トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 紅玉いづき > ミミズクと夜の王

ミミズクと夜の王(紅玉いづき)

ミミズクと夜の王(著者:紅玉いづき)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
  • 著者:紅玉 いづき
  • イラストレーター:磯野 宏夫
  • ページ数:274
  • 出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • ISBN-10:4840237158
  • ISBN-13:9784840237154

紅玉いづき新刊

  • 発売日
    2018年6月9日
  • 書名
    悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)
  • イラストレーター
    赤岸K

ミミズクと夜の王関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

ミミズクと夜の王関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

suminoshumi「ミミズクと夜の王」紅玉いづき大好きな先生の、大好きな本で、何回も読んでるのに、なぜか今回はぼろっぼろに泣きながら読んだ一回泣いたら止まらなくなって、なぜかずーっと泣いてたミミズクをとりまくすべてが愛おしくてしかたないんだけど、とりあえず一回アンディ視点の話が読みたい
thebooksglow『ミミズクと夜の王』 紅玉いづき著 電撃文庫死にたがりの少女ミミズクと魔物を統べる夜の王の物語。「一体誰が知るであろう。彼の御方の幸福が、一体どこにあろうかと。」残酷な作品です。グロいとかじゃなくて、心が抉られる様な、綺麗で冷たいお話です。大事な人を抱きしめたくなるはず。
jin_library@next_taku ・ミミズクと夜の王/紅玉いづき・ギフト/日明恩たくさんあるのですが、ぱっと思いついた2冊です!
Kouduki_ruiミミズクと夜の王/紅玉いづき一言で表すならば、そう、性癖__。人喰い三部作が一つ。元奴隷の少女が、「自分を食べて欲しい」と、魔物たちを統べる夜の王のところに通うお話。
hisakata_pngn【本棚登録】『ミミズクと夜の王 (電撃文庫)』紅玉 いづき https://t.co/vOhg62IdfR #booklog
strigo__周り誰も知らなくても自分にとっては大作で名作ってのはあるあるだと思うのな。悦楽の園は是非是非読んでほしい。あとはなに、紅玉いづきさんの人食い三部作、中でもミミズクと夜の王とか。ドラゴンキーパーとか。「人類最古の哲学」は創作勢にはぜひ読んでほしい。超たのしいから。
2e8jp78CE9tZEKt@Aori_ika2 ファンタジー嫌いじゃなければ紅玉いづきさんの『ミミズクと夜の王』とか読みやすくてスっと話が入ってくるのでどうでしょうか?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)