トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川村元気

川村元気

川村元気さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川村 元気(かわむら げんき、1979年3月12日 - )は、日本の映画プロデューサー、小説家、脚本家、映画監督、絵本作家。STORY株式会社代表取締役プロデューサー、東宝株式会社映画企画部映画企画室室長。
日本大学芸術学部を出て日活で助監督を務めたが挫折した経験を持つ父から、映画の英才教育を受ける。3歳の時に人生で初めて見た映画は、当時のスティーヴン・スピルバーグの最新作『E.T.』。この頃から、クリスチャンの母の勧めで旧約・新約聖書を読むことも始める。家庭の方針によって、自宅にテレビがなく、幼稚園にも保育園にも行かなかった。小学校に上がると、毎週土日に父と名作映画を見続けるのが習慣となった。高校・大学時代にはレンタルビデオ店に通い詰め、ピーク時は、年500本を鑑賞した。
横浜市立金沢高等学校2001年、東宝入社。入社当初は大阪の難波南街の劇場でチケットのモギリの仕事をしていたが、社内の企画募集に応募したことでプロデューサーになる。
2005年、26歳で映画『電車男』を企画・プロデュースし、37億円の興行収入を記録した。
2008年、『デトロイト・メタル・シティ』を企画・プロデュースし、23億円の興行収入を記録。
2010年、『告白』『悪人』を企画・プロデュース。『告白』は38億円の興行収入を記録し、日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか、米アカデミー賞外国語映画賞日本代表に選出される。『悪人』は19.8億円の興行収入を記録し、キネマ旬報日本映画ベストテン第1位に選出されたほか、モントリオール世界映画祭にて最優秀女優賞を受賞した。
同年、米ハリウッド・リポーター誌の「Next Generation Asia 2010」にプロデューサーとして選出された。
2011年、「藤本賞」を史上最年少で受賞。
同年、映画『モテキ』を企画・プロデュースして22.2億円の興行収入を記録。
2012年、初小説『世界から猫が消えたなら』で作家デビュー。
2013年、佐野研二郎との共著の絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』を上梓。同作はNHKにて『ふうせんいぬティニー』としてテレビシリーズアニメ化される。
2014年、BRUTUS誌に連載された小説第2作『億男』、そして絵本第2作『ムーム』を上梓。同年、宮崎駿、坂本龍一ら12人のクリエイターとの対話集『仕事。』を発表。
2016年、初小説『世界から猫が消えたなら』が映画化され、140万部を突破(2018年時点)。同年、絵本『ムーム』が、『Dam Keeper』にて米アカデミー賞にノミネートされたRobert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化され、32の国際映画賞を受賞。
同年、小説『億男』の中国での映画化が決定。そして、週刊文春にて連載された小説第3作『四月になれば彼女は』を上梓。
同年、『君の名は。』『怒り』『何者』を企画・プロデュース。『君の名は。』は観客動員1900万人、興行収入250億円を超える大ヒットになり、中国、韓国、台湾等でも歴代の日本映画の最高興行収入を記録。欧米においても、第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞 長編アニメーション賞、第49回シッチェス・カタロニア映画祭 アニメーション部門 最優秀長編作品賞などを受賞し高く評価された。
2017年、「藤本賞」を再び受賞。「渡辺晋賞特別賞」を受賞。
同年、The Chainsmokers & Coldplay『Something Just Like This』のミュージック・ビデオを監督。
東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム(計8人)のメンバーに就任。
2018年、38作目となる劇場版『ドラえもん のび太の宝島』の脚本を担当し、脚本家デビュー。これまでのシリーズ最高興収である44.3億円を超える興収48億円を記録する大ヒットとなった。
同年、佐藤雅彦らと製作した初監督作品『どちらを選んだのかはわからないが どちらかを選んだことははっきりしている』(英題:『Duality』)が第71回カンヌ国際映画祭短編コンペテシション部門に出品された。
2019年、『天気の子』を企画・プロデュース。
2020年、ドラえもん50周年記念作品となる『ドラえもん のび太の新恐竜』の脚本を担当。

川村元気新刊

  • 発売日
    2020年2月6日
  • 書名
    小説 映画ドラえもん のび太の新恐竜 (小学館文庫)

受賞歴

川村元気関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川村元気関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kana_henho『百花』川村元気著。楽しみに読んだのに期待外れ。結局なにを描きたかったんだろう?親子関係も夫婦関係も恋愛関係も認知症のことも、美しい表現が度を越して薄ら寒さすら感じた。けれどもしかしたら、こういった類は映像で表現したらしっくりくるのかもしれないとも思った。
korimakorimaピンクバレンタイン誕生の背景は“価値観の混ざり合い” 川村元気さん https://t.co/p5hdATvPTx>『君の名は。』はブルーだったように、僕は映画でも色をテーマにするのは割とやっていてあーキングスマン金色だな
vfa3100_jp川村元気さん「世界から猫が消えたなら」読了。宮崎あおいさんのファンなので映画から入りました。失ってから初めて、当たり前のようにある自分の周りの物の大切さに気づく。色々と考えさせられました。 #読了
Acperience33@wako3999 さらにその後プロによる究極の二次創作みたいな作品であるのび太の月面探査記をぶっ込んでくる辺り、ドラえもんの映画はホント侮れないんですよね…個人的に大嫌いな川村元気を起用するのが惜しいですけど…。
nakamaaru_asahiなかまぁる #認知症 に関するお役立ち情報をご紹介します。今日2月17日の注目コンテンツは?「川村元気「会話から生き様がわかる」アラフォーと認知症(3)」https://t.co/XYHMnBwJdR
peeterpooker申し訳ございませんのび太の新恐竜コロコロコミックにて川村元気先生脚本むぎわらしんたろう先生漫画藤子・F・不二雄先生原作で連載されておりましたm(_ _)m◯この続きは映画館で目撃せよ‼︎ https://t.co/jm7zWlPwFo
yankonice世間ではバカ受けしてるけど自分には壊滅的に合わない脚本家 川村元気 細田守 中島かずき
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)