取り寄せて翻訳を始める。
京都大学入学後は、関西の海外SFマニアの集まりであるSFファングループ「海外SF研究会」(KSFA)にも参加。中西秀彦(のち中西印刷社長、文筆家)や鼎元亨(のち評論家)らと共に、消滅していた学内ファングループ「京都大学SF研究会」の再結成にも参加(第三期)。後輩にのちに東京創元社でSFを担当する小浜徹也や、作家となる藤田雅矢、ゲームデザイナーとなる佐脇洋平らがいた。なお、大学4年生の1982年にSFイベント「京都SFフェスティバル」を開催。以後、京都大学SF研究会の主宰で毎年開かれることになる。本名名義で短篇翻訳や文庫解説などを担当する。
1983年、大学卒業後、新潮社に入社。同期入社に木村由花がいた。新潮文庫編集部に所属しSF(ルーディ・ラッカーの長編や、伊藤典夫と浅倉久志によるアンソロジー三部作など)の編集に携わる一方、谷山浩子の詩文集『ねこの森には帰れない』や『ムーンライダーズ詩集』なども編集している。木村とともに日本ファンタジーノベル大賞の創設時の担当編集者でもあった。また、本業と並行して、翻訳、ライター活動も行う。
東京に居を移したことにより、SFファングループ「関東KSFA」(関東海外SF研究会)を結成。1989年からはワープロ印刷後にコピー機を用いて制作された、一般のSFファンにも販売する月刊SF情報同人誌『ノヴァ・マンスリー』を刊行した(『ノヴァ・マンスリー』は後に、編集人を浜田玲・古田尚子に変更して刊行された。)。当時は「大学SF研究会の黄金時代」の余波の時代であり、牧眞司・中村融・柳下毅一郎・山岸真・小浜徹也・堺三保・中原尚哉・中野善夫・添野知生ら、後に海外SF評論・翻訳の世界で高名になるメンバーが、誌上や例会(毎週火曜日)に参加していた。一方で、プライベート同人誌〈新少年〉も発行。
1991年に新潮社を退社してフリーとなり、現在に至る。
2005年10月に心筋梗塞で入院したが15日で退院した。2013年2月〈本の雑誌〉にて「大森望SFサクセス伝説」として特集される。2015年9月にも再び心筋梗塞で入院した。2017年11月には心筋梗塞で三度目の入院。
〈本の雑誌〉では、1990年から(二度の中断をはさみ)長年に渡り、新刊SFレビューを担当。一部のシリーズ物などを除き、その月に出たSFは基本的に全冊とりあげる、という目標でレビューを行っている。
筋金入りのマニアックなSFファンであると同時に、SFに隣接する純文学、新本格ミステリ、ライトノベル、漫画、ゲームなどについても積極的に評論や紹介を行ったり、作家との交流等を行っている。社交的な性格であり、交友関係は非常に幅広くSF界のスポークスマン的役割を果たしている。トーク・イベントの司会等を行う機会も多い。
また多忙の中で読書時間を確保するため、スキー場のリフトの上で本を読んだこともある。
自身のウェブ日記(1995年から始まる、日本最古のウェブ日記の一つ)やコラム等で実名を出して業界の裏事情に触れることも多く、それが結実してヒット作となったのが豊崎由美との対談形式で「審査委員たちの文学観から文学賞の傾向を分析」した《文学賞メッタ斬り!》シリーズである。
SF翻訳家としても、ルーディ・ラッカーやバリントン・J・ベイリーを訳すいっぽうでコニー・ウィリスも訳すなど、「幅広く、かつ、深く」という立場を維持している。シオドア・スタージョン「ニュースの時間です」、テッド・チャン「商人と錬金術師の門」「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」の翻訳により、第36回、第40回、第43回星雲賞海外短編部門を受賞。1992年『バーチャライズド・マン』チャールズ・プラットで、SFα賞を受賞。
2008年からは、創元SF文庫で開始された《年刊日本SF傑作選》の編者を日下三蔵とともにつとめ、合わせて新設された創元SF短編賞の選考委員も日下とともに担当する。2020年、第40回日本SF大賞において、日下三蔵と共編で完結した『年刊日本SF傑作選』シリーズが特別賞を受賞する。
2009年からは福音館で刊行開始されたジュニア向けシリーズ《ボクラノSF》の「監修」も担当。
2009年12月から河出文庫で刊行されている、全作書き下ろしの日本SFオリジナル・アンソロジー《NOVA 書き下ろし日本SFコレクション》シリーズの責任編集も担当。2013年に完結した同シリーズが2014年4月日本SF大賞特別賞受賞。2014年7年、第45回星雲賞自由部門受賞。
2014年4月、上記の日本SF大賞の受賞者として、大森の日本SF作家クラブへの無推薦入会動議がクラブ総会にかけられたが、有効投票数(総会の出席者および委任状の提出者)の3分の2の賛成という基準に達せず、入会は否決された。
2015年8月、牧眞司と共同編集の『サンリオSF文庫総解説』で第46回星雲賞ノンフィクション部門を受賞。
かつてdate=2014-05は映画評論家としても活動しており、〈キネマ旬報〉、〈映画秘宝〉両誌のベスト10に参加していた。『このミステリーがすごい!』大賞選考委員でもある。
2016年4月から、「ゲンロンSF創作講座」の主任講師。
2021年1月、日本SF作家クラブへの入会が承認された。

受賞歴

大森望関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大森望関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nukuteomika有能さがツイッターでよく話題になる新潮社の校閲部でも、時にはこんな見落としがあるというお話。(北上次郎・大森望『読むのが怖い!激闘編』の手嶋龍一『ウルトラ・ダラー』の評)これぼくは知らなかったが、ウマ娘のヒットした今なら割と有… https://t.co/JTzMwCJumI
schmutzigeMusikこのミステリーがすごい!2023年版/宝島社買った〜✌毎回、大森望さんと阿津川辰海さんが何選んでるのか気になって真っ先にチェックしてしまう。未読ばっかりだけど、海外編1位はそれなのか〜。3位のも読みたいと思ってるんだよな。 https://t.co/7zmiE5uuVm
sf_meimonku諸君、いまや星々は、名実ともにわれわれのものです。うそいつわりなく、われわれのものなのです。ほかの方法では、星々を手にする… / イアン・ワトスン「二〇八〇年世界SF大会(ワールドコン)レポート」(大森望訳) 『スロー・バード』に… https://t.co/DHnG20Uq3S
motoka84548926「魔性の子」の編集に携わった大森望氏、シリーズの多くの編集に携わっている鈴木真弓氏のお話も特に興味深かった。再読した「漂舶」もやっぱり良かった。ワチャワチャした部分と、しんみりとした部分の対比が素晴らしい。十二国記の作品に… https://t.co/3udH1m4VSG
beck33aはてなブログに投稿しました #はてなブログ大森望編「ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選」 - 読書の愉楽https://t.co/o7uMgLwGXw
azumakazan推しの三原則 第3回ゲンロンSF新人賞大森望賞受賞作 https://t.co/OHJpQv7xJt 久しぶりにとんでもない熱量の作品に出会った。人間ヲタク対AIヲタクのディストピアSF。伊藤計劃の後に読んだから、温度差が凄い。良い意味で、汚い『ハーモニー』
sharma_n_y劉慈欣 訳:大森望、光吉さくら、ワンチャイ、泊功「三体 第三部 死神永生」(早川書房)読了!第二部で綺麗に終わったのに、どう続けるんだと思ったらマジかよSFの百貨店、いやSFの商業都市だわ。SFの面白さの99%がこの本の中に… https://t.co/Mmc5PWDjsi
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)