トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三川みり

三川みり

三川みりさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

三川みり新刊

  • 発売日
    2018年7月1日
  • 書名
    一華後宮料理帖 第七品 (角川ビーンズ文庫)
  • イラストレーター
    凪 かすみ
  • 発売日
    2018年2月1日
  • 書名
    一華後宮料理帖 第六品 (角川ビーンズ文庫)
  • イラストレーター
    凪 かすみ

受賞歴

角川ビーンズ小説大賞

第7回2008年

審査員特別賞

三川みり関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三川みり関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1linefrom1book「なんていうか……自分の足で歩きたいの。自分の力でもないのに、そんな生き方をしたら、とことん怠け者になる。だから、なにが不満って訊かれたら。不満がないことが、不満なの」『銀砂糖師と青の公爵』 三川みり
___riru三川みり『一華後宮料理帖』第七品を読了。少女小説では断トツに面白くて続きが待ち遠しいのですが、三角関係が苦手なりるさんはここ最近の展開が辛いです。でも今回はその三角が外側からも内側からも崩される展開になってきた感じで終わり方も不穏。ますます気になる。朱西さまと理美の幸せはいずこ。
Paya_payashi三川みり『一華後宮料理帖』主人公が後宮で持ち前のバイタリティーで頑張る所が素敵です。性格がカッコいいんですよ、ホント。一巻のテーマは水と出汁。グルメ漫画並みの表現あったりと面白いです❗#のんつれ読書会 https://t.co/Jk3lOAkuNQ
ko10baずっと同じ道を歩けると思っていても、歩けないこともある。一緒には歩けないだろうと思っていても、やってみたら以外に歩き続けられることもある。一緒に歩けたとしても、途中で一緒に歩けなくなったとしても、その歩いた時間だけは二人とも幸福よ。『銀砂糖師と黄の花冠』三川みり
__INES____榎田先生の宮廷神官シリーズとか、彩雲国とか、私ががっつりハマってた頃のビーンズの本が最近角川で読めて嬉しい。三川みり先生とか喜多先生とかも角川で書いてるし、フシノ先生も晩ご飯シリーズ売れてたりするからエドワードの方の貴族探偵も角川から出してくれないかなー。
chitoce_ronoあ、「シュガーアップルフェアリーテイル」シリーズはいいぞ…!ビーンズ文庫、三川みり先生です。
jardin_de_livreブログ更新:『一華後宮料理帖』三川みり小辛風味です(笑)。封鬼花伝で折られた心を引きずってるなぁ…( ´,_ゝ`)←https://t.co/AJXDIdsGGi
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三川みりさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)