トップページ > 公募ではない賞一覧 > 三島由紀夫賞 > 2013年−第26回 三島由紀夫賞

三島由紀夫賞

2013年−第26回 三島由紀夫賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

三島由紀夫賞(みしまゆきおしょう)は、作家・三島由紀夫の業績を記念し新潮社の新潮文芸振興会が主催する文学賞、翌1988年(昭和63年)に選考・授与が開始された。
三島由紀夫は新潮社と付き合いが深く、『愛の渇き』『潮騒』をはじめ、書き下ろしの小説を何冊も出し、晩年は『豊饒の海』四部作を雑誌『新潮』に連載した。没後は新潮社から全集が出され、小説と戯曲の多くが新潮文庫に収録された。新潮社が芥川賞・直木賞と同種のカテゴリーを要求しつつ新しい才能を求めるべく打ち出したのが、三島由紀夫賞と山本周五郎賞である。

第26回—2013年

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

三島由紀夫賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.7.17 芥川賞に今村夏子さん 直木賞に大島真寿美さん

    第161回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、芥川賞は今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」、直木賞は大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(うず/いもせやまおんなていきん/たまむすび)が、それぞれ選ばれました。

  • 2019.3.23 作家の読書道 第204回:上田岳弘さん

    デビュー作「太陽」の頃から、大きな時間の流れの中での人類の営みと、個々の人間の哀しみや郷愁を融合させた作品を発表し続け、『私の恋人』で三島由紀夫賞、そして今年『ニムロッド』で芥川賞を受賞した上田岳弘さん。5歳の頃から「本を書く人」になりたかった上田さんに影響を与えた本とは? 作家デビューを焦らなかった理由など、創作に対する姿勢も興味深いです。

  • 2019.1.16 第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定!

    第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月16日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R(いちらうんど)1分34秒』の2作品に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定した。

三島由紀夫賞関連つぶやき

suzusuzu55今日の現代文の授業、三島由紀夫にノーベル賞取って欲しかったっていう先生の話で1時間おわった
kurotuki_3BCDAしろいろの街の、その骨の体温の 村田沙耶香 三島由紀夫賞 https://t.co/k4Tde3kdFH
bungakutan三島由紀夫は「金閣寺」や「潮騒」で有名ですね。耽美的な作風が特徴の作家です。本名は平岡 公威。川端康成との交友も深く、ノーベル賞への推薦文を書きました。愛国心の為、現在の防衛省がある市ヶ谷駐屯地で割腹自殺をしました。その為、三島が亡くなった11月25日は憂国忌と命名されています。
HOPES1178賞なんぞいらん、クソくらえ!ってのも分かるけど、権威ある賞が目の前にあったら、ほとんどの人間は欲しがるって。三島由紀夫と川端康成のノーベル賞をめぐる確執とかヤバいから
LS_slot_bot22013年に、第26回三島由紀夫賞を小説「しろいろの街の、その骨の体温の」で受賞した女流作家は?→村田沙耶香(同一リール:岩井志麻子、小野不由美、鹿島田真希)
rairen_bot1:白百合女子大学出身 2:2005年の三島由紀夫賞受賞者 3:2012年上半期の芥川賞受賞者 4:「冥土めぐり」「女の庭」 A:鹿島田真希
yurubngkbot三島由紀夫賞作家・三島由紀夫の業績を記念し新潮社の新潮文芸振興会が主催する文学賞。対象は小説、評論、詩歌、戯曲の「文学の前途を拓く新鋭の作品一篇に授与する」としている。1988年(S63)~現在
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)