トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 塔山郁

塔山郁

塔山郁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

塔山 郁(とうやま かおる、1962年。千葉県生まれ。
2004年、「囁く狐」(佐伯塔名義)が第5回ホラーサスペンス大賞で候補作となる。

塔山郁新刊

  • 発売日
    2019年5月10日
  • 書名
    薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

受賞歴

塔山郁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

塔山郁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kmori299薬も過ぎれば毒となる(塔山郁)読了。悪役が典型的な悪役過ぎでは?と思うけど、それを除けばとてもよかった。薬剤師だからあの話とか出るかな、と思ったものが結構出てきて意外性は少なかったけど、お話に合っていてよかった。特にラスト、そうくるとは思わなかった。 #dokusyo
Masataka_0829『薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理/塔山郁』読了。ホテルマンの水尾爽太は、処方薬を丹念に塗るも足の痒みがおさまらず、人知れず悩んでいた。薬をもらいに薬局へ行くと、毒島という女性薬剤師が症状を詳しく聞いてくる。
szyamaki塔山郁「薬も過ぎれば毒となる」読みました。ミステリアスな薬剤師がホテルマンの主人公とともに薬に関わる事件を解決していく話。薬剤師の名前が「ぶすじま」って酷すぎる…。薬剤師が主人公って珍しくて嬉しいからかなり贔屓目で読んだけどまぁまぁでした(笑)
Youhi__1227塔山郁先生の『F 霊能捜査官・橘川七海』佐野徹夜先生の『君は月夜に光り輝く』 #peing #質問箱 https://t.co/tkgJMCPdVQ
wothar【毒殺魔の教室/塔山 郁】三十年前に小学校で起きた毒殺事件。当時犯人の自殺という形で幕を下ろしたその事件を、ある人物が再度追いかける中で意外な真相が明らかになっていくというミステリ。語り手書き手… → https://t.co/jIyVbbetPD #bookmeter
Kohsugi232019年7月に読んだ本:1 (読んだ順)01. 塔山郁「毒殺魔の教室 上」(B+)02. 塔山郁「毒殺魔の教室 下」(B+)03. 誉田哲也「ストロベリーナイト」(A+)04. 篠田秀幸「帝銀村の殺人」(B)05.… https://t.co/swX9OS20Gc
ta_syumiyou塔山郁「毒殺魔の教室」読了
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
塔山郁さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)