トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 東浩紀

東浩紀

東浩紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 - )は、日本の批評家、哲学者、小説家。学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。
東京都三鷹市出身。学部時代の専攻は科学史、科学哲学であり、大学院時代の専攻は、哲学(現代思想、フランス現代思想)、表象文化論である。本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。思想系の研究者としての道を歩む中で、情報社会論も専門としているが、決して社会学者ではない。大学教員としては、東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授、東京工業大学世界文明センター人文学院特任教授、早稲田大学文学学術院教授などを歴任している。しかし、2013年3月に早稲田大学教授を退職して、同年4月以降は大学への所属はない。詳しくは、本頁「略歴」及び「活動」の節を参照。
小説家でもあり、サイエンス・フィクション作家である(詳細については各節を参照)。日本SF作家クラブ会員だったが、2014年に脱会している。日本推理作家協会会員。
1990年代以降のニュー・アカデミズムについては、「丸山眞男みたいな近代教養主義になってしまった」として批判的である。

受賞歴

東浩紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東浩紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

takayukimatsui『構造と力』(浅田彰1983)『存在論的、郵便的』(東浩紀1998)『動きすぎてはいけない』(千葉雅也2013)、いっぺんに三冊購入。ちょぼちょぼ読むべし。これでぼくも「現代思想」入門だ。
fujishuuあずまんがこの状況をどう捉えているか気になる。久しぶりにゲンロン観よっと。4/6(月)東浩紀 「【特別生放送】東浩紀がいま考えていること・番外編──本日4月6日で10周年を迎えるゲンロンについて、災害のさなかであらためて語る」… https://t.co/sjT4pyWsOh
BIGMATSUMURA久々にディカプリオの顔を見たけど、こんな東浩紀みたいな顔だったか……?
EmeraldIndigo99@MolotovAbe @loveyassy @lullymiura WGIPの申し子の、左系元知事と愉快な仲間たち、三浦瑠麗系、東浩紀系、小林よしのり系、山本太郎系、枝野系、前原誠司系、共産党等の仲良しオール左系は、仲間割れせず仲良くやって行こう。
consaba【本日 4/6 19:00から生中継】東浩紀がいま考えていること・番外編 本日4月6日で10周年を迎えるゲンロンについて、災害のさなかであらためて語る #ゲンロン10周年 ニコ生 https://t.co/Tv6sFHbnuEhttps://t.co/uK0n71GG9K
ymtwsama今日の夜はあずまんをリアルタイム試聴。ニコ生久しぶりだわ【特別生放送】東浩紀がいま考えていること・番外編 ーー本日4月6日で10周年を迎えるゲンロンについて、災害のさなかであらためて語る #ゲンロン10周年 / ニコ生番組(202… https://t.co/7QYFh5EBMa
palop13a東浩紀さんの『悪魔と裏切者: ルソーとヒューム 』の感想から〈冷戦後のネット社会〉で求められる知性、ルソー派宣言(2015.05.15) - Togetter https://t.co/LrhpSo7VrV…検索で見つけたけど面… https://t.co/0IuovkK2uW
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東浩紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)