トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山美智子

青山美智子

青山美智子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 美智子(あおやま みちこ、1970年6月9日 - )は、日本の著作家。
*千葉県育ちで愛知県出身。大学卒業後、オーストラリアへ渡る。シドニーの日系新聞社で記者として2年勤務ののち、上京。雑誌編集者を経て執筆活動に入る。現在、神奈川県横浜市在住。夫・息子と3人暮らし。2003年、「ママにハンド・クラップ!」で第28回パレットノベル大賞(小学館)佳作。2007年に第1回ショートストーリーなごやで佳作入選した「街灯りの向こうに」は、奥田瑛二、中村優子主演で映像化、2009年ショートショートフィルムフェスティバルで上映された。同作品は、2014年にNHK福井局主催の朗読イベント「東海・北陸文学紀行」でNHK名古屋放送局キャスター石垣真帆が朗読している。2015年より学校や医療施設でアートセラピー講師の活動も行う。
*2017年8月、単行本『木曜日にはココアを』(宝島社)で小説家デビュー。同作品は、2017年12月に第1回未来屋小説大賞入賞。収録作の第2章「きまじめな卵焼き」は、2018年開成中学入試で国語の長文問題として出題された。
*小説家を目指したきっかけは、中学生のときに氷室冴子の『シンデレラ迷宮』を読んでから。化石や地層など考古学が好き。飲茶が大好物で、お茶を飲み終えたポットにお湯を足してもらうのが幸せ。
*声優の大原さやかが自身の朗読ラジオ「月の音色」で「木曜日にはココアを」を複数回にわたり朗読作品として取り上げている。2020年3月1日、MBS(毎日放送)アナウンサーによる「コトノハものがたりの世界2020」でも、同作が朗読劇の演目として選ばれた。
*『お探し物は図書室まで』(ポプラ社)が2021年本屋大賞にノミネート。2位を獲得した。

受賞歴

青山美智子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山美智子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sei58340@_s_tsuki_o_O もちろんー!ベスト3はこんな感じ
jnb2019月曜日の抹茶カフェ / 青山美智子 著東京 : 宝島社, 2021.9https://t.co/svjNtW2SQehttps://t.co/MC4Kppi3PQ
yukaritrt66猫のお告げは樹の下で
Hosohidari「お探し物は図書室まで」青山美智子友人に薦められて読み始めた一冊。人と人とのちょっとした関り合いが、日々に人生に影響を与えていると感じました。周囲の人によい影響を与えられる人になりたい。オススメの一冊です!#読書好きな人と繋がりたい
kisaragi_309青山美智子さんの 猫のお告げは樹の下で を読むこういう時短編集っていいねさっと読める前は短編集ってあんまり好きじゃなくて。集中が切れちゃうからでも、短編集もいいなって思った
otou10_FEETMWAM#読了「木曜日にはココアを」 青山美智子#読書好きな人と繋がりたい https://t.co/wAXQOd1seI
usa_m『鎌倉うずまき案内所』(青山美智子/宝島社文庫)読了。様々な世代の、人生に「はぐれた」人たちが双子のおじいさんとアンモナイト(!)からヒントをもらって前を向く姿を描く優しい連作短編集。平成という時代を遡って進むストーリーや思わぬ登場人物の繋がりも面白かった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山美智子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)