トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山七里

中山七里

中山七里さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中山 七里 (なかやま しちり、1961年12月16日 - )は、日本の男性小説家、推理作家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。
1961年、岐阜県の呉服屋の家に生まれる。小学生の時にアーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズ、モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズを読み尽くし、中学生の頃にはアガサ・クリスティーやエラリー・クイーンなどのミステリの有名どころはほとんど読み終える。そして自分でも書いてみようかと思い立ち、高校時代から創作を始める。小説新人賞などに投稿していたが、大学時代、「謝罪」。しかし2次選考で落選した。その後、就職とともに創作から一旦離れる。
2006年、大阪単身赴任時にファンだった島田荘司の『UFO大通り』のサイン会に行って初めて生で小説家を見て、「今小説を書かなければ、もう一生書かないに違いない」と思い立ち、20年ぶりに執筆を開始した。この時に書いたのが『魔女は甦る』であり、このミステリーがすごい!大賞に応募したところ、最終審査まで残るも落選。しかし2009年、『さよならドビュッシー』で第8回このミステリーがすごい!大賞を受賞し、48歳での小説家デビューとなった。受賞作のほかに「災厄の季節」(のちに『連続殺人鬼カエル男』として刊行)も同賞初のダブルノミネートし、話題となった。
ペンネームは本人の故郷にも程近い岐阜県下呂市にある渓谷・中山七里(飛騨木曽川国定公園)にちなんでつけられた。
当初は会社員との兼業だったが、連載を6本抱えるまでになると有給休暇を使い切っても両立が難しくなったため、専業作家となる。
私生活では既婚者であり、エレクトーン教師の妻と息子と娘の4人家族である。

中山七里新刊

  • 発売日
    2019年12月12日
  • 書名
    翼がなくても (双葉文庫)
  • 発売日
    2019年11月14日
  • 書名
    悪徳の輪舞曲 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年10月9日
  • 書名
    ワルツを踊ろう (幻冬舎文庫)

受賞歴

『このミステリーがすごい!』大賞

第8回2009年

大賞

中山七里関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中山七里関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chemipool『ワルツを踊ろう/中山七里』CHEMISTRYの富山公演のお供。2日で読了。前半と後半との違いにびっくり。何となく黒幕は予想出来てしまっていたけど、相変わらず黒中山さんの描写はリアルでグロテスク。CHEMISTRYのお供にはそぐわなかったかな(⌒-⌒; )
Henda16Nanka中山七里「ヒポクラテスの誓い」。法医学の権威、光崎教授の教室に入ることになった真琴。青臭い情熱と、不遜との化学反応。闇に埋もれるはずだった真相。最後に大きな種明かしまであり、最初から最後まで、ずっと面白い。事件が起きた背景もさすがだし、キャラクター設定も秀逸。
MdiTafu「幼少期、本に触れて」小説家中山七里さん講演 https://t.co/5apKiJQF8M #岐阜新聞 @gifushimbunさんから
Monzo_mg腐女子山荘殺人事件がやたら理解あるミステリ作家中山七里の時空なら、いつものコンビが腐女子にも造詣が深い老獪警部渡瀬と(そんな知識どこから仕入れてんだ!?)って言う役の若手警部補古手川になってしまうからやだな(やだ)
pall_tennon【読書中】中山七里著「魔女は甦る」妹さんの話があまりに酷くて泣いた、泣くしかない、ツラい…思い出して泣いてる…物語は面白いのに…病んだ
yossssy0601「幼少期、本に触れて」小説家中山七里さん講演 | 岐阜新聞Web https://t.co/SwdkLCPmkH
patopatosan「幼少期、本に触れて」小説家中山七里さん講演 (岐阜新聞) https://t.co/I3tad53VIc #linenews
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中山七里さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)