トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海

若竹七海

若竹七海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

若竹 七海(わかたけ ななみ、1963年。立教大学文学部史学科卒。夫は評論家(バカミスの提唱、ミステリ映画の研究で知られる)の小山正。
大学在学中はミステリクラブに所属しており、木智みはる名義で創元推理文庫の折り込み冊子『紙魚の手帳』で「女子大生はチャターボックス」という書評のコーナーを担当していた。大学卒業後、業界紙の編集部などに勤務し、5年のOL生活を経て1991年『ぼくのミステリな日常』でデビュー。『夏の果て』(『閉ざされた夏』と改題して93年刊行)で第38回江戸川乱歩賞最終候補。本格推理小説、ハードボイルド、コージー・ミステリ、ホラー、パニック小説、歴史ミステリーと多彩な作風だが、その中で一貫して人の心の中に潜む悪意を描いているところに特徴がある。

若竹七海新刊

  • 発売日
    2019年7月4日
  • 書名
    ([わ]3-1)プラスマイナスゼロ (ポプラ文庫)
  • 発売日
    2019年4月16日
  • 書名
    ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    殺人鬼がもう一人

受賞歴

若竹七海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

若竹七海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yukika_tsuki若竹七海『ヴィラ・マグノリアの殺人』読了。架空の町・葉崎市にあるアパート〔ヴィラ葉崎マグノリア〕を舞台の中心とした長編コージーミステリ。アパートの一室で指紋と顔を潰された正体不明の男の死体がいきなり発見されて、癖の強い住人達への警… https://t.co/5utsS4UErf
YOKO4014「錆びた滑車」若竹七海著読了。葉村晶シリーズ。このシリーズ大好き。登場人物は食えない人たちばかりだし結末も楽しいことばかりではない。我らが探偵も貧乏と怪我と加齢にへこたれそうになる。でも転んでもタダでは起きない。諦めない。末長… https://t.co/e4c3xBXbFs
mzt_kn_2思い立って本屋寄ったら若竹七海先生の文庫本出てた〜やった〜〜
sIP6e4iRtSNmNGs若竹七海さんの「殺人鬼がもう一人」面白かった
070vv4若竹七海「錆びた滑車」寝る前にちょっと読むか、と読み始めたがあまりにおもしろくて最後まで読み切ってしまった。若竹七海は大好きだけど、いやーすごい。
chaku_deba若竹七海先生の『殺人鬼がもう一人』を読み終えた。図書館で予約してからとても待たされた。これもう借りられないんじゃないかと思っていたら借りられた。まだ予約が続いているから、はよ返却せいとのことだったので明日、返却してくる。とてもおもしろかった。表題作の短編がとくによかったわ。
noji2207若竹七海『殺人鬼がもう一人』を読む。まともではない警官が吹き溜まっている田舎の警察署を舞台にした悪徳警官ものなのだが、若竹さんのどこか温かみのある文体がストーリーと微妙な距離感をたもってユーモアさえ感じられ、非常におもしろく読んだ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)