トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高田大介 > 図書館の魔女

図書館の魔女(高田大介)

図書館の魔女(著者:高田大介)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

図書館の魔女関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

図書館の魔女関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mirrored_button高田大介「図書館の魔女」講談社文庫第四巻より。久々に読んでどうしてもこの文を書き写したかった。「別れ」というものの必然性を、私にとって最も分かりやすく説いてくれた言葉。インクはセピアと夜明けに似た色彩雫の稲穂。 https://t.co/zjSN5Kpn90
10Baumocho3. 高田大介『図書館の魔女』(講談社文庫)最高。なにもかも。人生で最後に読むのはこの本がいい。国と国の駆け引きをする物語の土台も面白いうえに、わたしにはやっぱり言葉の物語に思える。伝えること、言葉とはなにか、捨てちゃいけない… https://t.co/nSYQZjEl76
Honey_Citron【本棚登録】『図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)』高田 大介 https://t.co/JEGysKXgIc #booklog
gohan_bo_n_to「わたしは遊びといったら沢に下りるのより好きなことはなかったですよ。魚やら沢蟹やら、たいがい何かしら食べるものが捕れる訳ですしね」――どうあっても食べることから離れられないんだね。(『図書館の魔女』高田大介)
nanase_sousakuあと超個人的に、『紅牙のルビーウルフ』『ひとしずくの星』の淡路帆希先生と、『図書館の魔女』の高田大介先生と、『星をさがして』『楽園まで』の張間ミカ先生は絶対に外せない。死ぬまで本棚の一番良いところに置いておきたい作品です。
If54tguTap6xsp8読了ツイートサボってしまった三冊。面白かったです。「図書館の魔女 第三巻」高田大介「家族シアター」辻村深月「人魚の眠る家」東野圭吾図書館の魔女は続きものなので置いておくとしても、あとの二冊はとても後味が良く温かい気持… https://t.co/YJuBt7JLOu
oodeyuuki【図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)/高田 大介】語られない人物の生きざまに、過ぎ去った時間の営みに敬意を払えるか、という点が(私にとっての)物語の価値を決める。「天才」というキャラクターを与… → https://t.co/KcFHvrS9Jm #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)