トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 鈴木英夫

鈴木英夫

鈴木英夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鈴木 英夫(すずき ひでお、1916年5月10日 - 2002年5月2日)は、日本の映画監督。愛知県蒲郡市出身。スリラーとサスペンスの名手とされ、最晩年に再評価された。
1916年(大正5年)5月10日、現在の愛知県蒲郡市に生まれる。家業の船舶運送業を継ぐべく進学するが、映画好きが昂じて、日本大学藝術学部に入学。23歳になる1939年(昭和14年)、卒業と同時に豊田四郎の遠縁を頼って新興キネマ東京撮影所の助監督部に入社し、東宝を経て、大映東京撮影所に移籍。
1941年(昭和16年)、助監督の身分で舟橋聖一の原作を脚色した『母代』が、師匠である田中重雄監督の手によって映画化され、評判になる。1947年(昭和22年)、大映の監督部に昇進し、自作のシナリオを映画化した『二人で見る星』で監督デビュー。つづく『蜘蛛の街』では、初のサスペンス映画を手掛け、一躍大映東京撮影所のホープに躍り出る。同作品は、下山事件にヒントを得て、低予算を逆手にとって、ノースター、街頭ロケや隠し撮りを多用したリアリズム・タッチの演出が斬新であった。38歳を迎える1954年(昭和29年)、東宝に再移籍。同社の中堅監督として文芸ものや喜劇など、あらゆるジャンルをこなすが、その本領は主にスリラーとサスペンスものに発揮された。1962年、広告代理店で働く女性を主人公にした『その場所に女ありて』でサンパウロ映画祭審査員特別賞受賞。1967年の『爆笑野郎・大事件』を最後に、51歳にして映画からテレビ映画に仕事の場を移し、100本以上のドラマを量産した。『傷だらけの天使』(1974年 - 1975年)など、今なおカルトな人気を誇る作品を残している。
劇場用映画の監督としてのキャリアを脱して30年が過ぎ、80代を迎えようとしていた1990年代、三軒茶屋amsで特集上映が行なわれたのを嚆矢として、続々と東京都内を中心にして特集上映が行われ、再評価の機運が高まった。
2002年(平成14年)5月2日、誕生日を前にして死去。85歳没。直前に計画されていたアテネフランセ文化センターでの特集上映が結局追悼上映会になった。

受賞歴

鈴木英夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

鈴木英夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

TOKEIWOTOMETE@_takagi_ 石原忠aka佐原さんの使えなさ、鈴木英夫作品における土屋嘉男さん並みでしたね!!w
positive_shikou人間はペシミズム(悲観主義)を刺激して発奮させるよりも、オプチミズム(楽天主義)をくすぐり、元気にさせる方がより効果的である。(鈴木英夫)https://t.co/sMCqgoaOGj#ポジティブ #positive
stewardtokyo神保町シアター「こわいはおもしろいホラー!サスペンス!ミステリー!恐怖と幻想のトラウマ劇場」特集、観たいのばかりだけど、松竹版「トイレの花子さん」(1995)とあと未見の鈴木英夫監督「彼奴を逃すな」(1956)は必ず観たいです… https://t.co/kFgxOz4iKK
callo1898昨年11月、まるで呪われたように東京不在にて観る事の叶わなかった鈴木英夫作品生涯、たった一度の三浦光雄とのコンビ、サスペンスでもあるしどんな画を展開しているものか?期待大やや立て込み予想される1月末、今度こそ万難排し、神保町へ…『彼奴を逃すな 』(’56東宝)
shimizu4310空飛ぶタイヤ 熊井啓億男 舛田利雄旅猫リポート 畑正憲来る 橋本忍日日是好日 市川準散り椿 森一生食べる女 久世光彦スマホを落としただけなのに 鈴木英夫万引き家族 清水宏家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。… https://t.co/QZ7zmNYMgD
tangesyazen#20世紀の映画を観直す「大番頭小番頭」(1955)監督鈴木英夫鈴木英夫と言えば、超傑作「悪の階段」の監督という事で、暗い基調の映画というイメージなのじゃが、これは呑気な喜劇で有る。まあ、雪村いづみがヒロインという時点で、暗… https://t.co/V0uPmzNH5a
HiroyukiT2488@genkiguitarist うわあ!羨ましい。鈴木英夫さんも素敵な人ですよね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鈴木英夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)