トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山七里 > さよならドビュッシー

さよならドビュッシー(中山七里)

さよならドビュッシー(著者:中山七里)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:さよならドビュッシー
  • 著者:中山 七里
  • ページ数:367
  • 出版社:宝島社
  • ISBN-10:4796675302
  • ISBN-13:9784796675307

中山七里新刊

  • 発売日
    2018年5月11日
  • 書名
    連続殺人鬼カエル男ふたたび
  • 発売日
    2018年4月13日
  • 書名
    恩讐の鎮魂曲 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年3月15日
  • 書名
    悪徳の輪舞曲

さよならドビュッシー関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

さよならドビュッシー関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

harumiya___kaiやっとI.Q84読み終わった次はロバートの夏への扉を読もうか中山七里さんのさよならドビュッシーを読もうかめちゃくちゃ悩む今日いつまでもショパンが夢に出てきたので読もうと思います皆さんおはようございます太宰治のいい作品知りませんか
hark_lapin中山七里も良いです、有名なのはさよならドビュッシーのシリーズ。あれほんとすごい。曲が聞こえてくるくらい圧があって鮮明で読んでて興奮した。あとは魔女は甦るも良いですよ。一気読みできちゃう
booktitle_bot『さよならドビュッシー』中山七里
ss_r_i@tosakahiyo ありがとうございます!わぴさんが蜜蜂と遠雷と中山七里を猛プッシュされている…!!笑どちらも未読です、とても気になります!中山七里さんのほうはさよならドビュッシーですね、今まさに仕事からくるストレスに打ちのめされ中なので、早速読んでみます☺️
word_bot_jp自分のことであれ他人のことであれ、哀しみを見ると人間は思慮深くなる。 大人になる、ということはきっと哀しみを知ることなのだろう。-中山七里『さよならドビュッシー』
raisen_bot_qmaNo.679 次の「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒屋上ミサイル―山下貴光、完全なる首長竜の日―乾緑郎、さよならドビュッシー―中山七里
shousetsuzuki【さよならドビュッシー (宝島社文庫)/中山 七里】何冊か読んでいい印象の中山七里の小説。このミス大賞を受賞してたりして、苦手な音楽系の話でしたが以前に蜜蜂と遠雷を読んで意識が変わりました。たし… → https://t.co/KBRTcNmu46 #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)