トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤計劃・円城塔 > 屍者の帝国

屍者の帝国(伊藤計劃・円城塔)

屍者の帝国(著者:伊藤計劃・円城塔)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:屍者の帝国
  • 著者:伊藤 計劃 , 円城 塔
  • ページ数:459
  • 出版社:河出書房新社
  • ISBN-10:4309021263
  • ISBN-13:9784309021263

屍者の帝国関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

屍者の帝国関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

My_bookshelf_推論することができるか、話すことができるかではなく、苦しむ能力を持っているのかが問題である――(屍者の帝国 山澤 伊藤計劃 円城塔)
una814勢いで伊藤計劃さんの虐殺器官、屍者の帝国の映画版2本続けて観た。原作の方がやっぱりいいな…2時間に納めるのは無理だ…。今週末ハーモニーも観る予定。
yuni_sisnゼロワン最新話の話を聞く私「高橋脚本なのにすごい伊藤計劃を思い出す…………屍者の帝国とか…………………………」
fumito_anm屍者の帝国の朗読が無事に終わりを迎えました。約1,004分。約16時間44分。朗読していた時間です。吃驚。ここまで来ると感慨深いものがありますね。伊藤計劃さん、円城塔さん、素敵な物語を、ありがとうございました。 https://t.co/2MHVPGOuo1
1997mmmhp死体に斑点とか聞くと屍者の帝国出てきてしまう 私は脳内で勝手に伊藤計劃とクロスオーバーさせてしまう癖をなんとかしたほうがいい
jajajaig屍者の帝国読み終えた、、昔の海外の文豪並みに読み進めにくかったが、達成感あるわ、あれは円城塔と伊藤計劃の物語でもあるな。秋冬に読むのに適している本だわ
ichiki358虐殺機関、ハーモニーに続き屍者の帝国を割と期間を開けて観た、伊藤計劃の作品は、言葉に繊細かつ意味のある質量感や心見透かされる視線が溢れている、魂の重さのこだわりなのか、読み手にもある種の受け止める体力が求められる、疲労感には感動と… https://t.co/rO08bj3AOL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)