トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高田大介 > 図書館の魔女

図書館の魔女(高田大介)

図書館の魔女(著者:高田大介)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

図書館の魔女関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

図書館の魔女関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

violet1music高田大介『図書館の魔女』読了。確かな知性と教養を感じさせる精緻で静謐な描写が、古式ゆかしい文章が、魅力たっぷりに描き出す架空の国と人々と文化。繁栄の歴史。言語の成り立ち。ここには言葉が渦巻き、言葉とは何か、知識とは何かを物語る。一つの出逢いから別れまでのドラマ。思う存分堪能した。
echo3i_r高田大介さんの「図書館の魔女」の話を親友にした際、「手を使って会話ってなんだかICOみたいだね」と言われて、知ったのがきっかけ。図書館の魔女のキリヒトとマツリカとはもちろん違うわけですが、イコが何者かもよくわからないヨルダの手を引く、というのはなんだか胸にじーんと沁みました。
tsumugi1311【図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)/高田 大介】ニザマの陰謀が明らかになったところで一気に話が進みだすのかな?と思いきやマツリカ様が魔導書をこきおろすのに長々ページを費やしていて好きだと思っ… → https://t.co/89ItMNSKuX #bookmeter
subaru_novel『図書館の魔女 烏の伝言 上』高田大介講談社文庫読了
narou_kohya【図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)/高田 大介】を読んだ本に追加 → https://t.co/eJTf8Lw0w2 #bookmeter
sho3dai_gct【読了】『図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)』高田 大介 https://t.co/huyCpfIUBF #booklog
gohan_bo_n_to船旅にあっては、海兵の海上で調達する魚介は文字通りに新鮮そのもの、野趣の溢れる調理法がたったいま獲れた素材を引き立てていた。(『図書館の魔女』高田大介)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)