トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 鈴木英治

鈴木英治

鈴木英治さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鈴木英治(すずき えいじ、1960年12月27日 - )は、静岡県沼津市生まれの時代小説家。沼津市立沼津高等学校、明治大学経営学部卒業。
1999年、『駿府に吹く風』で第1回角川春樹小説賞特別賞を受賞し、作家デビュー。(『義元謀殺』に改題し、2000年刊行。)妻も歴史作家の秋山香乃。
2016年6月、歴史小説をイノベーションする会「操觚の会」を、九名の歴史・時代小説作家で作り(秋山香乃、蒲原二郎、杉山大二郎、鈴木英治、鳴神響一、新美健、早見俊、幡大介、誉田龍一(五十音順))、局長と名乗る。
=
*闇討ち斬
*梵鐘
*暁闇
*刃舞
*道中霧
*天狗変
*母恋い
*夕映え橋
*隠し子の宿
*道連れの文
*黒い薬売り
*祝い酒
(上記にて完結)

鈴木英治新刊

  • 発売日
    2019年9月20日
  • 書名
    義元、遼たり
  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    口入屋用心棒(45) 火付けの槍 (双葉文庫)
  • 発売日
    2019年6月6日
  • 書名
    突きの鬼一 岩燕 (小学館文庫)

受賞歴

角川春樹小説賞

第1回1999年

特別賞

鈴木英治関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.7.8 67歳デビュー、野口卓さんに新人賞

    第1回歴史時代作家クラブ賞(同クラブ主催)の授賞式が、東京都新宿区の日本出版クラブ会館で行われた=写真=。

  • 2012.5.15 歴史時代作家クラブ賞、新人賞に野口卓さん

    第1回歴史時代作家クラブ賞(同クラブ主催)が14日発表され、新人賞に野口卓さんの「軍鶏侍」(祥伝社文庫)、シリーズ賞に鳥羽亮さんと鈴木英治さん、作品賞に塚本青史さんの「煬帝」(日本経済新聞出版社)と諸田玲子さんの「四十八人目の忠臣」(毎日新聞社)が決まった。

鈴木英治関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

KenNiimi二冊同時にご恵贈いただきまいた。鈴木英治先生の「義元、遼たり 」と秋山香乃先生の 「氏真、寂たり」。ご夫婦で、それぞれ今川家の親子を書くという。ごいつ企画である。ありがとうございます。じつくりと読ませていただきまする。 https://t.co/lAgMdo5oAM
kano_akiyama鈴木英治の『義元、遼たり』がさっそく紀伊國屋さんの歴史時代ジャンルでベスト5入りしてました。えっ、わたし?……きかないで…… https://t.co/EAdk08FtaV
golivewirecom【作家自らが語る時代・歴史小説の最前線】10.6(日)操觚の会(そうこのかい)#14「自分で語る新刊」https://t.co/V9Cn45PLU4鈴木英治「義元、遼たり」@saakaeiji秋山香乃「氏真、寂たり」… https://t.co/oLB5KEXJc5
vRCIFNgXKcGhJaG鈴木英治先生と秋山香乃先生ご夫妻より、ご新著『義元、遼たり』と『氏真、寂たり』を頂戴しました。この場をお借りしてお礼申し上げます。地元静岡では大展開されている両著。全国の皆様もよろしくお願いします。 https://t.co/m7wZhoIlmo
toda_shizuhon【本日発売】静岡新聞社より、静岡が舞台の本格歴史小説2点刊行されました。秋山香乃著『氏真、寂たり』、鈴木英治著『義元、遼たり』。静岡県人必読の歴史小説です!10月13日、静岡本店ではお二人を招いたトークショーを開催します。お申込… https://t.co/je5Qtl9f77
rekishikouro鈴木英治『無言殺剣 火縄の寺』「~闘いの渦中で、新たな悲劇と因縁まで生まれるではないか。深まる混迷に、黙兵衛と伊之助はどう立ち向かうのか。」https://t.co/5I3sGoC9px達眼老練の四〇〇字 #書評【書物目利所】― 細谷正充
Hondaryuichi操觚の会の鈴木英治先生「義元、遼たり」、秋山香乃先生「氏真、寂たり」(静岡新聞社)御恵贈いただきました。ありがとうございます。御夫婦で、今川親子をそれぞれご執筆された力作が同時刊行! 拝読させていただきます。本日発売! ご興味ある… https://t.co/WG8JYNlhRR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鈴木英治さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)