トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三雲岳斗 > アース・リバース

アース・リバース(三雲岳斗)

アース・リバース(著者:三雲岳斗)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:アース・リバース (角川スニーカー文庫)
  • 著者:三雲 岳斗
  • イラストレーター:中北 晃二
  • ページ数:262
  • 出版社:角川書店
  • ISBN-10:4044241015
  • ISBN-13:9784044241018

三雲岳斗新刊

  • 発売日
    2019年7月8日
  • 書名
    ストライク・ザ・ブラッド20 再会の吸血姫 (電撃文庫)
  • イラストレーター
    マニャ子
  • 発売日
    2019年6月8日
  • 書名
    ストライク・ザ・ブラッド20 再会の吸血姫 (電撃文庫)
  • イラストレーター
    マニャ子

アース・リバース関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.9.2 「セクシーすぎるでしょ2人とも」 島本理生の小説『Red』が夏帆&妻夫木聡で映画化決定!

    直木賞作家・島本理生の小説『Red』が、夏帆と妻夫木聡の出演で映画化されることが決定。2人のビジュアルも解禁され、「何この距離感! めっちゃドキドキする!」「大好きな小説だからこの2人が演じてくれて嬉しい」と注目を集めている。

  • 2019.7.9 【今週はこれを読め! SF編】何度も滅びて再興する三体世界の文明、それが地球にもたらすもの

    質・量ともに中国の現代SFの隆盛がめざましい。その頂点に位置するメガヒット作が本書『三体』だ。もとはSF専門誌〈科幻世界〉に連載されたもので、2008年に単行本が刊行。続篇の『黒暗森林』『死神永生』と併せ、これまでに2100万部を売り上げたとも言われている。ケン・リュウの手による英訳版はヒューゴー賞を射止めた。おそらく今世紀に入ってからいままでのSFシーンにおいて最高の話題作だ。

  • 2019.6.25 【今週はこれを読め! SF編】もはやそれほど危険ではないが、アイデア・ストーリーとして面白い

    アメリカSFはその揺籃期(二十世紀の幕開けから1920年代)において、科学技術ホビイストあるいはティーンエイジャーむけの大衆文芸として発展してきた。その後、1930年代末の〈アスタウンディング〉誌でのキャンベル革命、1950年代初頭の〈F&SF〉や〈ギャラクシー〉での文芸的洗練があり、読者層も大きく広がるのだが、作品が扱うテーマや表現面における自己検閲(作家自身による、または編集者による)は根強く残っていた。SF界の風雲児ハーラン・エリスンは、そうした風潮に敢然と叛旗を翻し、このオリジナル・アンソロジーを企画した。

三雲岳斗のその他受賞歴(候補含む)

アース・リバース関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)