トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉川トリコ

吉川トリコ

吉川トリコさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉川 トリコ(よしかわ トリコ、1977年10月19日 - )は、日本の小説家。静岡県浜松市出身。愛知県名古屋市在住。
愛知淑徳短期大学卒業。在学中は清水良典に学んだ。2004年(平成16年)、『ねむりひめ』で新潮社「女による女のためのR-18文学賞」の第3回大賞と読者賞を受賞。同年、短編集『しゃぼん』にて同社からデビュー。
2007年(平成19年)には、『グッモーエビアン!』を原作とした東海テレビの単発ドラマ『なごや寿ロックンロール〜「グッモーエビアン!」より〜』が放送されたほか、『戦場のガールズライフ』がドラマ化されBSフジで全20話放送されている。
また、2012年(平成24年)12月15日には『グッモーエビアン!』の映画化作品が全国にて公開された。
2013年(平成25年)3月26日より中日新聞のウェブサイト「中日新聞ほっとWeb」で名古屋を舞台とした短編小説「東海百景 吉川トリコの名古屋16話」を連載していた。

吉川トリコ新刊

  • 発売日
    2019年12月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版29号 (2020年1月号) (文春e-book)

受賞歴

吉川トリコ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉川トリコ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

humi_i何となくノリで買ったら、めちゃ面白かった。吉川トリコ『マリー・アントワネットの日記』文章が口語体っていうか、マリー・アントワネットが草生やしたり顔文字やネットスラング使ったりするんだけど、 https://t.co/ze4mg9VQeN
JgE4kpOSdD5pOlUちなみに、この本へと誘ってくれたのは吉川トリコさんによる書評(by #しんぶん赤旗 2020/2/9付)もう読むっきゃないでしょ!と思わせてくれた吉川さん自身の作品も、近いうちに読んでみたくなりました(≧∇≦)
saxeb1ue吉川トリコ『女優の娘』読了。ドキュメンタリー映画を撮られている主人公の視線が、周囲の人間を切り取るカメラ。他人の一生などカメラワークで切り取られた断片でしかないけれど、一瞬でも輝いて見えたカットは大事に記憶にしまわれてる。
Ichie_Mアーはやくパリのキラキラした街並みにドキドキしたい
ri______s05吉川トリコさんのマリー様の日記刺さりすぎてってか共感すぎて共感。文体が大好きなんだな〜リアルにいたらうるさ、うざって思うのかもしれないけど全然うざくないし寧ろすっきりするなんにもイライラしない何回でも読んでられるもう偉人の伝記全部これでいいよそしたら覚えられる世界史最強
bessatsubunshun\ベツブン3月号 本日発売/吉川トリコさん(@bonbontrico)の「夢で逢えたら」の第四話は「恋・レボリューション」。もしかして妊娠? かみぽんがおおいなる決断を下します。https://t.co/ZOcJlDIViThttps://t.co/t1lgAeOZmz
y_Novel_botあらかじめ欠けているものを欲しがるなんて、どうしてそんなことができるだろう。それがどんな感触なのか、どんな素晴らしいものであるのか──あるいはとるにたらない、くだらないものであるかもわからないのに。欠落が完璧であるほど、欲などわかないものだ。(少女病/吉川トリコ)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉川トリコさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)