トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 神秋昌史 > オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方

オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方(神秋昌史)

オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方(著者:神秋昌史)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方 (集英社スーパーダッシュ文庫)
  • 著者:神秋 昌史
  • イラストレーター:イチリ
  • ページ数:375
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4086305682
  • ISBN-13:9784086305686

神秋昌史新刊

  • 発売日
    2018年5月23日
  • 書名
    ハコオンナ ―小説版―
  • 発売日
    2018年2月22日
  • 書名
    絵本の守護者 編集者にドラゴンは倒せますか? (マイクロマガジン社文庫)
  • イラストレーター
    山下しゅんや

オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.15 【今週はこれを読め! SF編】忘れることができるメモリ、未来においてインプットされた記憶

    1992年に刊行された早瀬耕のデビュー長篇。一部で高評価を得ながら、広い注目を集めるまでにいたらず、また作者がその後、表立った作品発表をおこなっていなかったこともあって----第二長篇『未必のマクベス』が刊行されたのが2014年なので20年以上のブランクだ----埋もれた作品になっていた。それがようやく文庫化された。

  • 2018.4.24 【今週はこれを読め! SF編】インディーズならではの雰囲気、キノコのようにひっそり犇めいて

    キノコをテーマにした怪奇・幻想小説のアンソロジー。原書は一巻本だが、邦訳は二分冊で本書はその第二巻。第一巻は、以前に紹介した。新しいアンソロジーを読むひとつの楽しみは未知の作家との出逢いだが、『FUNGI』はその度合いが甚だしく、ぼくが知っていたのは第一巻ではジェフ・ヴァンダミア、ラヴィ・ティドハー、W・H・パグマイア、第二巻ではニック・ママタスぐらい。

  • 2018.3.6 【今週はこれを読め! SF編】盆暗にして繊細、くだらないからこそ輝く、宮内悠介の短篇集

    宮内悠介の短篇集。純文学作品ではすでに『カブールの園』『ディレイ・エフェクト』という二冊の短篇集があるが、SFもしくはミステリの短篇集としてはこれが最初の一冊となる。厳密に言うと、『盤上の夜』『ヨハネスブルグの天使たち』『彼女がエスパーだったころ』『スペース金融道』『月と太陽の盤』は短篇連作を一冊にまとめているので、書誌的には短篇集なのだけど、現在の出版慣習では長篇とほぼ同等の扱いだし、読者もそのように受容している。

オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)