トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山七里

中山七里

中山七里さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中山 七里 (なかやま しちり、1961年12月16日 - )は、日本の男性小説家、推理作家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。
1961年、岐阜県の呉服屋の家に生まれる。小学生の時にアーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズ、モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズを読み尽くし、中学生の頃にはアガサ・クリスティーやエラリー・クイーンなどのミステリの有名どころはほとんど読み終える。そして自分でも書いてみようかと思い立ち、高校時代から創作を始める。小説新人賞などに投稿していたが、大学時代、「謝罪」。しかし2次選考で落選した。その後、就職とともに創作から一旦離れる。
2006年、大阪単身赴任時にファンだった島田荘司の『UFO大通り』のサイン会に行って初めて生で小説家を見て、「今小説を書かなければ、もう一生書かないに違いない」と思い立ち、20年ぶりに執筆を開始した。この時に書いたのが『魔女は甦る』であり、このミステリーがすごい!大賞に応募したところ、最終審査まで残るも落選。しかし2009年、『さよならドビュッシー』で第8回このミステリーがすごい!大賞を受賞し、48歳での小説家デビューとなった。受賞作のほかに「災厄の季節」(のちに『連続殺人鬼カエル男』として刊行)も同賞初のダブルノミネートし、話題となった。
ペンネームは本人の故郷にも程近い岐阜県下呂市にある渓谷・中山七里(飛騨木曽川国定公園)にちなんでつけられた。
当初は会社員との兼業だったが、連載を6本抱えるまでになると有給休暇を使い切っても両立が難しくなったため、専業作家となる。
私生活では既婚者であり、エレクトーン教師の妻と息子と娘の4人家族である。

中山七里新刊

  • 発売日
    2018年5月11日
  • 書名
    連続殺人鬼カエル男ふたたび
  • 発売日
    2018年4月13日
  • 書名
    恩讐の鎮魂曲 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年3月15日
  • 書名
    悪徳の輪舞曲

受賞歴

『このミステリーがすごい!』大賞

第8回2009年

大賞

中山七里関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中山七里関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yomutanoshimi【"読む"を愉しむ】"どんでん返しの帝王"が日本の社会福祉制度の限界に挑んだ問題作!中山七里『護れなかった者たちへ』胸中に去来するのは、怒りか哀しみか葛藤か正義か。誰が被害者で、誰が加害者なのか?人は誰のために、何を護… https://t.co/sKPolge5Cm
t2_tadashi中山七里の、「ネメシスの使者」を読了。意外な犯人もさることながら、死刑は極刑ではない生涯精神的に苦しんで死んでゆくべきだには考えさせられた。
harumiya___kaiやっとI.Q84読み終わった次はロバートの夏への扉を読もうか中山七里さんのさよならドビュッシーを読もうかめちゃくちゃ悩む今日いつまでもショパンが夢に出てきたので読もうと思います皆さんおはようございます太宰治のいい作品知りませんか
hark_lapin中山七里も良いです、有名なのはさよならドビュッシーのシリーズ。あれほんとすごい。曲が聞こえてくるくらい圧があって鮮明で読んでて興奮した。あとは魔女は甦るも良いですよ。一気読みできちゃう
muzeo_muzeo_77作家さんのトークショー面白いな〜。もっといろんな作家さんのトークショー行ってみたいけど、なんせ私が読んでいる作家さんの少なさよ。そして中山七里作品読むのに忙しくて他の作家さんに本格的に取り組む時間もないし意欲もない
equal_love0204『偽善に糊塗された善良な一般市民よりも、悪事を悪事として何の弁解もしないヤクザたちに好感が持てる』っていうのは、何となく共感出来る。#悪徳の輪舞曲 引用元#中山七里 さん
usausa5中山七里『悪徳の輪舞曲』読了。かつての凶悪少年犯罪で今は敏腕弁護士の御子柴のもとに舞い込んだ依頼は、夫殺しの容疑をかけられた実母の弁護。犯罪者の性質は遺伝するのか。30年ぶりに再会した家族との間で人間らしさが一瞬見えてよかった。圧… https://t.co/mqz2pZ4fPV
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中山七里さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)