トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山内マリコ

山内マリコ

山内マリコさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山内 マリコ(やまうち マリコ、1980年11月20日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。
富山県富山市出身。富山第一高等学校卒、大阪芸術大学芸術学部映像学科を卒業後、京都府でライター活動をしていたが、25歳の時に仕事を辞めて上京。
上京から約1年半後の2008年、短編「十六歳はセックスの齢」で第7回R-18文学賞・読者賞を受賞。
2012年、受賞から4年を費やし、同作を含む短編集『ここは退屈迎えに来て』を幻冬舎より刊行。デビュー作ながら樋口毅宏、海猫沢めろん、加藤ミリヤ、大根仁、坂井真紀といった様々なジャンルの著名人から称賛を受け、話題を呼んだ。
『ここは退屈迎えに来て』をはじめ故郷富山をモデルとした地方都市の閉塞感をテーマとした作品が多かったが、地方都市の商店街の再生をテーマとした『メガネと放蕩娘』のように、故郷に好意的な作品も増えてきている。

受賞歴

山内マリコ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山内マリコ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

39NobodyKnows流石に山内マリコ原作だな。自分以外女性だよwだけど客がいない。゚(゚´ω`゚)゚。
MSugiurataisuke「女は無理」でブレーキ 山内マリコさん、あの頃の私へ:朝日新聞デジタル https://t.co/tY2XwgZgum
sunsetJP山内マリコの小説嫌いすぎて新刊で買ったのに読みながら「そんな文句あるなら田舎に帰ってくんな」と暴言をはいて、すぐ捨てたんだけど、近親憎悪な側面はあるのはいなめない。
toyama_piston富山出身の山内マリコさん原作、岨手由貴子監督の「あのこは貴族」めちゃくちゃ素晴らしかった。東京のおハイソ描写からの鉛色の立山連峰デーンに心臓がきゅうう。美紀と同郷の友達・里英との自転車2ケツの場面で体内黒部ダム決壊。その後、里英が登場すると必ず涙チョチョ切れるようになってまう
jyokya_alt山内マリコの小説知らなかったら富山をディスってるとしか思えない画像 https://t.co/Btwm1cHs9x
ppp7118『あのこは貴族』とても良かった スーさんと原作者の山内マリコさんの対談家帰ったら読み返そう…
sarari_sarari今読んでる本。面白すぎる。日本の階級社会とか、女性が強いられてる立場とか、共感することが多すぎて一気に読んじゃう。山内マリコさんの本、他にも買って読んでみよう
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山内マリコさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)