トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 東浩紀

東浩紀

東浩紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 - )は、日本の批評家、哲学者、小説家。学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。
東京都三鷹市出身。学部時代の専攻は科学史、科学哲学であり、大学院時代の専攻は、哲学(現代思想、フランス現代思想)、表象文化論である。本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。思想系の研究者としての道を歩む中で、情報社会論も専門としているが、決して社会学者ではない。大学教員としては、東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授、東京工業大学世界文明センター人文学院特任教授、早稲田大学文学学術院教授などを歴任している。しかし、2013年3月に早稲田大学教授を退職して、同年4月以降は大学への所属はない。詳しくは、本頁「略歴」及び「活動」の節を参照。
小説家でもあり、サイエンス・フィクション作家である(詳細については各節を参照)。日本SF作家クラブ会員だったが、2014年に脱会している。日本推理作家協会会員。
1990年代以降のニュー・アカデミズムについては、「丸山眞男みたいな近代教養主義になってしまった」として批判的である。

受賞歴

東浩紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東浩紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

genroncafe今週金曜日開催の、山本直樹×さやわか×東浩紀「山本直樹はなぜ『レッド』を描いた/描けたのか――エロ、暴力、政治」。こちらの動画を併せてご視聴するのがおすすめです!→安彦良和×武富健治×東浩紀「古代史と満洲(と連合赤軍)がめぐりあ… https://t.co/rFUf0bWVJ4
millionsage満足しないかもしれませんが、早稲田文学部と早稲田教育学部の入賞学部卒論には比肩すると思いますよ。その判断能力がその主体にあるかは大いに疑問かもしれませんが。東浩紀の最初の単著の第一章の元になった卒論と比べれば差ははっきりとあるかもしれませんが。
vintersn0w異世界転生などの平成後期のオタク文化史とか東浩紀さんあたりが書いてそうだと思ったけど、書いていなかった……
genron_koeゲンロンの新刊『新しい目の旅立ち』
u_kazueゲンロンカフェのオーナーは、もともと東浩紀さんでしたよね。いま確認したら、東さんのアカウントはもう止まっているみたいですね。
Cabagine不自由展に異議を唱えた名古屋市長や大阪市長、アドバイザーを辞任した東浩紀らへのインタビューはぜったいにしない朝日新聞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東浩紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)