トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海

若竹七海

若竹七海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

若竹 七海(わかたけ ななみ、1963年。立教大学文学部史学科卒。夫は評論家(バカミスの提唱、ミステリ映画の研究で知られる)の小山正。
大学在学中はミステリクラブに所属しており、木智みはる名義で創元推理文庫の折り込み冊子『紙魚の手帳』で「女子大生はチャターボックス」という書評のコーナーを担当していた。大学卒業後、業界紙の編集部などに勤務し、5年のOL生活を経て1991年『ぼくのミステリな日常』でデビュー。『夏の果て』(『閉ざされた夏』と改題して93年刊行)で第38回江戸川乱歩賞最終候補。本格推理小説、ハードボイルド、コージー・ミステリ、ホラー、パニック小説、歴史ミステリーと多彩な作風だが、その中で一貫して人の心の中に潜む悪意を描いているところに特徴がある。

若竹七海新刊

  • 発売日
    2019年4月16日
  • 書名
    ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    殺人鬼がもう一人

受賞歴

若竹七海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

若竹七海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tokka16g『暗い越流』 若竹七海読了ジャケットの写真も書体も、昭和の文芸映画(偏見)かって位地味だが、内容は葉村シリーズあり、イヤミス風ありで、ガツッとした読み応えラストの書き下ろしは、かなり趣味趣向が滲み出ててニヤリ
M0509N0829M若竹七海さんとのコラボとな。暗い越流は何年前なのか忘れたけど、あっと言う間に読んじゃったなぁ。良い作家さんですよね。 https://t.co/t0p0u3mAq4
readingaddict_h【悪いうさぎ (文春文庫)/若竹 七海】思ってたより斜め上に面白かった。斜め上に猟奇的で。 → https://t.co/tlxiLhwPTJ #bookmeter
_Havona若竹七海『暗い越流』光文社文庫。女探偵・葉村晶シリーズとノンシリーズのミックス短編集。『蝿男』『暗い越流』『幸せの家』『狂酔』『道楽者の金庫』の5編を収録。毎度、毎度、葉村晶は変な依頼を受け、痛い目を見るなという印象だけでそれ以上が感想は無く、無味無臭のミステリー短編という感じ。
tomo_el若竹七海「葬儀の裏で」読了電子雑誌「ジャーロ No.62」特集「げに恐ろしきは人の心なり」より本家を束ねる老女サクラが親戚中が集って賑わう地方旧家の葬儀を回想するところから始まる何者かに頭をかち割られ意識不明のまま死んだ姉の… https://t.co/WcuWsZ0CUX
amedemo_h若竹七海さんの『殺人鬼がもう一人』を読み始めた「事件も事故もめったに起きないのどかな町」なのはずなのに、どんどこ量産されていく悪事の気配におののくまだ40ページなのにアクセル踏むなあ
Xp5ELgdmuJeDK07錆びた滑車 / 若竹七海著 読みました
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)