トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中兆子

田中兆子

田中兆子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 兆子(たなか ちょうこ、1964年 - )は、日本の小説家。
富山県生まれ。8年間のOL生活を経る。2011年、短編「べしみ」で新潮社が主催する第10回女による女のためのR-18文学賞(大賞)を受賞する(読者賞受賞は、上月文青の「偶然の息子」)。
30代の頃には、戯曲を書いていた。何を書くか、ではなく、どう書くか、にこだわりを持っている作家が好きだと語っている。影響を受けた本として、茨木のり子『詩のこころを読む』、マーガレット・アトウッドほか『描かれた女性たち 現代女性作家の短篇小説集』、古井由吉ほか『小説家の帰還 古井由吉対談集』を挙げている。

受賞歴

田中兆子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中兆子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

novel_story_botお金はないけど好きな人と結婚したら、二十代までなら『愛だね』って好意的に受け止めてもらえるけど、三十過ぎれば『焦ってたんだね』って陰口叩かれちゃうんだよ。【甘いお菓子は食べません/田中兆子】
rierie1115↓ 「徴産制」もおもしろかった。 徴産制田中兆子/著 https://t.co/DQFGwjocr6
sansho_books兵士として戦地に赴くことと女として命を産むこと。未来の日本を舞台としながら、対極にある両者が絡み合わさり課題を示す。ただ、最も驚いたのは銀魂の名言が引用されていることΣ(-∀-;)! #読了田中兆子 『徴産制』 | 新潮社 https://t.co/6HaX3r43De
plum_anzu田中兆子『徴産制』読了/五章それぞれの主人公で構成されていて最終章はまとめともいえる。一章は導入、二章がジェンダー問題も含めとってもスマートな切り口で秀逸、三章は裏側の提示、四章ではホロリとさせられ、五章はちょっと頭でっかちで無理やりかなぁ~という感想。
2jk_ksk田中兆子「甘いお菓子は食べません」あまりにも面白くて、今朝借りてきたばかりなのに噛り付いて読み切ってしまったちょうど今の自分が求めていた物語ばかりでまるで天啓のようだったすごく好みなのに著者は寡作なようで他には2作くらいし… https://t.co/NM5YmC9d0e
natoannat田中兆子さんの「甘いお菓子は食べません」って、女の人の不自由さが詰め込まれてて、そのなかの「べしみ」がわたしの、ずっと考えてたけどリアルでは友達の誰にも言えないことだったの、誰かにこういうことがあるんだということを言いたかった、自… https://t.co/Nyp1uZ8r57
san_kaido田中兆子さんの未来小説「徴産制」(新潮社)21世紀末の日本:政府の無策が続いて女性が激減したため,男性を期限付きで女性に変換する等々…一見奇想天外な話ただし,政治・社会の崩壊を止められない私たちが次代に残すのはこの物語以上にグ… https://t.co/bjOeuYXJ1I
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田中兆子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)