トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿川佐和子

阿川佐和子

阿川佐和子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿川 佐和子(あがわ さわこ、1953年11月1日 - )は、日本のエッセイスト、小説家、タレント。
阿川弘之の長女として東京都に誕生。幼少期(2歳)の1年間は広島市の伯母宅で育ったのち、東京の中野区鷺宮、新宿区四谷へと移る。東洋英和女学院中学部・高等部、慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業。
卒業後は織物職人を目指し、その過程で様々なアルバイトを経験。1981年、『朝のホットライン』でリポーターを務め、1983年より『情報デスクToday』のアシスタントを務める。1989年からは『筑紫哲也 NEWS23』のキャスターを務める。1992年に米国ワシントンへ渡り、帰国後は『報道特集』のキャスターとなる。硬派な報道番組に出演し続けていたため「報道キャスター」のイメージが強かったが、1998年『ビートたけしのTVタックル』の進行役でビートたけしや大竹まことを筆頭に浜田幸一、三宅久之などの強烈な共演者に臆することなく適度にツッコミを入れつつ進行に徹する姿がうけ、タレント性の才能も引き出される。
2012年、エッセイ『聞く力』(文春新書)を上梓(同書はトーハン発表の「2012年年間ベストセラー」総合1位を記録し、「2013年年間ベストセラー」においても総合3位を記録した)。
2015年3月15日には、博物館明治村の4代目村長に就任し、初の女性村長となる。
檀ふみとは同じ大学出身、かつ父親が有名作家同士であるなど共通点が多いために親密であり、共著も多くCMでも共演している。
2017年5月9日に元・大学教授との婚姻届を提出、結婚したことが報道された。

受賞歴

阿川佐和子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿川佐和子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nuenonamaeほほー、ゴマの香りが効いて、こんがりスパム肉との上品な味のコンビネーションだ。「ハワイで食べるとご飯にふりかけが混ぜてあって少し甘いんですけど、今日はゴマとマヨネーズを混ぜて握りました」阿川佐和子「魔女のスープ」スパむすび
nanssyi@kikuchiko 今日はお疲れ様でした!!菊地先生とふなちゃんとの対談は何故か私は阿川佐和子さんとふなちゃんのNHKの対談を思い出しました。菊地先生はお話する力は勿論の事、聞く力もおありなんだなと思いました。是非又、宜しくお… https://t.co/uLS8ToGfcz
mochigitegui今週?から読売新聞の連載小説の作家が阿川佐和子に変わったみたいなんだけど、企画段階で和田誠の体調がよかったら挿絵は和田誠だったのかなとか考えてしまった
doramamaker阿川佐和子女史が、お父様のお友達だった志賀直哉御大から贈られたランドセル、真っ黒で本人は当時は嫌だったらしいけど、6年間全く潰れもせず綺麗なままだったらしい。オーダーメイドだったのかな❓博物館で展示し欲しいプレゼント
kodamemo阿川佐和子「男の人はね、人の話を聞いたら何でお礼をっていうか、リスポンスをするかっていうと、その話の解決策を相手に伝えることが、その人に対する親切だと思ってるんだって。割にそういう人が多いんだって」
ttichitc1仕事が楽しくなるかどうかは、人間関係の悩みをどう乗り越えるかにかかっている。≪阿川佐和子≫
love26602416[一流芸能人の名言から学ぶ]  「仕事が楽しくなるかどうかは、人間関係の悩みをどう乗り越えるかにかかっている。 by阿川佐和子」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)