トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 彩瀬まる

彩瀬まる

彩瀬まるさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

彩瀬 まる(あやせ まる、女性、1986年 - )は、日本の小説家。
千葉県千葉市生まれ。渋谷教育学園幕張高等学校卒業後、上智大学文学部卒業。小売会社勤務を経て、2010年「花に眩む」で第9回女による女のためのR-18文学賞読者賞を受賞。2016年、『やがて海へと届く』で第38回野間文芸新人賞候補。2017年、『くちなし』で第158回直木三十五賞候補、第5回高校生直木賞受賞。2019年、『森があふれる』で第36回織田作之助賞候補。
=
*『あのひとは蜘蛛を潰せない』(2013年3月 新潮社 / 2015年 新潮文庫 ISBN 978-4-10-120051-4)
*『骨を彩る』(2013年11月 幻冬舎 ISBN 978-4-34-402490-8)
*収録作品:指のたより / 古生代のバームロール / ばらばら / ハライソ / やわらかい骨
*『神様のケーキを頬ばるまで』(2014年2月 光文社 ISBN 978-4-33-492928-2)
*収録作品:泥雪 / 七番目の神様 / 龍を見送る / 光る背中 / 塔は崩れ、食事は止まず
*『桜の下で待っている』(2015年3月 実業之日本社 ISBN 978-4-40-853664-4)
*収録作品:モッコウバラのワンピース / からたち香る / 菜の花の家 / ハクモクレンが砕けるとき / 桜の下で待っている
*『やがて海へと届く』(2016年2月 講談社 ISBN 978-4-06-219925-4)
*『朝が来るまでそばにいる』(2016年9月 新潮社 ISBN 978-4-10-331963-4)
*『眠れない夜は体を脱いで』(2017年2月 徳間書店 ISBN 978-4-19-864345-4)
*『くちなし』(2017年10月 文藝春秋 ISBN 978-4-16-390739-0)
*『不在』(2018年6月 KADOKAWA ISBN 978-4-041-04910-5)
*『珠玉』(2018年12月 双葉社 ISBN 978-4-575-24140-2)
*『森があふれる』(2019年8月 河出書房新社 ISBN 978-4-309-02816-3)

彩瀬まる新刊

  • 発売日
    2020年4月8日
  • 書名
    くちなし (文春文庫)
  • 発売日
    2020年3月5日
  • 書名
    明日町こんぺいとう商店街 心においしい七つの物語 (ポプラ文庫)
  • 発売日
    2020年1月24日
  • 書名
    さいはての家

受賞歴

彩瀬まる関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.10 【今週はこれを読め! SF編】筒井康隆のシャバドゥビから、宇宙駆ける仏寺スペースオペラまで

    年刊日本SF傑作選の十一冊目。

  • 2017.12.20 第156回芥川賞・直木賞の候補作決まる

    日本文学振興会が12月20日、発表した。芥川賞候補には第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子氏の初小説「おらおらでひとりいぐも」、直木賞候補には人気バンド「SEKAI NO OWARI」で、ピアノやライブの演出などを担当している藤崎彩織氏の『ふたご』が入った。選考会は来年1月16日、東京・中央区の料亭「新喜楽」で行い、同日受賞者の記者会見が開かれる。候補作は次の通り。

  • 2016.7.22 作家の読書道 第174回:彩瀬まるさん

    2010年に「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞、2013年に長篇小説『あのひとは蜘蛛を潰せない』で単行本デビューを果たした彩瀬まるさん。確かな筆致や心の機微をすくいとる作品世界が高く評価される一方、被災体験をつづった貴重なノンフィクション『暗い夜、星を数えて 3・11被災鉄道からの脱出』も話題に。海外で幼少期を過ごし、中2から壮大なファンタジーを書いていたという彼女の読書遍歴は?

彩瀬まる関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

msk_ccc彩瀬まるの「眼が開くとき」を読んで自分やばいなって気づいた
me_kki彩瀬まる先生の『くちなし』、川上弘美先生の『神様』と並べて飾ろう まだ読み始めたばっかりだけどいい本を買えた
mishimakunihiro2冊目にご紹介したのは、彩瀬まるさんの『まだ温かい鍋を抱いておやすみ』。Stay homeの間、毎晩、一編ずつ読みました。小説に出てくる食の温かさを、文章の温度を抱いて眠りにつく。至福の時間。以来ずっと、その確かな温かさが、身体の… https://t.co/7pF07biSi3
marumaru023次は、彩瀬まるさんの『くちなし』。とりあえず1話目、表題の『くちなし』だけ読んだけど、なんだかわからない鳥肌がすごい。息を詰めて読んで、心のどこかがずっと揺れてて、深い息を吐くとともに鳥肌がぞわっとするこの感じ、久々かもしれな… https://t.co/A4kMB1IbMt
motoka84548926『妖し (アンソロジー)』を読了。今年累計67冊目『曇天の店』恩田陸私にとっては妖怪ものだった。一瞬で異界化し、うだるような暑さなのに寒気が…『マイ、マイマイ』彩瀬まるギャル→金髪→(金髪の)サブカル女性人間のオートマさをエグる鋭さを感じた。
HINARI10彩瀬まるさんの小説【まだ温かい鍋を抱いておやすみ】読了。短編集。またも彩瀬まるに泣かされた。もう、次の直木賞はこれで。前作では『助けてくれないか?』の台詞に打ちのめされたけど、今作では『生きたくなっちゃう』の台詞に打ちのめされた。絶妙なタイミングでこの台詞だもの…。参るなぁ。
mugitani_novelはーーーー、すごい一冊だった。デビュー時からひっそり応援していた作家さんだけど、ここへきて一皮も二皮も剥けた気がする。彩瀬まる『くちなし』(文春文庫)|麦谷 那世 #note #読書感想文 https://t.co/VvZYFQtEmf
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
彩瀬まるさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)