トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 浅倉卓弥

浅倉卓弥

浅倉卓弥さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

浅倉 卓弥(あさくら たくや、1966年7月13日 - )は、日本の作家。
北海道札幌市出身。東京大学文学部卒。レコード会社へ就職し、洋楽部ディレクターほかを務める。その後、翻訳会社、雑誌編集部、団体職員などを経て現在に至る。
2002年に『四日間の奇蹟』で、第1回『このミステリーがすごい!』大賞の金賞を受賞。
=

受賞歴

浅倉卓弥関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

浅倉卓弥関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wlb922『君の名残を』浅倉卓弥/現代から突如源平合戦の時代に飛ばされた少年少女たちが、互いの身を案じながらも抗えない運命と歴史の渦に飲み込まれていく…。歴史に上手く絡んだ壮大なストーリーは、史実を知っていても息を飲むほど。
akira_shizuku2010年8月頃、読了。NAKED/杉浦リョーコ余白の愛/小川洋子四日間の奇蹟/浅倉卓弥ベター・ハーフ/唯川恵犯人に告ぐ(上・下巻)/雫井脩介西の魔女が死んだ/梨木香歩あなた(上・下巻)/乃南アサラッシュライフ/伊坂幸太郎
qma_LSmoji_bot第1回『このミステリーがすごい!』大賞の金賞を受賞した小説『四日間の奇蹟』の作者は?→浅倉卓弥
remon2018③浅倉卓弥「君の名残を」四日間の奇跡の作者。四日間の奇跡は未読ですが…。遙か3の元ネタでは?と界隈で噂された。現代の高校生男女が過去へ飛び…と聞くとチープなのですが、時代設定がすごい。歴史小説に分類されても遜色ない。義経と木曾義仲あたりの話。「私の義仲が死んでしまう」に泣いた
mint_sirop #私の平成の30冊 という名の好きな本木地雅映子『氷の海のガレオン/オルタ』古川日出男『沈黙/アビシニアン』浅倉卓弥『雪の夜話』川上弘美『センセイの鞄』堀江敏幸『雪沼とその周辺』須賀敦子『トリエステの坂道』田中相『千年万年りんごの子』
book54854230浅倉卓弥 北緯四十三度の神話幼い頃に両親を事故で亡くした姉妹の半生。この作者の綴る『誰も責められない不幸との向き合い方』が大好物。本書は女性特有の感情や感受性が主軸になってて共感しづらかったものの、ちゃんとハッピーエンドが喜ばしく感じられる作品。
inaoba3_Reiko@Yui_yoko1208 #ゆいはんメール読んだことがある本です(^^)高野和明さんの本ですね。ミステリーの定番ですが、森博嗣さんも面白いです。種類も多いし。浅倉卓弥さんの「四日間の奇跡」も良かったですよ( ◠‿◠ )
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
浅倉卓弥さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)