トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海

若竹七海

若竹七海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

若竹 七海(わかたけ ななみ、1963年。立教大学文学部史学科卒。夫は評論家(バカミスの提唱、ミステリ映画の研究で知られる)の小山正。
大学在学中はミステリクラブに所属しており、木智みはる名義で創元推理文庫の折り込み冊子『紙魚の手帳』で「女子大生はチャターボックス」という書評のコーナーを担当していた。大学卒業後、業界紙の編集部などに勤務し、5年のOL生活を経て1991年『ぼくのミステリな日常』でデビュー。『夏の果て』(『閉ざされた夏』と改題して93年刊行)で第38回江戸川乱歩賞最終候補。本格推理小説、ハードボイルド、コージー・ミステリ、ホラー、パニック小説、歴史ミステリーと多彩な作風だが、その中で一貫して人の心の中に潜む悪意を描いているところに特徴がある。

若竹七海新刊

  • 発売日
    2019年4月16日
  • 書名
    ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    殺人鬼がもう一人

受賞歴

若竹七海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

若竹七海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

simoyuzu1若竹七海『ぼくのミステリな日常』読了。順に並んであるものを見るとこれは本当に正しい順番なのか……? と考えてしまうのがミステリ好きの性。社内報の連載短編小説を読む形式というのも面白いです。短編だけ切り取って見ても面白いお話なので… https://t.co/CapPeOMqWr
honyasangasuki夫に「一緒に観に行こう」と言われてる映画『BOOK SHOP』の原作買ってきた。若竹七海『錆びた滑車』も。どちらも、先日買おうと手に取りながら(積ん読から読もう)と、平台に戻したのだ。本も食事と同じで、気分に左右される。
tekuno0260ナディアに法月、若竹七海、〈私〉、刈谷青年まである時期のTS社のオールスターなんで、期待したのになぁ。あぁ、自分は例の「堕天使」のやつは好きではありません、悪しからず「警察官に聞け」「殺人混成曲」でもぶちぶち文句いってたな、このアカウント。。
nuttarifan【暗い越流 (光文社文庫)/若竹 七海】どれを読んでも高水準で外れなし。ブラック感増し増し。結局一番怖いのは人間。 → https://t.co/zpOjDEw4jP #bookmeter
QMA_Mys_Bot1[四択]東京創元社から刊行された『競作五十円玉二十枚の謎』は誰の大学時代のエピソードを元に募集された推理小説集? → 若竹七海/加門七海/松尾由美/青井夏海
in0shika病院の待合室でサンデー毎日読む。受験期のランキングが載ってる雑誌、くらいの印象しかなかったが、コラムがいろいろ面白い。書評関連ページの、若竹七海さんや壇蜜さんのインタビューが特に。
Yui_mei_mung図書館に予約してた本も届き、読み終わったし、購入して後回しにしてた、「錆びた滑車 若竹七海先生」の本をじっくりと読むとしよう。夜更かし&明日は日曜日。٩(ˊᵕˋ)و
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)