トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 彩瀬まる

彩瀬まる

彩瀬まるさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

彩瀬 まる(あやせ まる、女性、1986年 - )は、日本の小説家。
千葉県千葉市生まれ。渋谷教育学園幕張高等学校卒業後、上智大学文学部卒業。小売会社勤務を経て、2010年「花に眩む」で第9回女による女のためのR-18文学賞読者賞を受賞。2016年、『やがて海へと届く』で第38回野間文芸新人賞候補。2017年、『くちなし』で第158回直木三十五賞候補、第5回高校生直木賞受賞。2019年、『森があふれる』で第36回織田作之助賞候補。
=
*『あのひとは蜘蛛を潰せない』(2013年3月 新潮社 / 2015年 新潮文庫 ISBN 978-4-10-120051-4)
*『骨を彩る』(2013年11月 幻冬舎 ISBN 978-4-34-402490-8)
*収録作品:指のたより / 古生代のバームロール / ばらばら / ハライソ / やわらかい骨
*『神様のケーキを頬ばるまで』(2014年2月 光文社 ISBN 978-4-33-492928-2)
*収録作品:泥雪 / 七番目の神様 / 龍を見送る / 光る背中 / 塔は崩れ、食事は止まず
*『桜の下で待っている』(2015年3月 実業之日本社 ISBN 978-4-40-853664-4)
*収録作品:モッコウバラのワンピース / からたち香る / 菜の花の家 / ハクモクレンが砕けるとき / 桜の下で待っている
*『やがて海へと届く』(2016年2月 講談社 ISBN 978-4-06-219925-4)
*『朝が来るまでそばにいる』(2016年9月 新潮社 ISBN 978-4-10-331963-4)
*『眠れない夜は体を脱いで』(2017年2月 徳間書店 ISBN 978-4-19-864345-4)
*『くちなし』(2017年10月 文藝春秋 ISBN 978-4-16-390739-0)
*『不在』(2018年6月 KADOKAWA ISBN 978-4-041-04910-5)
*『珠玉』(2018年12月 双葉社 ISBN 978-4-575-24140-2)
*『森があふれる』(2019年8月 河出書房新社 ISBN 978-4-309-02816-3)

彩瀬まる新刊

  • 発売日
    2020年1月24日
  • 書名
    さいはての家
  • 発売日
    2019年12月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版29号 (2020年1月号) (文春e-book)
  • 発売日
    2019年12月5日
  • 書名
    妖し (文春文庫)

受賞歴

彩瀬まる関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.10 【今週はこれを読め! SF編】筒井康隆のシャバドゥビから、宇宙駆ける仏寺スペースオペラまで

    年刊日本SF傑作選の十一冊目。

  • 2017.12.20 第156回芥川賞・直木賞の候補作決まる

    日本文学振興会が12月20日、発表した。芥川賞候補には第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子氏の初小説「おらおらでひとりいぐも」、直木賞候補には人気バンド「SEKAI NO OWARI」で、ピアノやライブの演出などを担当している藤崎彩織氏の『ふたご』が入った。選考会は来年1月16日、東京・中央区の料亭「新喜楽」で行い、同日受賞者の記者会見が開かれる。候補作は次の通り。

  • 2016.7.22 作家の読書道 第174回:彩瀬まるさん

    2010年に「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞、2013年に長篇小説『あのひとは蜘蛛を潰せない』で単行本デビューを果たした彩瀬まるさん。確かな筆致や心の機微をすくいとる作品世界が高く評価される一方、被災体験をつづった貴重なノンフィクション『暗い夜、星を数えて 3・11被災鉄道からの脱出』も話題に。海外で幼少期を過ごし、中2から壮大なファンタジーを書いていたという彼女の読書遍歴は?

彩瀬まる関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HINARI10今日の新聞を見て気付いた。彩瀬まるさんの新刊が出てるじゃないか…。
takimura_you彩瀬まるさんと白石一文さんの新作を買ってきました!白石一文さんのはサイン入りでした!読むのが楽しみです。 https://t.co/UKxUuUAtXB
fumineフカクフカク、愛し合える人が欲しい。暗い場所に囚われた私を、きっと迎えに来てくれると信じていられる人が欲しい。そうしたら、生きることと死ぬことのこわさを薄められる。『やがて海へと届く』彩瀬まる
taiseido【2F売場本日入荷】ひょんなことから住みはじめ、そしていつかは離れなくてはいけないある「家」。そこから真摯に紡がれた物語が読者の心をそっと解きほぐします。『さいはての家』(彩瀬まる/著 集英社)2/7に彩瀬さんトークイベント(追加… https://t.co/zig0CQ4o5p
ShinkanRemind@0155_0220 彩瀬まる さんの新刊が見つかりました! さいはての家 (集英社文芸単行本) https://t.co/rRCwyBgcLf
yukiceroquluri試験と卒論が迫る中、彩瀬まるさんの新刊や…(寝れん) 森があふれるは去年の年間ベスト小説なので、楽しみ…
kounanda_kitami集英社さんから、彩瀬まるさんの「さいはての家」が入荷しました。駆け落ち、逃亡、雲隠れ。行き詰まった人々が、ひととき住み着く「家」を巡る連作短編集。 https://t.co/gwpQ2ydp4t
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
彩瀬まるさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)