トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松田青子

松田青子

松田青子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松田青子(まつだ あおこ、1979年10月11日 - )は日本の翻訳家、小説家、童話作家で元女優である。本名は松田暢子(まつだ のぶこ)。
松田青子というペンネームにしたのは、本人が松田聖子にあこがれていて、読者が「まつだ せいこ」と読み間違えたら面白いと考えたためである。
兵庫県出身。同志社大学文学部英文科卒業。大学在学中の1999年に劇団「ヨーロッパ企画」に音響スタッフとして参加。その後、2000年のヨーロッパ企画第5回公演『苦悩のピラミッダー』から役者として参加するようになり、2007年のヨーロッパ企画第25回公演『火星の倉庫』の出演まで役者のみならず文芸助手としても活動していた。当時は京都の名物書店として知られる恵文社一乗寺店でアルバイトをしており、そのときに作家の福永信と知り合う。
その一方で、同志社大学卒業後はヨーロッパ企画での役者活動と平行して、契約社員やフリーターとして職を転々としながら、翻訳学校に通い翻訳家を志すようになった。やがて、ブログで発表していた文章を福永に注目され、2008年1月に柴崎友香や長嶋有らの参加する同人誌「イルクーツク2」に小説『シャンプーアンドリンス』をゲスト寄稿した。
2008年9月に9年間在籍したヨーロッパ企画を退団、それと同じくしてこれまでの本名である松田暢子からペンネームである松田青子に変更して活動するようになった。2010年、「早稲田文学」に戯曲形式の『ウォータープルーフ嘘ばっかり!』を発表して作家デビュー。2013年に初の単行本『スタッキング可能』を刊行、第26回三島由紀夫賞候補、第35回野間文芸新人賞候補にあがる。

松田青子新刊

  • 発売日
    2019年5月23日
  • 書名
    本にまつわる世界のことば
  • イラストレーター
    長崎 訓子

受賞歴

松田青子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松田青子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ihSebas松田青子「マーガレットは植える」を読んだ。
CinematoLife711ツイートを拝見して、松田青子さんの『女が死ぬ』(ワイルドフラワーの見えない一年)を読む。冒頭、「女が死ぬ。(・・・)話を展開させるために死ぬ。(・・・)」など、(映画における)いくつかの女が死ぬ理由がきっぱり書いてあった。重くて軽いお話だった。ほかにも結婚や妊娠についても。
PointPacidこの松田青子さんと水上くんめっちゃ似てるなあ、と https://t.co/Nk07v6mGsF
himahimani一箱で買った本を次々に読み漁る。児玉まりあの後に松田青子。自分じゃ選ばんけど面白かった。そして噂の『百年の孤独を代わりに読む』を読む。この空気感は宮沢章夫かナンシー関か。サブカルの匂いがするよ。すごく真面目にふざけてる。
bikouran本の間から「河出書房新社 出版のご案内 2013年2月」が出てきて、ラインナップすごかった。松田青子さんのスタッキング可能、北野勇作さんのヒトデの星、澁澤龍彦訳 幻想怪奇短篇集の文庫、丸尾画報DX、文藝別冊が若松孝二……濃い… https://t.co/36sQ4LLngR
uinkuink_05松田青子の「少年という名前のメカ」を読んだんだけど好きすぎてひっくり返った
kurukuru_pon641@kainushi838 「問題だらけの女性たち」ジャッキー・フレミング (著), 松田青子 (翻訳) 河出書房新社この本では 19世紀ごろの欧州で、男性が女性をどう考え扱っていたか紹介しています。フェミニズムを裏返しにした… https://t.co/LHW8DjoKG5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)