トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 神秋昌史 > オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方

オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方(神秋昌史)

オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方(著者:神秋昌史)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方 (オワ・ランデ! シリーズ) (スーパーダッシュ文庫)
  • 著者:神秋 昌史
  • イラストレーター:イチリ
  • ページ数:376
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4086305682
  • ISBN-13:9784086305686

神秋昌史新刊

  • 発売日
    2018年5月23日
  • 書名
    ハコオンナ ―小説版―

オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.10.10 【今週はこれを読め! エンタメ編】小嶋陽太郎の"大化け"短編集『友情だねって感動してよ』

    変態...! 本書を読み終えて、真っ先に心に浮かんだ言葉である。いわゆる一般的に使用されるような性的嗜好について揶揄しているわけではない(そういった意味合いでの変態性も感じられなくはない短編集ではあるが)。生物が形態を変えるように、小嶋陽太郎という作家の新たなる資質が顕在化したという意味であり、俗に言う"大化けした"という状態。私が思っていたよりもはるかに(低く見積もっていたということは断じてないにもかかわらず)、小嶋陽太郎は逸材だった。

  • 2018.10.3 【今週はこれを読め! エンタメ編】日本語の外での3か月〜柴崎友香『公園へ行かないか?火曜日に』

    日本語で考えて、日本語で話す。たぶん物心つく前から、特に意識することもなく行ってきたことだ。私が幼かった頃は海外旅行すら現在ほど一般的なものではなく、帰国子女の存在も少数だったし、英語を話すという行為自体をもっと特別なこととして受けとめる人も多かったと思う。しかしいまや日本人でも、日本語で考えて日本語で話すのと同じレベルで、英語で考えて英語で話すことができるという人も少なくない。夫の仕事の関係で9.11の直前くらいまで3年間カリフォルニアに住んでいたことがあったが、どんなにがんばっても私の英語は"英語で話しかけられる→それを日本語に置き換えて理解する→相手への返事を日本語で組み立てる→それを英語に置き換えて話す"というプロセスを省略することはできなかった。

  • 2018.7.13 【今週はこれを読め! ミステリー編】虚実入り混じる執筆牢獄小説『さらば、シェヘラザード』

    これはミステリーというか、へんてこりんな小説である。

オワ・ランデ! ヤレない貴族のオトシ方関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)