トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 彩瀬まる

彩瀬まる

彩瀬まるさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

彩瀬 まる(あやせ まる、女性、1986年 - )は、日本の小説家。
千葉県千葉市生まれ。渋谷教育学園幕張高等学校卒業後、上智大学文学部卒業。小売会社勤務を経て、2010年「花に眩む」で第9回女による女のためのR-18文学賞読者賞を受賞。2016年、『やがて海へと届く』で第38回野間文芸新人賞候補。2017年、『くちなし』で第158回直木三十五賞候補。
=
*『あのひとは蜘蛛を潰せない』(2013年3月 新潮社 / 2015年 新潮文庫 ISBN 978-4-10-120051-4)
*『骨を彩る』(2013年11月 幻冬舎 ISBN 978-4-34-402490-8)
*収録作品:指のたより / 古生代のバームロール / ばらばら / ハライソ / やわらかい骨
*『神様のケーキを頬ばるまで』(2014年2月 光文社 ISBN 978-4-33-492928-2)
*収録作品:泥雪 / 七番目の神様 / 龍を見送る / 光る背中 / 塔は崩れ、食事は止まず
*『桜の下で待っている』(2015年3月 実業之日本社 ISBN 978-4-40-853664-4)
*収録作品:モッコウバラのワンピース / からたち香る / 菜の花の家 / ハクモクレンが砕けるとき / 桜の下で待っている
*『やがて海へと届く』(2016年2月 講談社 ISBN 978-4-06-219925-4)
*『朝が来るまでそばにいる』新潮社、2016年
*『眠れない夜は体を脱いで』(2017年2月 徳間書店 ISBN 978-4-19-864345-4)
*『くちなし』文藝春秋、2017年

彩瀬まる新刊

  • 発売日
    2018年8月10日
  • 書名
    ほんのきもち

受賞歴

彩瀬まる関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.10 【今週はこれを読め! SF編】筒井康隆のシャバドゥビから、宇宙駆ける仏寺スペースオペラまで

    年刊日本SF傑作選の十一冊目。

  • 2017.12.20 第156回芥川賞・直木賞の候補作決まる

    日本文学振興会が12月20日、発表した。芥川賞候補には第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子氏の初小説「おらおらでひとりいぐも」、直木賞候補には人気バンド「SEKAI NO OWARI」で、ピアノやライブの演出などを担当している藤崎彩織氏の『ふたご』が入った。選考会は来年1月16日、東京・中央区の料亭「新喜楽」で行い、同日受賞者の記者会見が開かれる。候補作は次の通り。

  • 2016.7.22 作家の読書道 第174回:彩瀬まるさん

    2010年に「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞、2013年に長篇小説『あのひとは蜘蛛を潰せない』で単行本デビューを果たした彩瀬まるさん。確かな筆致や心の機微をすくいとる作品世界が高く評価される一方、被災体験をつづった貴重なノンフィクション『暗い夜、星を数えて 3・11被災鉄道からの脱出』も話題に。海外で幼少期を過ごし、中2から壮大なファンタジーを書いていたという彼女の読書遍歴は?

彩瀬まる関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jpかなり攻めてきたな。直木賞、取れるといいな。 『不在/彩瀬まる/KADOKAWA』 https://t.co/1Z9ORA0b7R #本が好き
42_chi_fすっごいよかった 彩瀬まる、本当にいい いいな いいな
Namimagazine住野よる著『か「」く「」し「」ご「」と「』刊行記念対談!/彩瀬まる×住野よる  私たちの「書く仕事」(波2017年4月号)https://t.co/ACuGqtU9Hm
cat_canelet骨を彩る/彩瀬まる人っていうのは、誰しもが=でない存在なのに、なぜか社会は=にしたがる。難しい世の中ですが、あえて=でなく、自分を出せる、表現できる人っていうのはかっこよくて憧れを抱きます。この物語は5つの短編からなる物語です… https://t.co/auhhlzjtcQ
saurohro彩瀬まる「山の同窓会」 自分の読み違いの可能性はあるのだが、作品の内容と(おそらく)衣装や家具などに関する描写を大幅に抑えていることから、作中の人々は必ずしも元々我々に近い姿をしていないのでは、と読むことができるのではないだろうか。
passepartouuuut村田沙耶香さんの『消滅世界』とか、彩瀬まるさんの『くちなし』とかそういう作品が好きな方は好きだと思うのだけれど。どうでしょう。
y_keiko_彩瀬まる「不在」読了。家族という縛りの重苦しさを感じながらも、一気に読んで面白かった。家族とは、好きときらいが絡まって苦しい、でよく言い表されていると思った。古い屋敷を片付けながら家族を考え、家族の縛りから解き離れていく感じがよかった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
彩瀬まるさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)