トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 加藤廣 > 信長の棺

信長の棺(加藤廣)

信長の棺(著者:加藤廣)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:信長の棺
  • 著者:加藤 廣
  • ページ数:423
  • 出版社:日本経済新聞社
  • ISBN-10:97845321706
  • ISBN-13:9784532170677

加藤廣新刊

  • 発売日
    2018年7月20日
  • 書名
    秘録 島原の乱

信長の棺関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

信長の棺関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

0217opal最近は時代小説やらなんやらも読むしばりょさんの『人斬り以蔵』だったり加藤廣さんの『信長の棺』だったり
fs20180522ヒトリコ(額賀澪)朝が来る(辻村深月)かがみの孤城(辻村深月)キッチン(吉本ばなな)モモ(ミヒャエル・エンデ)黒い雨(井伏鱒二)永遠の0(百田尚樹)のぼうの城(和田竜)信長の棺(加藤廣)A2Z(山田詠美)#名刺がわりの小説10選
dokusho5963加藤 廣氏の信長の棺を読みました。立ち位置によって感情は変わり、やがて真実といわれるものも変わる。事実はあるが曖昧な枝葉の先を見たり、想像したりするのは楽しい。#読了 #信長の棺
ii_book信長の棺  著:加藤廣 内容紹介「惟任(光秀)ご謀反」―。安 https://t.co/f0Nh1v0NOU
uniohataとにかく好きなのですが、光秀を扱った良質な小説に出会えていなかったんです。それで加藤廣先生の『信長の棺』と垣根涼介先生の『光秀の定理』は私の中の本能寺の変への解釈やあり方が変化したというかより深めることができた、小説としても… https://t.co/dwce31aWnn
honzuki_jp日本が欧米諸国に「金」を簒奪された江戸時代。これが黄金の国ジパング崩壊の序章。著者は「信長の棺」の加藤廣さん。 『黄金(きん)の日本史/加藤廣/新潮社』 https://t.co/nNtwczZPRa #本が好き
mtkoryu_cos【信長の棺・秀吉の枷・明智左馬之助の恋/加藤廣 著】三部作なのでまるっと。歴史好きなら誰でも一度は考える本能寺黒幕ミステリー。牛一が信長さま大好きすぎてやばいし後年の秀吉が猜疑心強すぎて部下ドン引きだし左馬之助と凛とラブラブしてるし人間模様が浮き彫りミステリーめっちゃおもろい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)