トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 彩瀬まる

彩瀬まる

彩瀬まるさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

彩瀬 まる(あやせ まる、女性、1986年 - )は、日本の小説家。
千葉県千葉市生まれ。上智大学文学部卒業。小売会社勤務を経て、2010年「花に眩む」で第9回女による女のためのR-18文学賞読者賞を受賞。2016年、『やがて海へと届く』で第38回野間文芸新人賞候補。
=
*『あのひとは蜘蛛を潰せない』(2013年3月 新潮社 / 2015年 新潮文庫 ISBN 978-4-10-120051-4)
*『骨を彩る』(2013年11月 幻冬舎 ISBN 978-4-34-402490-8)
*収録作品:指のたより / 古生代のバームロール / ばらばら / ハライソ / やわらかい骨
*『神様のケーキを頬ばるまで』(2014年2月 光文社 ISBN 978-4-33-492928-2)
*収録作品:泥雪 / 七番目の神様 / 龍を見送る / 光る背中 / 塔は崩れ、食事は止まず
*『桜の下で待っている』(2015年3月 実業之日本社 ISBN 978-4-40-853664-4)
*収録作品:モッコウバラのワンピース / からたち香る / 菜の花の家 / ハクモクレンが砕けるとき / 桜の下で待っている
*『やがて海へと届く』(2016年2月 講談社 ISBN 978-4-06-219925-4)
*『朝が来るまでそばにいる』新潮社、2016年

彩瀬まる新刊

  • 発売日
    2017年10月26日
  • 書名
    くちなし

受賞歴

彩瀬まる関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.7.22 作家の読書道 第174回:彩瀬まるさん

    2010年に「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞、2013年に長篇小説『あのひとは蜘蛛を潰せない』で単行本デビューを果たした彩瀬まるさん。確かな筆致や心の機微をすくいとる作品世界が高く評価される一方、被災体験をつづった貴重なノンフィクション『暗い夜、星を数えて 3・11被災鉄道からの脱出』も話題に。海外で幼少期を過ごし、中2から壮大なファンタジーを書いていたという彼女の読書遍歴は?

  • 2014.8.1 著名作家による小説、コラムが無料で読めるWEBマガジン「コフレ」創刊

    祥伝社は、WEBマガジン「コフレ」を2014年8月1日に公開した。月2回(1日・15日)更新で著名作家の小説やエッセイ、コミックなどが読めるウェブサイトだ。

  • 2014.3.21 【エンタメ小説月評】胸うずく震災前の静けさ

    深夜の東京を歩きながら、心がふいにざらつくことがある。

彩瀬まる関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honononochi彩瀬まるさんの新刊、もうあらすじ読んだだけでドストライク!明日買うじょ! https://t.co/eZbADNXWNh
rainbowmusix8彩瀬まるさんの本も気になるんだよなぁ
ochaseijin吉田篤弘さん、小川洋子さん、宮下奈都さん、川上弘美さん、彩瀬まるさん、羽海野チカさん、藤田和日郎さん、有永イネさん、時間とお金が許せば書くものを全部読みたい作家さん #信頼している作家さん #好きな本を語ろう
katokichii彩瀬まるさんの「くちなし」の試し読みをした。どうしよう、全然わからない。なんか怖いし私に飲み込めるかわからない。でも読みたい。試し読みじゃ足りない。発売が楽しみ。
ottaman999今度発刊される彩瀬まるさんの「くちなし」をためし読みした。一人暮らしをしてるとどこか欠けてる気がする、自分がいいと思うだけでなく誰かにいいと言ってもらいたい。わかる、わかりすぎるなぁ。こういう文章ががサラッと出てくるのが彩瀬さん。
1998seiunsky【きみは嘘つき (ハルキ文庫)/彩瀬まる・加藤千恵・寺地はるな・中澤日菜子・額賀澪・椰月美智子】額賀さんの作品は、前作と最新作が微妙にまじりあったような短編でした。こうして構想って膨らんでいくの… → https://t.co/IairIteMa4 #bookmeter
aokiro21彩瀬まるさんの本、文庫本で出ないかな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
彩瀬まるさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)