トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海

若竹七海

若竹七海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

若竹 七海(わかたけ ななみ、1963年。立教大学文学部史学科卒。夫は評論家(バカミスの提唱、ミステリ映画の研究で知られる)の小山正。
大学在学中はミステリクラブに所属しており、木智みはる名義で創元推理文庫の折り込み冊子『紙魚の手帳』で「女子大生はチャターボックス」という書評のコーナーを担当していた。大学卒業後、業界紙の編集部などに勤務し、5年のOL生活を経て1991年『ぼくのミステリな日常』でデビュー。『夏の果て』(『閉ざされた夏』と改題して93年刊行)で第38回江戸川乱歩賞最終候補。本格推理小説、ハードボイルド、コージー・ミステリ、ホラー、パニック小説、歴史ミステリーと多彩な作風だが、その中で一貫して人の心の中に潜む悪意を描いているところに特徴がある。

若竹七海新刊

  • 発売日
    2018年8月3日
  • 書名
    錆びた滑車 (文春文庫)

受賞歴

若竹七海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

若竹七海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

SATO0205U若竹七海さんのスクランブルって本好き
Buecherregal_あまりにも暑すぎて若竹七海
umh_【ヴィラ・マグノリアの殺人 (光文社文庫)/若竹 七海】初めての若竹七海作品。イメージしていたのと違ってどたばたしていた。後半のおいかけっこのシーンは何故たか「サザエさんかよ」と思った。 → https://t.co/8VbqHdWaQn #bookmeter
koyarinoma@miya_mazki 偏ってて申し訳ないですが「クール・キャンデー」若竹七海「往復書簡」湊かなえ「ユリゴコロ」沼田まほかるどれも衝撃的でした。
raisen_bot2_qmaNo.57 次のミステリー作家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい⇒若竹七海―ぼくのミステリな日常、今邑彩―卍の殺人、小森健太朗―コミケ殺人事件
novelist_debut●若竹七海 『ぼくのミステリな日常』 (1991年3月)
yurindo_hashimo【文庫】文春文庫「静かな炎天」若竹七海著 猛暑日にぴったりの1冊をご紹介します。タフでクールで有能だが、とにかく不運な女探偵葉村晶シリーズ。炎天下、四十肩の体にムチ打ち働く探偵の活躍を、ぜひ冷房の効いた室内で楽しみましょう。(O)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)