トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 新井素子

新井素子

新井素子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

新井 素子(あらい もとこ、1960年8月8日 - )は、日本の女性小説家である。ライトノベル作家の草分け的存在として知られている(久美沙織による解説(#外部リンク)を参照)。夫は、書評や文庫解説などを手がけている手嶋政明。本名、手嶋素子。日本SF作家クラブ元会長。日本推理作家協会会員。
東京都練馬区生まれ。両祖父、両親が共に講談社に勤めており、実家には常に大量の本があったため、幼い頃から多くの本に接して育った。
1977年、東京都立井草高等学校2年生のときに、第1回奇想天外SF新人賞に応募した『あたしの中の……』が佳作入選した。審査員の星新一が絶賛し最優秀作に推したが、小松左京や筒井康隆らが目新しい文体に違和感を覚え反対したため佳作となった。星は入選決定後に、新井素子の父が東京大学農学部での同級生だったことを知った。また、新井も星のファンであり、初めて読んだSFが星の『妖精配給会社』であった(星の著書「未来いそっぷ」の解説文も書いている)。
高校2年生という若さでの受賞及びデビューは文学界にも衝撃を与え、『ふぁんろーど』の特集などで「SF界のプリンセス」と称された。北野勇作や久美沙織ら同世代の作家に強い影響を与えたといわれている。
立教大学文学部ドイツ文学科に在籍しながら作家活動を続け、1981年に『グリーン・レクイエム』で第12回星雲賞日本短編部門を受賞、1982年、『ネプチューン』で第13回星雲賞日本短編部門を受賞した。1999年には『チグリスとユーフラテス』で第20回日本SF大賞を受賞している。

新井素子新刊

  • 発売日
    2017年10月20日
  • 書名
    猫ミス! (中公文庫)

受賞歴

新井素子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

新井素子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tom_eto新井素子が青春だった、という人はわりと多いのではないか。東大の入試で出題されたこともあるしな。しばらく読んでなくて、久しぶりにチグリスとユーフラテスを読んだら、全然丸くなってなくてちょっと笑った。流石。また交換日記やらねーかな。面白いと思うんだが。
Y0K0@midori_san 新井素子は全部読んだよ〜
toko99y@piyodatteba 二分割幽霊奇譚もいいですね!性別が変わっちゃった少年と吸血鬼ともぐら帝国、コメディで読みやすくて、新井素子ぶしが炸裂してて。
Orihika@GotoSesame インタビューしたのが1984年で、新井素子さんは当時大卒直後なので、まさにその通りですね(^_^)
midori_san新井素子といえば「ふたりのかつみ」だよ。……だよな?! 男の娘と、雄んなの子(おんなのこ)、性同一性障害に、学校の授業課題における男女差、ありとあらゆる問題が噴出してぶちのめされるものすごいライトノベルじゃん。続き読みたいなぁ。
akapon1983年に『WINGS』6号に掲載された新井素子さんとの対談の短縮版が収録されているのだった。トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団の話題に時代を感じる。 https://t.co/pk0hA01H08
methanoooooool友達の付き添いで行った図書館に新井素子さんの本がそこそこ入ってたので今回は時間なかったから諦めたけど近いうちに利用者登録して借りに行こうと思ってる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)