トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海

若竹七海

若竹七海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

若竹 七海|わかたけ ななみ|1963年。立教大学文学部史学科卒。夫は評論家(バカミスの提唱、ミステリ映画の研究で知られる)の小山正。
大学在学中はミステリクラブに所属しており、木智みはる名義で創元推理文庫の折り込み冊子『紙魚の手帳』で「女子大生はチャターボックス」という書評のコーナーを担当していた。大学卒業後、業界紙の編集部などに勤務し、5年のOL生活を経て1991年『ぼくのミステリな日常』でデビュー。『夏の果て』(『閉ざされた夏』と改題して93年刊行)で第38回江戸川乱歩賞最終候補。本格推理小説、ハードボイルド、コージー・ミステリ、ホラー、パニック小説、歴史ミステリーと多彩な作風だが、その中で一貫して人の心の中に潜む悪意を描いているところに特徴がある。

受賞歴

若竹七海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

若竹七海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Masayuki_TT@coron13shibaenu 私はエラリー・クイーンの国名シリーズとコナン・ドイルのシャーロック・ホームズが活躍するシリーズも好きです。国内ですと若竹七海氏の書く葉村晶という不幸な探偵が活躍するハードボイルドなシリーズと、大倉… https://t.co/xHlRpYMt6x
mysterytitle心の中の冷たい何か(若竹七海)
forever170713左様。中国にこういう言葉あります。『一筋の小さな川、やがて大海に通じる』と。どんなささやかな事柄でも、見逃すことなりません。正しい川を選びさえすれば、やがて真実の答え見出すことかないます。 若竹七海『海神の晩餐』
east_Nozaki若竹七海の「依頼人は死んだ」読了。女探偵葉村晶シリーズの短編集です。個人的に残酷で人間の憎悪に痺れたのが「鉄格子の女」ですね。芸術家の残した絵画、その絵画に描かれた女の謎…。実際にありえないかもしれないし、ありえるかもしれない。激情のぶつけかた、その発想が大変よかったです。
yoshipiro4やっと書ける、「依頼人は死んだ」読了!“あいま読み”だったので時間かかりました
emimumemo【読了】『錆びた滑車 (文春文庫)』 若竹七海 https://t.co/wmizFqFFew #booklog
quiliup【悪いうさぎ/若竹 七海】【葉村晶シリーズ③】ドラマ以上にのしかかる暴力と精神的ダメージ…最悪の9日間の物語。タフなのか?いや違うだろう。頭が朦朧とする中でよく切り抜けたものだ。単純な家出人捜索… → https://t.co/LqefraA8Ex #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)