トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 加藤廣

加藤廣

加藤廣さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

加藤 廣(かとう ひろし、1930年6月27日)は、日本の作家。
東京生まれ。東京都立新宿高等学校、東京大学法学部卒。山一證券に勤務し、経済研究所顧問を経て、2005年に作家としてデビュー。75歳での高齢デビューが話題となった。
作家デビュー以前からビジネス書を著していたが、小説『信長の棺』は日本経済新聞に連載され、当時の小泉純一郎総理が愛読書として挙げたことからベストセラーとなった。大阪経済大学客員教授。
2018年4月7日死去。87歳没。

加藤廣新刊

  • 発売日
    2018年7月20日
  • 書名
    秘録 島原の乱

受賞歴

加藤廣関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

加藤廣関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

osada_kenてか、加藤廣先生、お亡くなりだったのねん。。(´;ω;`) 信長の柩、大好きだったのに。。
buqimingri『空白の桶狭間』(加藤廣著・新潮文庫)は恐ろしいほどの調査不足で出された小説で、昔のブログでおかしな点を列挙したのだけど、今川氏真を指して「若い頃は、京の四条河原で乞食をしていたとの話である」と書いている。これがどこから出てきた話なのか未だに掴めないでいる。
Namimagazine加藤廣著『昭和からの伝言』刊行記念インタビュー!/郷愁のみでは語れない実感的昭和史(波2016年9月号)https://t.co/CESmJh7kwJ
ohyeah1101【お仕事告知】今日付の西日本新聞書評欄に、加藤廣『秘録 島原の乱』(新潮社)の書評を寄稿しました。著者急逝により連載をそのまま一冊にまとめたので「後で手を入れるつもりだったんだろうなあ」という箇所もあるけど、それも著者の軌跡の一部として読めるかと。「神君家康の密書」とのリンクも。
libro_99/1西日本新聞書評欄『秘録島原の乱』(加藤廣・新潮社)評:大矢博子「晩成の作家が書き残した奇想 豊臣秀頼が生きて大坂城を脱出、真田の忍びと明石掃部の手引きで薩摩に落ち延びたーという第1部だけでわくわくしてしまう。第2部では福島正… https://t.co/x7eSamiSh7
nishi_books9月1日(土)の西日本新聞朝刊の書評欄「読書館」で取り上げる本をお知らせします。書評は、加藤廣著『秘録島原の乱』(新潮社)を書評家の大矢博子さんが評します。豊臣秀頼は生き残り、薩摩に匿われた!? 加藤流の奇想が味わえる作品です。 #書評 #book
kajyupix@Imori15671615 井守先生、加藤廣みたいに株で資金つくって専業作家になるんです?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)