トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 東浩紀

東浩紀

東浩紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 - )は、日本の批評家、哲学者、小説家。学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。ゲンロン代表取締役社長兼編集長。
東京都三鷹市出身。学部時代の専攻は科学史、科学哲学であり、大学院時代の専攻は、哲学(現代思想、フランス現代思想)、表象文化論である。本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。思想系の研究者としての道を歩む中で、情報社会論も専門としているが、決して社会学者ではない。大学教員としては、東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授、東京工業大学世界文明センター人文学院特任教授、早稲田大学文学学術院教授などを歴任している。しかし、2013年3月に早稲田大学教授を退職して、同年4月以降は大学への所属はない。詳しくは、本頁「略歴」及び「活動」の節を参照。
小説家でもあり、サイエンス・フィクション作家である(詳細については各節を参照)。日本SF作家クラブ会員だったが、2014年に脱会している。日本推理作家協会会員。
1990年代以降のニュー・アカデミズムについては、「いきなり丸山眞男みたいな近代教養主義になってしまった」として批判的である。

東浩紀新刊

  • 発売日
    2018年11月9日
  • 書名
    ゲンロン9 第I期終刊号

受賞歴

東浩紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東浩紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

life_gro_bot(ラパ)評論家・東浩紀の小説デビュー作で、三島由紀夫賞も受賞したのは『○○○○○・ファミリーズ』?→クォンタム
shinkaibot99何よりもアニメなんかの批評を生んだのは、批評に値する作品を作ってきた作家たちだろう?庵野秀明は批評を書かないけど、東浩紀よりはるかにアニメ批評の活性化に貢献してるよ。その視点が欠落してることに腹が立つ。
papanoju_neo第1回 女性は生きるためのルールが複雑すぎる<ジェーン・スー『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』×東浩紀『弱いつながり』刊行記念対談>ジェーン・スー/東浩紀-幻冬舎plus https://t.co/PBWys08PXH
Trip_haru東浩紀、ロシアの収容所跡で思う「日本人の忘れっぽさ」 https://t.co/dDIBg8UB9S #スマートニュース アジア近辺のほとんどの場所にww2の日本の跡がある。それをすべて把握するのもなかなか勉強が必要ですね。
on61651628東浩紀、ロシアの収容所跡で思う「日本人の忘れっぽさ」 https://t.co/IbpFRntD4I @dot_asahi_pubより
applying850ぼくはむしろ、その判断に基づく「移動」の感覚なしには、この時代において、批評家であり、哲学者であり続けることはできないと考えているのです。[ゲンロン観光通信#3東浩紀]
asfgh45597222旧テレビ版の新世紀エヴァンゲリオン、監督の庵野秀明と思想家の東浩紀の1996年の対談においての監督発言によると、エヴァの対象年齢は20歳~40歳なんだと。もともと社会人オタクを対象に作られたアニメだったんだね。詳しくは「『新世紀エヴァンゲリオン』をめぐって(庵野秀明×東浩紀)」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東浩紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)