トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 塚本青史

塚本青史

塚本青史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

塚本 靑史(つかもと せいし、1949年4月9日 - )は、日本の歴史小説作家。岡山県倉敷市生まれ。父は歌人の塚本邦雄。代表作に『霍去病』、『光武帝』、『始皇帝』、『煬帝』、『サテライト三国志』、『バシレウス』、『玄宗皇帝』など。
靑史が産まれた当時、父・邦雄は商社員として倉敷に在勤していた。邦雄の母方の叔父外村吉之介が館長をしていた倉敷民藝館に間借りしており、靑史はその敷地内で生まれた。1ヵ月後、邦雄の転勤に伴い島根県松江市へ転居。その地で3年を過ごす。
1952年、大阪府中河内郡盾津町(現東大阪市南鴻池町)へ居を移し、幼稚園から社会人に至るまでその地で育つ。少年時代の靑史は、野球、魚釣り、昆虫採集が好きなアウトドア派で、父と違ってあまり活字に親しむことはなかったという。邦雄を訪ねてきた寺山修司や福島泰樹を駅まで迎えに行ったり、三島由紀夫からの手紙をメイルボックスから取り出した青少年時代の経験が、後日文筆に目覚めた動機になっているらしい。
大阪府立清水谷高等学校ではバスケットボール部に所属。同志社大学文学部時代には同人誌『ゐまあごを』に参加し、イラスト作品を発表する。大学卒業後、京都に本社を置く日本写真印刷(株)へ勤務する。1977年、東京支社へ異動となり、以後は千葉県に在住。勤務のかたわらイラストレーターとしても活動し、1978年と1981年の『年鑑日本のイラストレーション』(講談社)に作品が掲載されている。
1989年、第11回「小説推理新人賞」(双葉社主催)の最終候補となる。1991年、候補作も含めたミステリ短編集『迫迫』に8篇分の扉絵を配し出版(花曜社)。靑史は、この一冊で小説家としての地歩を固めた。以後中国史を題材にした歴史小説も展開し、1996年出版の『霍去病』(河出書房新社)が話題になり、文壇デビューを果たした。1999年3月、日本写真印刷(株)を退職。2000年、父の介護のため東大阪へ帰省(邦雄は2005年6月9日に逝去)。以後も精力的に作品を発表している。
2012年4月、日本作家クラブ随筆賞受賞。『いすくはし』(平成23年、随筆手帖49号)。
2012年6月、『煬帝』(上下)で「第1回 歴史時代作家クラブ作品賞」受賞。
2014年10月、『サテライト三国志』(上下)で「第2回 野村胡堂文学賞」受賞。

受賞歴

塚本青史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.6.9 第31回詩歌文学館賞贈賞式 一瞬と永遠つなぐ力 鈴木さん、尾崎さん、茨木さん喜び

    第31回詩歌文学館賞(日本現代詩歌文学館振興会、一ツ橋綜合財団など主催)の贈賞式が5月21日、岩手県北上市の日本現代詩歌文学館(篠弘館長)で行われ、詩集『桜まいり』(書肆山田)の鈴木東海(しょう)子(こ)さん(70)、歌集『薔薇(ばら)断章』(短歌研究社)の尾崎左永子さん(88)、句集『真鳥(まとり)』(角川文化振興財団)の茨木和生さん(77)に賞状と記念品が贈られた。

  • 2014.8.27 第2回「野村胡堂文学賞」に塚本青史『サテライト三国志』、特別賞は俳優・高橋英樹が受賞

    日本作家クラブの初代会長を務めた作家・野村胡堂を顕彰するために創設。商業出版された時代小説や歴史小説が対象となっている。

  • 2012.9.30 旬な歴史小説作家は元サラリーマン!

    作家、塚本青史(せいし)さん(63)は、今年創設されたもっとも新しい文学賞「歴史時代作家クラブ賞」の第1回作品賞を『煬帝(ようだい)』で受賞した。また、この夏からはWebサイトでも三国志にまつわる連載を始めるなど、いまもっとも旬な歴史小説作家だ。その近況などを聞いた。(文・竹縄昌 写真・鴨川一也)

塚本青史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nanshutsu漢字読みの練習華陽夫人と陽泉君らが養子のことを考え始めたのは、悼太子の薨去後、嬴柱が太子に《冊立》されて直ぐである。<塚本青史:始皇帝>⇒ さくりつ(勅命によって、皇后、皇太子などを定める)
ftlovecats1211c今月はもう本は買わない予定だったのに。やっぱり増税前に迷ってたの買うかーとフラフラしてたらカゴが必要になってた
NEK3KEN今日は塚本青史さんの講座へ。 https://t.co/abi8HOG07v
55tekuteku【始皇帝 (講談社文庫)/塚本青史】『キングダム』で描かれる後の始皇帝・政のキャラクターが、これまで抱いていたイメージとだいぶ異なるので、いろんな“始皇帝”を見てみたくて読んだ。後書きで著者が言… → https://t.co/2k87MoQ2Yi #bookmeter
hida1567塚本青史著『光武帝』下巻を読了。3巻を通して、劉秀、更始帝、赤眉などの動きがパラレルに展開されていて、登場人物も多く関係も複雑で、頭の中を整理しながら読み進めた。劉秀よりも力士都が主人公(❓)という感じ…。
yiyushui@nonchipopo 北方はねー、どうも受け付けなくて何度も挫折…塚本青史と二大苦手な中国歴史小説なんですよね…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
塚本青史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)