トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山七里

中山七里

中山七里さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中山 七里 (なかやま しちり、1961年12月16日 - )は、日本の男性小説家、推理作家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。
1961年、岐阜県の呉服屋の家に生まれる。小学生の時にアーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズ、モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズを読み尽くし、中学生の頃にはアガサ・クリスティーやエラリー・クイーンなどのミステリの有名どころはほとんど読み終える。そして自分でも書いてみようかと思い立ち、高校時代から創作を始める。小説新人賞などに投稿していたが、大学時代、「謝罪」。しかし2次選考で落選した。その後、就職とともに創作から一旦離れる。
2006年、大阪単身赴任時にファンだった島田荘司の『UFO大通り』のサイン会に行って初めて生で小説家を見て、「今小説を書かなければ、もう一生書かないに違いない」と思い立ち、20年ぶりに執筆を開始した。この時に書いたのが『魔女は甦る』であり、このミステリーがすごい!大賞に応募したところ、最終審査まで残るも落選。しかし2009年、『さよならドビュッシー』で第8回このミステリーがすごい!大賞を受賞し、48歳での小説家デビューとなった。受賞作のほかに「災厄の季節」(のちに『連続殺人鬼カエル男』として刊行)も同賞初のダブルノミネートし、話題となった。
ペンネームは本人の故郷にも程近い岐阜県下呂市にある渓谷・中山七里(飛騨木曽川国定公園)にちなんでつけられた。
当初は会社員との兼業だったが、連載を6本抱えるまでになると有給休暇を使い切っても両立が難しくなったため、専業作家となる。
私生活では既婚者であり、エレクトーン教師の妻と息子と娘の4人家族である。

中山七里新刊

  • 発売日
    2019年8月8日
  • 書名
    秋山善吉工務店 (光文社文庫)
  • 発売日
    2019年6月12日
  • 書名
    ヒポクラテスの憂鬱 (祥伝社文庫)
  • 発売日
    2019年4月4日
  • 書名
    連続殺人鬼カエル男ふたたび (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

受賞歴

『このミステリーがすごい!』大賞

第8回2009年

大賞

中山七里関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中山七里関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

favourite_lineルシアの人生と生きる努力を描いています。不幸のどん底から這い上がる姿とピアノの演奏に引き込まれます。ミステリーよりも音楽・青春小説の印象です。#さよならドビュッシー#はてなブログ『さよならドビュッシー』:中山七里【感想】|彼…https://t.co/rnFJ3wplzK
suzumori貴志祐介『悪の教典』雫井脩介『検察側の罪人』歌野正午『密室殺人ゲーム 王手飛車取り』中山七里『連続殺人鬼カエル男』『連続殺人鬼カエル男ふたたび』イイね。俺も好きな本だ。勉強して面白いホラー映画でも猟奇殺人小説でも書いて… https://t.co/oMWTGw1BoJ
HidaDocument表玄關に『中山七里』、後庭に『日本アルプス』を持つ飛驒路下呂、それは餘りにも自然の景趣、美澤に惠まれ過ぎた程の、天惠の寵兒である。 下呂町役塲『湯の街下呂』(1933)
Henda16Nanka中山七里「ハーメルンの誘拐魔」。子宮頸がんワクチンの接種が原因ではと疑われる疾患を抱えた少女達が誘拐される。70億の身代金。翻弄される警察。明るみに出る製薬会社と勧奨団体の癒着。オチは早めに推測できたが、ワクチンの副反応で苦しむ人… https://t.co/8clArXgFPu
je_te_veux_ああいうのを気分ちゅうのか、付和雷同ちゅうのか、それとも群衆心理ちゅうのか、犯人の少年増しがいつの間にか犯人の家族増しに転嫁してしまった。人間ちゅうのは実に弱い者いじめが好きでな。折あらば自分より立場の弱い者をいたぶってやろうと心の底で手ぐすねを引いとる。/中山七里(悪徳の輪舞曲
asahiya_ike【著者ご来店】現役女子高校生として鮮烈デビューを果たした、日部星花さんにお越しいただきました!サイン色紙を丁寧に書いてくださって、何をどう書こうかと悩んでいる姿がとても微笑ましかったです^^影響を受けた本は、中山七里さんのド… https://t.co/mbardnU360
tanteisanbot中山七里の「さよならドビュッシー」は火事で全身に大火傷を負った主人公が、ピアニストになる夢を追い掛ける青春小説。と、思いきや最後まで読むと結構本格的なミステリーだったりする。青春小説が好きな人にもミステリー好きな人にも、そしてピアノやクラシックが好きな人にもオススメできる話だよ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中山七里さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)