トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 橘玲

橘玲

橘玲さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

橘 玲(たちばな あきら、男性。1959年 - )は、日本の作家。本名は非公開。早稲田大学第一文学部卒業。元・宝島社の編集者。日本経済新聞で連載を持っていた。海外投資を楽しむ会創設メンバーの一人。2006年「永遠の旅行者」が第19回山本周五郎賞候補となる。デビュー作は経済小説の「マネーロンダリング」。投資や経済に関するフィクション・ノンフィクションの両方を手がける。2010年以降は社会批評や人生論の著作も執筆している。
=
*『マネーロンダリング』(幻冬舎 2002年)のち文庫 
*『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎 2002年)
*『得する生活』(幻冬舎 2003年)
*『雨の降る日曜は幸福について考えよう』(幻冬舎 2004年)※2009年に『知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語』のタイトルで文庫化。
*『永遠の旅行者』(幻冬舎 2005年)のち文庫 
*『臆病者のための株入門』(文春新書 2006年)
*『マネーロンダリング入門 国際金融詐欺からテロ資金まで』(幻冬舎新書 2006年)
*『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋 2007年)のち文庫 
*『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社 2008年)のち講談社+α文庫
*『貧乏はお金持ち 「雇われない生き方」で格差社会を逆転する』(講談社 2009年)のち講談社+α文庫
*『亜玖夢博士のマインドサイエンス入門』(文藝春秋 2010年)のち文庫 
*『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』(幻冬舎 2010年)のち文庫 
*『大震災の後で人生について語るということ』(講談社 2011年)※2013年に『日本人というリスク』講談社+α文庫
*『(日本人)』(幻冬舎 2012年)のち文庫 
*『臆病者のための裁判入門』(文春新書 2012年 ISBN 978-4166608836)
*『不愉快なことには理由がある』(集英社 2012年 ISBN 978-4087806632)
*『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(ダイヤモンド社 2014年 ISBN 978-4478024379)
*『タックスヘイヴン』(幻冬舎 2014年 ISBN 978-4344025639)
*『臆病者のための億万長者入門(文春新書 2014年 ISBN 978-4166609703)
*『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ 2015』幻冬舎 2014
*『バカが多いのには理由(ワケ)がある』(集英社 2014年 ISBN 978-4087807288)
*『橘玲の中国私論-世界投資見聞録』(ダイヤモンド社 2015年 ISBN 978-4478029749)
*『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する』(筑摩書房 2015年 ISBN 978-4480816795)
*『言ってはいけない 残酷すぎる真実』新潮新書 2016
*『80's エイティーズ ある80年代の物語』太田出版 2018

受賞歴

橘玲関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

橘玲関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yume_kai_bitoすでにそういう世の中かもね。。。(^^;定年はなくなる 生涯現役だけが安心老後の道(橘玲) : NIKKEI STYLE https://t.co/b15E4ZVU6X
oomikoukou新築プレミアムというのを橘玲さんが、言ってた。もちろんマンションの。 https://t.co/vn6VHfpzsS
time320相場始めたい人は山崎元さんと橘玲さんの本を数冊読むことを進めている。
dailyshincho【いま読まれています】「アル中」「精神病」は遺伝するのか 作家・橘玲氏が「不愉快な真実」を書く理由https://t.co/5bfJtubY7J遺伝のネガティブな面について語られることは少ないが、同書では「犯罪と遺伝」「精神病と遺伝」といったテーマについても、欧米の研究など…
hurusawarma「アル中」「精神病」は遺伝するのか 作家・橘玲氏が「不愉快な真実」を書く理由 https://t.co/pKlCWWrAut #デイリー新潮
PANIPONI_bot「個人的にはキャンキャン泣いてるところが見てみたいわ」橘玲
goferrari橘玲って何歳やねん。考え方が古臭くね?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)