トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松田青子

松田青子

松田青子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松田青子(まつだ あおこ、1979年10月11日 - )は日本の翻訳家、小説家、童話作家で元女優である。本名は松田暢子(まつだ のぶこ)。
松田青子というペンネームにしたのは、本人が松田聖子にあこがれていて、読者が「まつだ せいこ」と読み間違えたら面白いと考えたためである。
兵庫県出身。同志社大学文学部英文科卒業。大学在学中の1999年に劇団「ヨーロッパ企画」に音響スタッフとして参加。その後、2000年のヨーロッパ企画第5回公演『苦悩のピラミッダー』から役者として参加するようになり、2007年のヨーロッパ企画第25回公演『火星の倉庫』の出演まで役者のみならず文芸助手としても活動していた。当時は京都の名物書店として知られる恵文社一乗寺店でアルバイトをしており、そのときに作家の福永信と知り合う。
その一方で、同志社大学卒業後はヨーロッパ企画での役者活動と平行して、契約社員やフリーターとして職を転々としながら、翻訳学校に通い翻訳家を志すようになった。やがて、ブログで発表していた文章を福永に注目され、2008年1月に柴崎友香や長嶋有らの参加する同人誌「イルクーツク2」に小説『シャンプーアンドリンス』をゲスト寄稿した。
2008年9月に9年間在籍したヨーロッパ企画を退団、それと同じくしてこれまでの本名である松田暢子からペンネームである松田青子に変更して活動するようになった。2010年、「早稲田文学」に戯曲形式の『ウォータープルーフ嘘ばっかり!』を発表して作家デビュー。2013年に初の単行本『スタッキング可能』を刊行、第26回三島由紀夫賞候補、第35回野間文芸新人賞候補にあがる。

松田青子新刊

  • 発売日
    2018年7月1日
  • 書名
    アンデル 2018年7月号
  • 発売日
    2018年6月1日
  • 書名
    アンデル 2018年6月号
  • 発売日
    2018年5月1日
  • 書名
    アンデル 2018年5月号

受賞歴

松田青子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松田青子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

novelist_debut●松田青子 『スタッキング可能』 (2013年1月)
poppy_cute_sexyピンと来た方はご賞味あれ。素敵なショートショートです。松田青子さん『ワイルドフラワーの見えない一年』。 https://t.co/rcdndfWOwR
MARUZENNAGOYA【6F文芸書売場】柏書房・はらだ有彩さん『日本のヤバい女の子』好評発売中です。日本の神話や古典、民話を、登場する女性の心情に寄り添いながら大胆かつファンキーに読み解く、新感覚のイラストエッセイ。松田青子さん、こだまさん、瀧波ユカリ… https://t.co/uqtC4so6ij
YOKO4014「東京しるしのある風景」松田青子著読了。東京23区プラスαの風景印を押してもらうエッセイ。風景印の存在は知っていたけど、こうやって押してもらうのかと興味津々。港区で麻布郵便局に行ってないのがとても残念。建物も風景印もいい感じ… https://t.co/mlBxqjhXXK
honto_umiAM/PMもそうだけど松田青子、空白を訳すのが抜群にうまい気がする。
renart0727古谷田奈月「風下の朱」ようやく読めた。素晴らしかった。性差別の解体を志向する上で、古谷田奈月ほど精緻かつ慎重かつ大胆かつ縦横無尽に作品世界を展開させている作家は知らない。藤野可織や松田青子の仕事も本当に素晴らしいが、古谷田奈月の世界観はさらに進歩的かつ全方位的であるように感じる
inamura_do洋服の描写が素敵な小説を読むと、テンションが上がる女性読者は多いはずだ。▼『読めよ、さらば憂いなし』 松田青子(河出書房新社2015)p058
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)