トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 東浩紀 > 存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて―

存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて―(東浩紀)

存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて―(著者:東浩紀)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて
  • 著者:東 浩紀
  • ページ数:342
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4104262013
  • ISBN-13:9784104262014

存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて―関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

東浩紀のその他受賞歴(候補含む)

存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて―関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Einsiedler15東浩紀の『存在論的…』とラカンの(あの雑な)日本語論から思いついただけの思いつきだけど、キャラクターって漢字なんだろうな。
mementoore東浩紀『存在論的、郵便的』読み返しててる
domesticvvv最近読んだ本東浩紀 「存在論的、郵便的 ジャック・デリダについて」 1998川崎弘二 「日本の電子音楽 論考編Ⅰ」 2020中原佑介 「現代彫刻」 1987谷川渥、小澤基弘、渡邉晃一 「絵画の教科書」 平成13 https://t.co/7yynMWoRCJ
jwave_retweeterところで、若い時から東浩紀さんはデリダをやってた人なのに(存在論的、郵便的は未読ですが...)「事務のような一見本質的でないものこそ本質」みたいな結論に至ったのが何十年か経った後というのが興味深い。哲学のテキストを理解するのと実際… https://t.co/pbrMAFEHEl
kawamura_nodokaちなみに今回おすすめさせてもらった本、話題にあがった本を下記にまとめますので、ご興味あればどうぞ。『存在論的郵便論 ジャック・デリダについて』東浩紀『アウシュヴィッツの残りのもの: アルシーヴと証人』ジョルジョ・アガンベン… https://t.co/S2oXsKhou7
uguahデリダ入門に東浩紀の「存在論的、郵便的」をガストで読んでいるが、一文字間違えた父親の名前と共に彼のサインがあった。内容は難しくて全然意味に辿り着けてないです。
shigeru_nakano_ディスクールをコンスタティブなレベルとパフォーマティブなレベルに分けたのは東浩紀。「亡霊化」はパフォーマティブな水準で発生する。(東浩紀「存在論的、郵便的」)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)