トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮木あや子

宮木あや子

宮木あや子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮木 あや子(みやぎ あやこ、1976年11月4日 - )は、日本の小説家。
神奈川県生まれ、東京都武蔵野エリア在住。13歳の時に小説を書きたいと感じ、15歳で小説家を志す。2006年、江戸時代を舞台にした小説『花宵道中』で第5回R-18文学賞大賞と読者賞を受賞しデビュー。デビュー時のプロフィールには「IT関連会社勤務」とあった。着道楽と海外旅行を趣味とし、三浦しをん、恩田陸、嶽本野ばらが好きなことを明かしている。

宮木あや子新刊

  • 発売日
    2019年1月24日
  • 書名
    砂子のなかより青き草 清少納言と中宮定子 (角川文庫)

受賞歴

宮木あや子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宮木あや子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dqto1183tmgtjそうだなあ…あなたがどのジャンル好きかにもよりますが…、宮木あや子先生の『雨の塔』は何度読んでも心の奥底が震える感じがしますね。エモいです。 #peing #質問箱 https://t.co/3WMrmJu12u
gohan_bo_n_to彼が注文したものは憶えている。アフォガートだ。彼はエスプレッソの苦味に顔を顰め、アイスクリームの甘さに笑顔になり、その冷たさでまた顔を顰めた。その一連の動作がまた美しく、愛しかった。(『官能と少女』宮木あや子)
MikageToNeco@tkmyknd 宮木あや子先生の本ですね!
_fuji_no_hana_@kotaro1224 最近ですと、朝井リョウさんの「死にがいを求めて生きているの」がとても良かったです。今までで印象に残っているのは、山白朝子さんの「私の頭が正常であったなら」「死者のための音楽」、宮木あや子さんの「喉の奥なら傷ついてもばれない」などが好きです*
miyagiayako_bot【2014.4.10発売】宮木あや子/著『泥ぞつもりて』(文春文庫)¥620(税抜)https://t.co/j4Ax9a2Z0h
kya7ite#名刺代わりの小説10選魔法のカクテル/ミヒャエルエンデイノセントワールド/桜井亜美GOTH/乙一ロリヰタ/嶽本野ばら片眼の猿/道尾秀介ループ/鈴木光司新世界/長野まゆみ禁じられた楽園/恩田陸花宵道中/宮木あや子ブルータワー/石田衣良ぱっと思い出すもの。
110yarn09.普段どんな本・小説を読む?星新一、谷崎潤一郎、石田衣良、宮木あや子 あたりが多いけど、表紙買いもするし古生物学の本なんかも読む。10.起承転結/序破急どこから書く?思いついたところから埋めていくからあんまり気にしてない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮木あや子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)