トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤計劃・円城塔 > 屍者の帝国

屍者の帝国(伊藤計劃・円城塔)

屍者の帝国(著者:伊藤計劃・円城塔)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:屍者の帝国
  • 著者:伊藤 計劃 , 円城 塔
  • ページ数:459
  • 出版社:河出書房新社
  • ISBN-10:4309021263
  • ISBN-13:9784309021263

屍者の帝国関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

屍者の帝国関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

homkithiAuld Lang Syneで思い出す一節ウェイクフィールドは調子っぱずれのオールド・ラング・サインを歌いはじめ、常連たちが一人二人と加わっていく。 「その歌はな、ウェイクフィールド」わたしは口には出さずに胸で呟く。 「日… https://t.co/2FaOD2qFBs
nnnnnnnnnnn伊藤計劃は自分の病気と戦いながら、つまり自分の身体と戦いながら、『ハーモニー』では医療が支配する社会との戦いを描いた。『屍者の帝国』で描かれたのは、生者と死者との境界が消滅する過程だった。
ny_k1012@Choin_Diary ウミチャン!!実はあの中で屍者の帝国だけ読みかけなんですよ()伊藤計劃部分は読んだんですが…The Indifference Engineもいいですよ~虐殺器官と世界が一緒で同じキャラが出てきたりします!
Choin_Diary@ny_k1012 推しはね、もう既にヘッダーに載ってる(笑)ハーモニーと虐殺器官は読んだよ!屍者の帝国も読んだけどあれは純粋な伊藤計劃作品じゃないからなぁ…
passage_bot「あんたは、生命とはなんだと思う」 笑い飛ばされるかと思ったが、振り返ったバーナビーは不思議そうな顔で淡々と告げた。「性交渉によって感染する致死性の病」―「屍者の帝国」伊藤計劃×円城塔
ZzW1d13s829sXMU伊藤計劃のハーモニー、虐殺器官、屍者の帝国は超絶面白いから全人類読むべき
My_bookshelf_「脳自体は痛みを感じる組織を持たない。他の組織の痛みを代わりに感じてやるだけだ。とある美食家を思い出すな。彼は自分の脳を食らいたいのだがとわたしに相談してきたよ。どの順番で脳を食べれば、腕を動かし続けることができ、味を感じていることができるのかとね」(屍者の帝国 伊藤計劃)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)