トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海

若竹七海

若竹七海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

若竹 七海(わかたけ ななみ、1963年。立教大学文学部史学科卒。夫は評論家(バカミスの提唱、ミステリ映画の研究で知られる)の小山正。
大学在学中はミステリクラブに所属しており、木智みはる名義で創元推理文庫の折り込み冊子『紙魚の手帳』で「女子大生はチャターボックス」という書評のコーナーを担当していた。大学卒業後、業界紙の編集部などに勤務し、5年のOL生活を経て1991年『ぼくのミステリな日常』でデビュー。『夏の果て』(『閉ざされた夏』と改題して93年刊行)で第38回江戸川乱歩賞最終候補。本格推理小説、ハードボイルド、コージー・ミステリ、ホラー、パニック小説、歴史ミステリーと多彩な作風だが、その中で一貫して人の心の中に潜む悪意を描いているところに特徴がある。

受賞歴

若竹七海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

若竹七海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kozukataミステリマガジン11月号クリスティー特集、まずは目利きが選ぶこの短篇、若竹七海さん選・解説は〈あなたは幸せ?でないなら、パーカー・パイン氏にご相談を〉の広告で依頼人の相談に奇想天外な答えを示すパーカー・パインシリーズから「大金持ち… https://t.co/XU2o3hCKAB
raisen_bot2_qmaNo.57 次のミステリー作家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい⇒若竹七海―ぼくのミステリな日常、今邑彩―卍の殺人、小森健太朗―コミケ殺人事件
kobouzu6@kumamuta 若竹七海『プラスマイナスゼロ』『ぼくのミステリな日常』米澤穂信『氷菓』(アニメ化)『春期限定いちごタルト事件』北村薫『空飛ぶ馬』坂木司『空色の卵』『和菓子のアン』田牧大和『甘いもんでもお… https://t.co/wSe011PyAI
___CityLights悪いうさぎ/若竹七海ストーリーはとてもおもしろく、読み始めたら止まらなかった。しかし、後味はあまり良くない。事件の真相が明らかになるにつれて読み手のテンションは下がってくる。表紙はかわいいのにストーリーはかわいくない
takatiho_kiyoサンタクロースのせいにしよう/若竹七海やっぱり若竹作品は会話のテンポと言葉選びがいい!明確なミステリ作品でありつつもトリックに全比重を置くのではないという作品のあり方、そして名探偵の不在という点は心に新しかった
train6302020年41冊目『殺人鬼がもう一人』若竹七海 https://t.co/lIGb2aXghn
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)