トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 深沢潮

深沢潮

深沢潮さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

深沢 潮(ふかざわ うしお、1966年 - )は、日本の小説家。
東京都生まれ。両親は在日韓国人で、自身は結婚・妊娠を機に日本国籍を取得した。上智大学文学部卒業後、会社勤務や日本語講師などを経験。
2012年、『金江のおばさん』で、第11回「女による女のためのR-18文学賞」大賞受賞。
2019年9月、9月13日号『週刊ポスト』の記事が「差別扇動であるとして見過ごせず」、連載していたリレーエッセイから抜けると発言する。

受賞歴

深沢潮関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

深沢潮関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

liIlllillIilIll小説推理 2020.2月号でおもろかったやつベスト10①『ミッドナイト』柴田哲孝②『相剋 −越境捜査8−』笹本稜平③『鑑定人 氏家京太郎』中山七里④『ナニィ』深沢潮⑤『どうしてわたしはあの子じゃないの』寺地はるな
seuijikだが繊細な心情描写については「ひとかどの父」の方が上かも知れない。深沢潮さんのお父様も実際に活動家だったけど、生き別れになった話は創作で、ご家族と日本で穏やかな老後を過ごされた様です。
booklan72214770そんな深沢潮さんが、御自身の受けて来た差別についてどう考えるかという話では、『諦めている』とおっしゃられていたのが印象的でした。怒りではなく諦め。諦めは怖い。諦めは割と簡単にその人自身を殺してしまうのですよねー。当事者が声を上げることの意義についても、興味深い話が沢山聞けました。
t_a_l_kabout【2月24日】永江朗氏 連続トークセッション 当事者とヘイト本 永江朗×深沢潮 (作家):“私の存在を歓迎しない本と本屋について” | 講演会・トークショー情報は「トークアバウト」 https://t.co/RcNQGH2bD8 @talkabout_edさんから
Namimagazine深沢潮著『ハンサラン 愛する人びと』の評者は白石一文さん!/小さな喜びのありか(波2013年3月号)https://t.co/8qD5WsCxQU
ichigekistk発売日が一日早いという月刊俳句界20年2月号の人気対談企画、 #佐高信の甘口でコンニチハ! のゲストは作家の深沢潮さんとのことです。昨年九月の週刊ポスト「ヘイト特集事件」で連載続行を拒否されたそうです。文藝春秋で同様の特集の号に別… https://t.co/OnqqLPLdXy
aoharu1211ランチに行きましょう/深沢潮幼稚園の送迎バス乗り場が一緒のママ友の話。一緒にランチをする仲になりながらも、5人それぞれの悩みや葛藤があり、反発したりしながらも最後は爽やかに終わるのが良い。わりとライトに読める一冊。#読書… https://t.co/bnCv28u2F4
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
深沢潮さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)