トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 日下三蔵

日下三蔵

日下三蔵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

日下 三蔵(くさか さんぞう、1968年2月21日 - )は、ミステリ・SF研究家、アンソロジスト、フリー編集者。本名は溝畑康史。日本推理作家協会、本格ミステリ作家クラブ各会員。日本SF作家クラブ会員。
1968年、神奈川県生まれ。横須賀市育ちで栄光学園高等学校卒業。レビュアーの風野春樹は高校の同級生。
専修大学文学部卒業。ワセダミステリクラブOB。出版芸術社勤務時代に「ふしぎ文学館」シリーズを企画・担当。退社後、フリーの編集者、アンソロジストとして活躍。近年の、山田風太郎をはじめとする「昭和のミステリ、SFの黄金時代の作品の復刻活動」仕掛け人の一人。
また、アニメ・特撮ソングの研究家という一面も持つ。
『天城一の密室犯罪学教程』で第5回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を受賞。
出版芸術社時代に担当した、小森健太朗『ネメシスの哄笑』(1996年)の作中に、本名で探偵役として登場している。翌1997年の小森作品『眠れぬイヴの夢』(トクマ・ノベルズ)にも登場。
2008年からは大森望との共編で《年刊日本SF傑作選》(創元SF文庫)を編纂している。またその関連企画として2009年に創設された創元SF短編賞の選考委員を大森と共に務めている。2016年度から2018年度まで日本SF大賞選考委員。
2019年、聞き手・編集を担当した『筒井康隆、自作を語る』で第50回星雲賞(ノンフィクション部門)受賞。2020年、第40回日本SF大賞において、大森望と共編の『年刊日本SF傑作選』が特別賞を受賞。

受賞歴

日下三蔵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

日下三蔵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yuichiminami出典:日下三蔵編 筒井康隆コレクションⅢ 筒井康隆著『欠陥大百科』p179
E1FcKPcCOGQEBlLそういえば、昨夜のリモート新年会で、黒岩重吾や三好徹や邦光史郎とか、全く読んでないなどという話をしたのだった。多分、日下三蔵編の異色作家短編シリーズの流れだったかな?かなり酔ってからだったので、あまり覚えてないぞ。
SuzukiJunzoINFO無事着弾!今更ですが「みみのこと」のバンド名はコミさんの「ミミのこと」から頂いてます。これには入ってないけど。『幻の女』田中小実昌/日下三蔵編/ちくま文庫/2021 #KomimasaTanaka Selected short… https://t.co/ziynsgWV5G
aNmiNreNtaN大きな図書館ならだいたいどこにでも置いてある本なので、決して稀覯本ではないのですが、一般のミステリファンにとってよく知られた本というわけでもなく、読んでおけばそれなりに自慢できる(もちろん、日下三蔵氏や小森収氏クラスの人に向かって自慢できるわけではありません。為念)でしょう。
kurono_honsuki日下三蔵さん本いっぱい買ってるな。もったいない本舗ワイもよく使ってる。
Y_KATSUKI[ゲスト]森下一仁さん(SF作家、SF評論家)、井上雅彦さん(作家)、日下三蔵さん(アンソロジスト)、香月祥宏さん(レビュアー)異形編が井上さんと日下さん、年間回顧編が森下さんと私ということになると思います。ファン交、10数年ぶりの参加ですが、それだけ続いてるのがすごい。
HisadomeK大阪圭吉『銀座幽霊』同『とむらい機関車』同『死の快走船』大坪砂男、日下三蔵(編)『大坪砂男全集』紀田順一郎『古本屋探偵の事件簿』紀田順一郎・東雅夫(編)『日本怪奇小説傑作集』北村薫《円紫さんと私シリーズ》高城高『高城高全集』同《函館水上警察シリーズ》
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)