トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 東浩紀

東浩紀

東浩紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 - )は、日本の批評家、小説家、哲学者。学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。ゲンロン代表取締役社長兼編集長。
東京都三鷹市出身。学部時代の専攻は科学史、科学哲学であり、大学院時代の専攻は、哲学(現代思想、フランス現代思想)、表象文化論である。本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。思想系の研究者としての道を歩む中で、情報社会論も専門としているが、決して社会学者ではない。大学教員としては、東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授、東京工業大学世界文明センター人文学院特任教授、早稲田大学文学学術院教授などを歴任している。しかし、2013年3月に早稲田大学教授を退職して、同年4月以降は大学への所属はない。詳しくは、本頁「略歴」及び「活動」の節を参照。
小説家であり、サイエンス・フィクション作家である(詳細については各節を参照)。日本SF作家クラブ会員だったが、2014年に脱会している。日本推理作家協会会員。

東浩紀新刊

  • 発売日
    2017年4月20日
  • 書名
    SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録
  • 発売日
    2016年11月29日
  • 書名
    十年後のこと

受賞歴

東浩紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東浩紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fuwa1Q71先日、伊勢丹の人と打ち合わせしていて、いまこそアートを売るんだというような話をされてて、理由は不要なものだからというようなことで、ぼくはちょうど東浩紀さんの本とか読んでたから、つまりそれは観光もそうだという話をして、そこで自分の最大の関心事であるアートと観光が結びついたんです。
shinsyo_bot正義とは計算不可能なものである。生活のあらゆる場面がデータ化され、解析され、リスク管理の資源としてシステムへとフィードバックされる環境管理型社会において、この言葉ほど、わかりやすく、そして実行が難しいものがほかにあるだろうか。『情報自由論』東浩紀
hazuma【刊行記念動画第2弾】東浩紀が語る『ゲンロン0』 第1章:観光 https://t.co/590JGLUA0H via @YouTube
ffiおお、すごい。本当に本気だ。:【刊行記念動画第2弾】東浩紀が語る『ゲンロン0』 第1章:観光 https://t.co/zVVd3boQCS
nulptyx一昨日は、東浩紀×石田英敬「一般文字学は可能か」 ゲンロン第二弾に多数ご参加・来聴いただきありがとうございました。4時間半の長丁場でしたが、下記でご覧いただけます。https://t.co/FsFKD2PN2v関連する講演記録URLをこれから連投します。
shinkaibot99何よりもアニメなんかの批評を生んだのは、批評に値する作品を作ってきた作家たちだろう?庵野秀明は批評を書かないけど、東浩紀よりはるかにアニメ批評の活性化に貢献してるよ。その視点が欠落してることに腹が立つ。
fujiihikaru東浩紀さんの『ゲンロン0 観光客の哲学』を読んで、自分の思考に車輪を一つもらった気がしています。21世紀のアメリカ文学について、この時代の翻訳について、僕がここしばらく考えようとしていた(けれどもうまくできていなかった)のは、「観光客の文学」に近いのかもしれないと。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東浩紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)